Microsoft Teams Premium ライセンス

Microsoft Teams Premiumは、Microsoft 365 サブスクリプションを持つ組織が次のような利点を持つ Teams エクスペリエンスを強化できるようにする Teams アドオン ライセンスです。

  • よりパーソナライズされたインテリジェントな会議、ウェビナー、タウン ホール。
  • 会議の保護を強化しました。
  • IT の高度な管理機能とレポート機能。
  • 高度な仮想予定。

この記事は、Teams Premiumライセンスを理解し、ユーザーのTeams Premiumライセンスを購入する IT 管理者を対象としています。 この記事では、次のような質問に対する回答を提供します。

Teams Premium機能を設定および構成する方法については、「Microsoft Teams Premium - 管理者向けの概要」を参照してください。これには、エンド ユーザードキュメントへのリンクも含まれています。

Important

管理者がTeams Premium機能を管理できるようにするには、テナントにはアクティブなTeams Premium ライセンスを持つ少なくとも 1 人のユーザーが必要です。

Teams Premiumは Teams とどのように比較されますか?

Teams Premiumアドオン ライセンスを購入すると、管理者とエンド ユーザーは、Microsoft 365 サブスクリプションと共に Teams の上位に追加機能を提供できます。

次の表では、Teams と Teams Premiumの主な機能を比較します。 Teams Premiumは Teams のアドオン ライセンスであるため、ユーザーは以下に示すすべての機能にアクセスするために Teams と Teams Premium ライセンスが必要です。 Teams Premium ライセンスは、ユーザーの標準的な Teams ライセンスに代わるものになりません。

会議

機能 Teams Teams Premium
Teams 会議をホストして出席する ✔️
Teams の標準的な外観を体験する ✔️
ユーザー レベルで標準およびカスタムの会議の背景を使用する ✔️
会議やライブ イベント中にライブ キャプションを読み取る ✔️
会議の発表者と開催者のための緑の部屋を設定する ✔️
出席レポートを表示する ✔️
organizationの会議テンプレートをカスタマイズする ✔️
会議ロビーにorganizationブランド化を追加する ✔️
organizationの会議の背景をカスタマイズする ✔️
organizationの一緒にモード シーンをカスタマイズする ✔️
会議中にライブ翻訳されたキャプションを読み取る ✔️
出席者に表示される内容の管理 ✔️
会議に RTMP-In を使用する ✔️
出席者の名前を非表示にする ✔️
エンゲージメント レポートを表示する ✔️
会議後の文字起こしを翻訳する (近日公開予定) ✔️
eCDN 会議を有効にする* ✔️

* すべての出席者に eCDN を利用するには、Teams Premiumまたはスタンドアロンの eCDN ライセンスが必要です。eCDN はスタンドアロン ライセンスとして取得でき、必要に応じてTeams Premiumの外部でさらにライセンスを購入できます。eCDN ライセンスの詳細については、「Microsoft eCDN」を参照してください。

ウェビナー

機能 Teams Teams Premium
参加者に登録を要求する ✔️
共同開催者を割り当てる ✔️
登録できるユーザーの数を制限する ✔️
登録済みユーザーにロビーのバイパスを許可する ✔️
最大 1,000 人の出席者を持つウェビナーの Q&A を有効にする ✔️
出席レポートを表示する ✔️
ウェビナーの発表者と開催者のための緑の部屋を設定する ✔️
出席者に表示される内容の管理 ✔️
登録者にカスタムメールとリマインダーメールを送信する ✔️
ウェビナーの待機リストを作成する ✔️
ウェビナーの開催者はエンゲージメント レポートを表示できます ✔️
登録者を手動で承認する ✔️
エンゲージメント レポートを表示する ✔️
ユーザーがを登録できる日時を制限する ✔️
ウェビナーで RTMP-In を使用する ✔️

タウン ホール

機能 Teams Teams Premium
10,000 人の出席者にタウン ホールをブロードキャストする ✔️
最大15の市庁舎を同時に開催 ✔️
出席レポートを表示する ✔️
出席者に表示される内容の管理 ✔️
タウン ホールのビデオをオンデマンドで提供する ✔️
発表者に一意の参加リンクを提供する ✔️
発表者と開催者のための緑の部屋を設定する ✔️
タウン ホールのサード パーティまたは Microsoft eCDN を有効にする ✔️
タウン ホールに RTMP-In を使用する ✔️
タウン ホール Q&10,000 人の出席者 ✔️
ライブ翻訳されたキャプションを 6 つの言語で表示する ✔️
20,000 人の出席者にタウン ホールをブロードキャストする ✔️
最大50の市庁舎を同時に開催 ✔️
タウン ホール Q&20,000 人の出席者 ✔️
タウン ホール用 Microsoft eCDN* ✔️
Microsoft タウン ホールの分析情報を表示する ✔️
タウン ホールの開催者は、エンゲージメント レポートを表示できます ✔️
タウン ホールのメールを編集する ✔️
10 言語でライブ翻訳されたキャプションを表示する ✔️

