予約されたリソースの名前のエラーを解決する

この記事では、名前に予約された単語が含まれるリソースをデプロイしているときに発生するエラーについて説明します。 予約語はリソース名では使用できません。

症状

リソースをデプロイするときに、次のエラーが表示される場合があります。

Code=ReservedResourceName;
Message=The resource name <resource-name> or a part of the name is a trademarked or reserved word.

原因

完全修飾ドメイン名など、アクセス可能なエンドポイントを持つリソースでは、その名前に予約語や商標を使用することはできません。 この名前は、エンドポイントが現在有効になっていない場合でも、リソース作成時にチェックされます。

次の単語は予約されています。

  • ACCESS
  • APP_CODE
  • APP_THEMES
  • APP_DATA
  • APP_GLOBALRESOURCES
  • APP_LOCALRESOURCES
  • APP_WEBREFERENCES
  • APP_BROWSERS
  • AZURE
  • BING
  • BIZSPARK
  • BIZTALK
  • CORTANA
  • DIRECTX
  • DOTNET
  • DYNAMICS
  • EXCEL
  • EXCHANGE
  • FOREFRONT
  • GROOVE
  • HOLOLENS
  • HYPERV
  • KINECT
  • LYNC
  • MSDN
  • O365
  • OFFICE
  • OFFICE365
  • ONEDRIVE
  • ONENOTE
  • OUTLOOK
  • POWERPOINT
  • SHAREPOINT
  • SKYPE
  • VISIO
  • VISUALSTUDIO

次の単語は、名前の中の単語全体または部分文字列のどちらとしても使用できません。

  • MICROSOFT
  • WINDOWS

次の単語は、リソース名の先頭には使用できませんが、名前の後の方では使用できます。

  • Login
  • XBOX

解決策

いずれの予約された単語も使用していない名前を指定してください。