クイックスタート: Azure Arc 対応サーバーにハイブリッド マシンを接続する

Azure Arc 対応サーバーを使って、オンプレミス、エッジ、マルチクラウド環境にわたってホストされている Windows マシンや Linux マシンを管理することができます。

このクイックスタートでは、Azure の外部でホストされた Windows マシンまたは Linux マシンに Azure Connected Machine エージェントをデプロイして構成し、Azure Arc 対応サーバーで管理できるようにします。

前提条件

  • アクティブなサブスクリプションが含まれる Azure アカウント。 無料でアカウントを作成できます
  • マシン上に Connected Machine エージェントをデプロイするには、エージェントをインストールおよび構成するための管理者アクセス許可が必要です。 Linux では root アカウントを使い、Windows ではローカルの Administrators グループのメンバー アカウントを使ってこれを行います。
  • Microsoft.HybridCompute、Microsoft.GuestConfiguration、Microsoft.HybridConnectivity リソース プロバイダーをサブスクリプションに登録する必要があります。 これらのリソース プロバイダーを事前に登録してください。
  • 開始する前に、必ずエージェントの前提条件を確認し、次の点を確認してください。

インストール スクリプトを生成する

Azure portal を使用して、エージェントのダウンロードとインストールを自動化し、Azure Arc との接続を確立するスクリプトを作成します。

  1. Azure Arc でサーバーを追加するために、Azure portal ページに移動します[単一サーバーの追加] タイルを選択し、[スクリプトの生成] を選択します。

    Azure portal のサーバーの追加ページを示すスクリーンショット。

    注意

    ポータルで、[サーバー - Azure Arc] を検索して選択し、[+ 追加] を選択して、サーバーを追加するためのページにアクセスすることもできます。

  2. [前提条件] ページで情報を確認し、[次へ] を選びます。

  3. [リソースの詳細] ページで、以下を設定します。

    1. Azure 内でマシンを管理するサブスクリプションとリソース グループを選びます。
    2. [リージョン] で、サーバーのメタデータが格納される Azure リージョンを選びます。
    3. [オペレーティング システム] で、接続するサーバーのオペレーティング システムを選びます。
    4. [接続方法] で、Azure Connected Machine エージェントのインターネットへの接続方法を選びます。 [プロキシ サーバー] を選んだ場合、マシンが使うプロキシ サーバーの IP アドレスまたは名前とポート番号を http://<proxyURL>:<proxyport> 形式で入力します。
    5. [次へ] を選択します。
  4. [タグ] ページで、提案されている既定の物理的な場所のタグを確認し、値を入力するか、カスタム タグを 1 つ以上指定して標準をサポートします。 次に、[次へ] を選択します。

  5. [次のスクリプトをダウンロードまたはコピー] セクションで、スクリプトを確認します。 変更する場合は、[前へ] ボタンを使って戻り、選択内容を更新します。 それ以外の場合は、[ダウンロード] を選んでスクリプト ファイルを保存します。

スクリプトを使用してエージェントをインストールする

スクリプトを生成したので、次の手順では、Azure Arc にオンボードするサーバー上でスクリプトを実行します。スクリプトは、Microsoft ダウンロード センターから Connected Machine エージェントをダウンロードし、サーバーにエージェントをインストールし、Azure Arc 対応サーバー リソースを作成し、エージェントに関連付けます。

サーバーのオペレーティング システムに応じて、次の手順を実行します。

Windows エージェント

  1. サーバーにログインします。

  2. 管理者特権の 64 ビット PowerShell コマンド プロンプトを開きます。

  3. スクリプトをコピーしたフォルダーまたは共有に移動し、./OnboardingScript.ps1 スクリプトを実行してそのスクリプトをサーバー上で実行します。

Linux エージェント

  1. Azure と直接通信できる Linux エージェントをターゲット マシンにインストールするために、次のコマンドを実行します。

    bash ~/Install_linux_azcmagent.sh
    
  2. 別の方法として、ターゲット マシンがプロキシ サーバー経由で通信を行う場合は、次のコマンドを実行します。

    bash ~/Install_linux_azcmagent.sh --proxy "{proxy-url}:{proxy-port}"
    

Azure Arc との接続を検証する

エージェントをインストールし、それを Azure Arc 対応サーバーに接続するように構成したら、Azure portal に移動して、サーバーが正常に接続されたことを確認します。 対象のマシンが Azure portal に表示されます。

マシンの接続に成功

ヒント

必要に応じてこれらの手順を繰り返し、追加のマシンをオンボードできます。 また、マシンを大規模にデプロイするいくつかの方法を含め、エージェントをデプロイするためのさまざまなオプションが用意されています。 詳細については、「Azure Connected Machine エージェントのデプロイ オプション」を参照してください。

次の手順

Linux または Windows のハイブリッド マシンを有効にし、サービスへの接続に成功しました。いつでも Azure Policy を有効にして Azure でのコンプライアンスを把握することができます。

Azure Arc 対応サーバーに対応したマシンの中から、Log Analytics エージェントがインストールされていないマシンを特定する方法については、次のチュートリアルにお進みください。