Azure Monitor での監視ソリューションのターゲット設定 (プレビュー)

重要

Log Analytics エージェントが Azure Monitor エージェントに置き換えられ、Azure Monitor のソリューションが Insights に置き換えられたため、この機能は非推奨になりました。 既に構成済みだが、まだ使用されていないリージョンから削除されている場合は、引き続き使用できます。 この機能は、2024 年 8 月 31 日より後はサポートされなくなる予定です。

サブスクリプションに監視ソリューションを追加すると、ソリューションは、既定では Log Analytics ワークスペースに接続されているすべての Windows エージェントと Linux エージェントに自動的にデプロイされます。 ソリューションを特定のエージェント セットに制限することで、コストを管理し、ソリューション用に収集されるデータの量を制限することもできます。 この記事では、ソリューションのターゲット設定を使用する方法について説明します。この機能を使用すると、ソリューションにスコープを適用することができます。

ソリューションにターゲットを設定する方法

ソリューションにターゲットを設定するには、次のセクションで説明する 3 つの手順に従います。

1.コンピューター グループの作成

スコープに含めるコンピューターを指定するには、Azure Monitor でコンピューター グループを作成します。 コンピューター グループは、ログ クエリに基づいて作成したり、Active Directory や WSUS グループなどの他のソースからインポートしたりできます。 以下で説明するように、スコープに追加されるのは、Azure Monitor に直接接続されているコンピューターのみです。

ワークスペースにコンピューター グループが作成されたら、1 つ以上のソリューションに適用できるスコープ構成に、そのグループを追加します。

2.スコープ構成の作成

1 つ以上のコンピューター グループが含まれるスコープ構成を、1 つ以上のソリューションに適用できます。

次のプロセスを使用して、スコープ構成を作成します。

  1. Azure portal で Log Analytics ワークスペースに移動し、目的のワークスペースを選択します。
  2. ワークスペースのプロパティにある [ワークスペースのデータソース] で、 [スコープ構成] を選択します。
  3. [追加] をクリックして、新しいスコープ構成を作成します。
  4. スコープ構成の名前を入力します。
  5. [コンピューター グループの選択] をクリックします。
  6. 作成したコンピューター グループと、構成に追加するその他のグループを必要に応じて選択します。 [選択] をクリックします。
  7. [OK] をクリックして、スコープ構成を作成します。

3.ソリューションへのスコープ構成の適用。

作成したスコープ構成は、1 つ以上のソリューションに適用できます。 1 つのスコープ構成を複数のソリューションで使用することはできますが、ソリューションが使用できるスコープ構成は、ソリューションごとに 1 つだけです。

次のプロセスを使用して、スコープ構成を適用します。

  1. Azure portal で Log Analytics ワークスペースに移動し、目的のワークスペースを選択します。
  2. ワークスペースのプロパティで、 [ソリューション] を選択します。
  3. スコープを設定するソリューションを選択します。
  4. ソリューションのプロパティにある [ワークスペースのデータソース] で、 [Solution Targeting (ソリューションのターゲット設定)] を選択します。 オプションを利用できない場合、このソリューションはターゲット設定できません
  5. [スコープ構成の追加] をクリックします。 このソリューションに構成が既に適用されている場合、このオプションは使用できません。 構成を追加する前に、既存の構成を削除する必要があります。
  6. 作成したスコープ構成をクリックします。
  7. 構成の状態を監視して、 [成功] が表示されることを確認します。 エラーが示される場合は、構成の右側にある省略記号ボタンをクリックして、 [スコープ構成の編集] を選択して変更を加えます。

ターゲット設定できないソリューションとエージェント

ソリューションのターゲット設定で使用できないエージェントとソリューションの条件を次に示します。

  • ソリューションのターゲット設定は、エージェントにデプロイされたソリューションにのみ適用されます。
  • ソリューションのターゲット設定は、Microsoft 提供のソリューションにのみ適用されます。 自作の、またはパートナーが作成したソリューションには適用されません。
  • Azure Monitor に直接接続するエージェントのみをフィルターで除外できます。 ソリューションは、スコープ構成に含まれているかどうかに関係なく、接続されている Operations Manager 管理グループのすべてのエージェントに自動的にデプロイされます。

例外

前述の条件を満たしていても、次のソリューションでは、ソリューションのターゲット設定を使用することはできません。

  • エージェントの正常性評価

次のステップ