* すべての出席者に eCDN を利用するには、Teams Premiumまたはスタンドアロンの eCDN ライセンスが必要です。eCDN はスタンドアロン ライセンスとして取得でき、必要に応じてTeams Premiumの外部でさらにライセンスを購入できます。eCDN ライセンスの詳細については、「Microsoft eCDN」を参照してください。

高度なコラボレーション ツール

機能 Teams Teams Premium
管理は、非アクティブな外部ドメインに関する分析情報を表示できます* ✔️
非アクティブなチームに関する分析情報を表示できる管理* ✔️
管理は、ユーザー別の外部コラボレーションに関する分析情報を表示できます* ✔️
管理チームによる外部コラボレーションに関する分析情報を表示できます* ✔️
管理ゲストによる外部コラボレーションに関する分析情報を表示できます* ✔️
ユーザーは、organization内のユーザーからの受信チャットをブロックできます ✔️

* 顧客は、高度なコラボレーション分析を使用するために、テナント内の各ユーザーにTeams Premiumライセンスを取得して割り当てる必要があります。

会議の保護

機能 Teams Teams Premium
会議ロビーを管理する ✔️
1 対 1 の呼び出しのエンドツーエンド暗号化 ✔️
会議チャットをモデレートする ✔️
発表できるユーザーを制御する ✔️
会議に透かしを追加する ✔️
最大 50 人の出席者を含む会議のエンドツーエンドの暗号化 ✔️
記録できるユーザーを制御する ✔️
会議チャットでのコピー/貼り付けを禁止する ✔️
会議Microsoft Purview 情報保護秘密度ラベルを割り当てる* ✔️
カスタム ユーザー ポリシー パッケージ ✔️

* この機能は、Microsoft 365 E5、E5 コンプライアンス、F5 コンプライアンス、または F5 Security + Compliance サブスクリプションを持つTeams Premiumユーザーのみが使用できます。ライセンス要件の詳細については、「Teams Premiumを購入するための要件とは」を参照してください。

会議のまとめとインテリジェントな要約

機能 Teams Teams Premium
会議の記録を表示する ✔️
会議のトランスクリプトを表示する ✔️
会議に追加されたファイルを表示して使用する ✔️
会議に追加されたアプリを表示して使用する ✔️
自動生成されたチャプターを使用して会議の記録を移動する (近日公開予定) ✔️
会議のトランスクリプトで画面が共有されたタイミングを表示する ✔️
会議に参加または退出したときに、会議の記録にタイム マーカーを表示する ✔️
スピーカー タイムライン マーカーを使用して別のスピーカーにジャンプする ✔️
会議から AI によって生成されたメモとタスクを表示する ✔️
会議でメンションされたときの表示* ✔️

* ユーザーの名前のメンションは、会議チャットのタグからではなく、会議のトランスクリプトから @mention プルされます。

注意

インテリジェントな要約機能は、Copilot for Microsoft 365 ライセンスの一部として使用できます。

仮想予定

機能 Teams Teams Premium
スケジュール、予定管理、電子メール通知のために Bookings アプリを使用して仮想予定にアクセスする ✔️
API を使用して仮想予定を統合する ✔️
ブラウザーから予定に参加する ✔️
Teams で予定に参加する ✔️
ユーザーが仮想ロビーの待合室に参加できるようにする ✔️
Microsoft Formsとの統合 ✔️
テーマとロゴを使用してロビーの待合室をカスタマイズする ✔️
SMS 通知の送信* ✔️
組織と部門の分析 ✔️
キュー内のスケジュールされた予定を表示および管理する ✔️
キュー内のオンデマンドの予定を表示および管理する ✔️
予定後のフォローアップを送信する (近日公開予定) ✔️

* 仮想予定の SMS 通知は現在、米国、カナダ、英国で利用できます。

Meet アプリ

Teams の Meet アプリを使用すると、ユーザーは、今後の会議、会議の要約、会議の記録、会議など、会議の重要な詳細を @mentions表示できます。 Meet アプリを使用する方法については、「 Microsoft Teams で会議を開催する」を参照してください。

機能 Teams Teams Premium
今後の会議の表示と準備 ✔️
進行中の会議に参加する ✔️
出席した会議の表示と要約 ✔️
[すべて]、[コンテンツ]、[記録済み] で会議をフィルター処理する ✔️
見逃した会議の表示と要約 ✔️
メンションした会議を表示してまとめ直す* ✔️
会議でメンションされたときの表示* ✔️
会議から AI によって生成されたタスクを表示する ✔️

* ユーザーの名前のメンションは、会議チャットのタグからではなく、会議のトランスクリプトから @mention プルされます。

Teams Premiumに移行した以前の Teams 機能はありますか?

2023 年 2 月 1 日にTeams Premiumの一般リリースにより、次の Teams 機能が Teams からTeams Premiumに移行されました。

  • 会議キャプションのライブ翻訳。
  • PPTライブチャプター。
  • ユーザーが会議を離れたり会議に参加したりしたときの Teams 会議の記録のタイムライン マーカー。
  • カスタム organization Together モード シーン。
  • 仮想予定: SMS 通知。
  • 仮想予定: Teams 管理センターの組織分析。
  • 仮想予定: スケジュールされたキュー ビュー。

Teams Premiumを購入する要件は何ですか?

Teams Premiumは、EA、EAS、CSP、Web Direct、NCE - Customer led、NCE - Partner 主導など、すべての Microsoft 購入チャネルを通じて世界中で購入できます。

ユーザーのTeams Premiumライセンスを購入する前に、テナントとユーザーが要件を満たしていることを確認してください。

テナント要件は次のとおりです。

  • 商用、世界的な公共セクター、EDU、GCC、GCC High、DoD、または非営利団体のテナントである必要があります。
    • 現在、Microsoft では、Teams Premiumに対して EDU 固有のライセンスや EDU 割引を提供していません。

ユーザー要件は次のとおりです。

  • Teams ライセンスを持つOffice 365または Microsoft 365 サブスクリプション。
    • 欧州経済地域 (EEA) の新規顧客の場合、Teams ライセンスはOffice 365/Microsoft 365 ライセンスとは別に購入する必要がありますが、Teams Premiumには両方のライセンスが引き続き必要です。 EEA でのこのライセンス変更の詳細については、「 ヨーロッパの Microsoft 365 の新しいサブスクリプション構造」を参照してください。

Teams PremiumライセンスなしでTeams Premium機能を取得できますか?

Teams Premiumは、1 つのライセンスで高度な Teams 機能の大規模なセットをバンドルします。 他のライセンス シナリオを使用して、1 つのTeams Premium機能を取得できる場合があります。 ただし、Teams Premium ライセンスは、organizationとユーザーの Teams エクスペリエンスを強化するための最も包括的で最も簡単な手段として設計されています。

ライセンスTeams Premium割り当てる必要があるユーザーはどれですか?

Teams Premiumは、ユーザーごとのサブスクリプションベースでライセンスされており、オンライン サービスのユニバーサル条項の対象となります。 Teams Premium機能を提供するすべてのユーザーにTeams Premium ユーザー サブスクリプション ライセンスを割り当てる予定です。

開催者、出席者/ユーザー、管理者に適用される機能はどれですか?

ユーザーが持つ Teams エクスペリエンスは、Teams のライセンスとイベント ロールによって異なります。 Teams は、ユーザーのライセンスとロール機能を機能別にチェックして、適切なエクスペリエンスを提供します。

たとえば、Teams 会議では、Teams は各ユーザーの種類の Teams ライセンスと、それらが会議の開催者か出席者かを確認します。 これらの要因により、ユーザーのエクスペリエンスと、会議中の他の出席者のエクスペリエンスが決まります。

  • 開催者ベースの機能:一部のTeams Premium機能は、開催者レベルで適用されます。 イベント開催者がTeams Premiumライセンスを持っている場合、開催者ベースの機能は共有され、イベント中にのみ出席者がアクセスできるようになります。
  • 出席者ベースの機能:一部のTeams Premium機能は、出席者/ユーザー レベルで適用されます。 これらのTeams Premium機能は、イベント中に他の出席者と共有されたりアクセスしたりすることはありません。また、Teams Premiumライセンスを持つユーザーにのみメリットがあります。
  • 管理 ベースの機能: 一部のTeams Premium機能は、主にorganizationの IT 管理者にメリットがあります。 これらの機能には、Teams Premium ライセンスを持つ Teams 管理者のみがアクセスできます。

次の表は、開催者、出席者、または IT 管理者に主要な価値を提供するTeams Premium機能を示しています。

Premium Value 開催者レベルで適用される機能 出席者/ユーザー レベルで適用される機能 IT 管理 レベルで適用される機能
その他のインテリジェンス ✔️ 会議録画
✔️の AI で生成されたチャプター キャプションのライブ翻訳 (40 言語)
✔️ 会議の録音✔️
でパーソナライズされたタイムライン マーカー 話者タイムラインマーカー
✔️ トランスクリプト
✔️ AI によって生成されたノートとタスクのインテリジェント な話者検索
✔️ 高度なコラボレーション分析
よりパーソナライズされた ✔️ 会議テンプレート (IT 管理者によって構成)
✔️ カスタム会議のブランド化
✔️ カスタム organization背景
✔️ 組織の一緒モード シーン
✔️ カスタム ユーザー ポリシー パッケージ
保護の詳細 ✔️
✔️ 透かし オンライン会議のエンドツーエンド暗号化を記録
✔️できるユーザー (最大 200)
✔️ 出席者の名前
✔️を非表示にする E5 顧客: 会議の秘密度ラベルMicrosoft Purview 情報保護
✔️ organization内のユーザーからの受信チャットをブロックする
高度な仮想予定 ✔️ ブランド、ロゴ、その他の SMS 通知を含む
✔️カスタム ロビー ルーム
✔️ オンデマンドおよびスケジュールされた予定機能とキュー ビュー
✔️部門および組織レベルの SMS 通知

での分析ユーザー レベルでは、これらの機能は、会議スケジューラ、上司、管理者など、予定前後のアクションとデータにアクセスするテナント内のすべてのユーザーに適用されます。
高度なウェビナー ✔️ 出席者ビュー
✔️のリマインダーメール
✔️の管理 待機リストと手動承認 ✔️
登録日時
✔️の制限 RTMP-In
高度なタウン ホール ✔️ 最大 20,000 人の出席者
✔️のコンカレンシー制限 50 会議
✔️ Emailカスタマイズ ✔️
Microsoft eCDN サポート
✔️リアルタイム オーガナイザー分析
Microsoft eCDN ✔️ Teams Premium バンドルの一部として含まれる Teams 会議とタウン ホール
✔️ Microsoft eCDN と連携する

Teams PremiumはTeams Rooms Proとどのように異なりますか?

Teams Premiumライセンスはorganizationのユーザーに割り当てられ、Teams Rooms ProライセンスはMicrosoft Teams Roomsデバイスにのみ割り当てる必要があります。 これら 2 つのライセンスは互いに依存せず、機能を重複させず、ライセンスの適用の競合を引き起こしません。

Teams Rooms Proのリリース前に、Microsoft は Teams Rooms Premium というTeams Roomsライセンスを提供しました。 Teams Rooms Premium は廃止され、Teams Premiumとは関係ありません。

ライセンスを購入する前にTeams Premiumを体験できますか?

組織は、Microsoft 365 管理センターで利用できる 30 日間の無料試用版ライセンスを購入Teams Premium管理者がTeams Premiumを試すことができます。 ユーザーは、60 日間続くTeams Premiumセルフサービス試用版ライセンスを取得することもできます。

管理者がTeams Premium試用版ライセンスを購入すると、ユーザーに割り当てるライセンスが 25 個になります。 これらの 25 人のユーザーは、使用可能になるとTeams Premium機能を体験してテストできます。

管理者は、管理者またはユーザーが取得したかどうかに関係なく、ライセンスを持つユーザーのTeams Premium機能を管理できます。

Teams Premiumセルフサービス試用版ライセンスのしくみ

Microsoft は、ユーザーが独自のTeams Premium試用版ライセンス (セルフサービス試用版ライセンスとも呼ばれます) を取得する機能を提供します。

個人は、organizationの既存の Microsoft 365 テナントTeams Premiumビジネス サインインでセルフサービス試用版にサインアップできます。管理者に有料ライセンスの購入を要求する前に、製品の完全な機能を 60 日間試すことができます。 個人は、Microsoft Teams (デスクトップと Web) から直接試用版を開始できます。

試用版にサインアップするときに支払い情報を入力する必要はありません。 管理者は、サブスクリプションの支払いを完全に制御します。 管理者はセルフサービス試用版にサインアップできないため、次のセクションで説明する管理者試用版のガイダンスを参照してください。

これらのセルフサービス試用版は世界中で利用できます。 政府機関または EDU のお客様は利用できません。

ユーザーのセルフサービス試用版ライセンスを管理できますか?

Teams Premiumのセルフサービス試用版は、IT の監視や制御を損ないません。 管理者の場合は、サブスクリプション管理機能を使用して、Microsoft 365 管理センターの [ライセンス] ページで試用版ライセンスを監視および管理できます。

ユーザーのセルフサービス試用版を有効または無効にする方法の詳細については、「 セルフサービスの購入と試用版を管理する」を参照してください。

Teams Premiumセルフサービス試用版の使用条件は何ですか?

Microsoft 365 サービスのこの無料試用版 ("試用版") に参加することにより、お客様は、競合が発生した場合に、試用版の規約が適用される場合に限り、 当社の製品使用条件 および次の条項 ("試用版条件") に拘束されることに同意するものとします。 試用期間は、開始した試用版に応じて試用版をアクティブ化した日から 30 日間または 60 日間です。 試用版の有効期限または終了前に Microsoft 365 サービスのサブスクリプションを購入しない限り、(i) アカウントに入力した試用版の機能に関連するデータ、(ii) お客様が行った構成またはカスタマイズ、または試用版の機能を使用するためのデータにアクセスできなくなります。 Microsoft は、予告なく、また責任を負うことなく、いつでも試用版および/または本試用版の条件を終了または変更する権利を留保します。 試用版オファーは、すべての地域と国のお客様が利用できるわけではありません。

ユーザーの試用版ライセンスの有効期限が切れた場合はどうなりますか?

試用版ライセンスの有効期限が切れると、ライセンスを持つユーザーはすべてのTeams Premium機能を失います。 試用版ライセンスの有効期限が切れ、機能が失われるまでの猶予期間はありません。

このため、組織では、Teams Premiumの試用期間を計画し、必要なすべてのテスト シナリオが試用期間の期限切れ前に徹底的に審査されるようにすることをお勧めします。

試用版ライセンスの有効期限が切れると、カスタム テンプレートや会議の背景などのテナントのアップロードされたTeams Premium資産はテナントに残りますが、淡色表示され、使用できなくなります。

試用期間後もTeams Premium機能を保持するorganizationは、Teams Premiumライセンスを購入し、ライセンスをユーザーに再割り当てする必要があります。

Teams Premium ライセンス操作方法購入しますか?

テナントとユーザーがTeams Premiumの要件を満たしている場合は、お好みの購入チャネルを通じてTeams Premiumアドオン ライセンスを購入できます。

Teams Premium ライセンスを購入したら、Microsoft 365 管理センターのユーザーにライセンスを割り当てます。 割り当てが有効になるまでに最大 24 時間かかることがあります。

Microsoft 365 管理センターでライセンスを割り当てる手順については、「Microsoft 365 ライセンスをユーザーに割り当てる」を参照してください。

ユーザー ライセンスを割り当てた後に管理者の構成が必要ですか?

多くのTeams Premium機能では、ユーザーが機能にアクセスする前に、IT 管理者が機能を構成する必要があります。

次の一覧は、ユーザーが機能にアクセスする前に Teams 管理センターで管理者の構成を必要とするTeams Premium機能を示しています。

  • 最大 50 人の参加者が会議でエンドツーエンドの暗号化を使用する。
  • 会議に透かしを追加する。
  • 秘密度ラベルの追加。
  • 会議チャットでのコピーと貼り付けを禁止する。
  • カスタマイズされた背景organization使用する。
  • organizationカスタマイズされた Together モード シーンを使用する。
    • 管理カスタムの Together モード シーンを作成する必要があります。
  • カスタム ポリシー パッケージが割り当てられている。
  • カスタマイズされた会議テンプレートorganization使用する。
  • カスタマイズされたブランドorganization表示する。
  • タウン ホールに eCDN を使用する。
  • RTMP-In の使用。
  • ブランド化を使用して Virtual Appointment ロビー ルームをカスタマイズする。
  • 会議やウェビナーから出席者の名前を非表示にする。
  • Priority アカウント チャット コントロールの使用。

手順へのリンクについては、「Microsoft Teams Premium - 管理者向けの概要」を参照してください。