Azure での SQL Server のサポート延長

適用対象: Azure VM 上の SQL Server

SQL Server 2012 は、サポートライフ サイクルの終了 (EOS) に達しています。 多くのお客様がまだこのバージョンを使用されていることから、引き続きサポートを利用していただくためのいくつかのオプションを提供しています。 オンプレミスの SQL Server インスタンスを Azure 仮想マシン (VM) に移行するか、Azure SQL Database に移行するか、またはオンプレミスのままで延長セキュリティ更新プログラムを購入することができます。

ヒント

SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 のお客様は、2023 年 7 月 12 日まで、延長セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取りたい場合、Azure SQL Server VM に移行できます。

マネージド インスタンスとは異なり、Azure VM への移行にアプリケーションの再認定は必要ありません。 また、オンプレミスに留まる場合とは異なり、Azure VM に移行することで無料の延長セキュリティ パッチを受信します。

この記事の残りの部分では、Azure VM に SQL Server インスタンスを移行するための考慮事項を示します。

サポート終了オプションの詳細については、「サポートの終了」を参照してください。

プロビジョニング

Azure Marketplace で入手できる、従量課金制の SQL Server 2012 on Windows Server 2012 R2 イメージが提供されています。

SQL Server の以前のバージョンをご使用のお客様は、ご自分でインストールするか、SQL Server 2012 にアップグレードする必要があります。 同様に、Windows Server の以前のバージョンをご使用のお客様は、カスタム VHD から VM をデプロイするか、Windows Server 2012 R2 にアップグレードする必要があります。

Azure Marketplace からデプロイされたイメージには、SQL IaaS 拡張機能が事前インストールされています。 SQL IaaS 拡張機能は、柔軟性のあるライセンスと自動化された修正の要件です。 ご自分でインストールした VM をデプロイするお客様は、SQL IaaS 拡張機能を手動でインストールする必要があります。

Note

SQL Server の [作成][管理] オプションでは Azure portal で SQL Server 2012 イメージを操作しますが、次の機能は "サポートされません": 自動バックアップ、Azure Key Vault の統合、および R Services。

ライセンス

従量課金制の SQL Server 2012 のデプロイは、Azure ハイブリッド特典に変換できます。

ソフトウェア アシュアランス (SA) ベースのライセンスを従量課金制に変換する場合、お客様は SQL IaaS Agent 拡張機能に登録する必要があります。 登録後、SQL ライセンスの種類が Azure ハイブリッド特典と従量課金制の間で交換可能になります。

Azure VM にご自分でインストールした SQL Server 2012 のインスタンスは、SQL IaaS Agent 拡張機能に登録して、ライセンスの種類を従量課金制に変換することができます。

移行

バックアップと復元を手動で行う方法で Azure VM に EOS SQL Server インスタンスを移行することができます。 これは、オンプレミスから Azure VM への最も一般的な移行方法です。

Azure Site Recovery

一括移行の場合は、Azure Site Recovery サービスをお勧めします。 Azure Site Recovery を使用すると、お客様は、SQL Server を含む VM 全体をオンプレミスから Azure VM にレプリケートできます。

SQL Server には、回復を保証するために、アプリ整合性のある Azure Site Recovery スナップショットが必要です。 Azure Site Recovery は、最小 1 時間間隔でのアプリ整合性スナップショットをサポートしています。 Azure Site Recovery による SQL Server の移行で達成可能な最小 RPO (回復ポイントの目標) は 1 時間です。 RTO (目標復旧時間) は 2 時間 + SQL Server の復旧時間です。

Database Migration Service

Azure Database Migration Service は、お客様が SQL Server を 2012 バージョン以降にアップグレードすることでオンプレミスから Azure VM に移行する場合のオプションです。

障害復旧

Azure VM 上の EOS SQL Server のディザスター リカバリー ソリューションは次のとおりです。

  • SQL Server のバックアップ: Azure Backup を使用して、15 分の RPO と特定の時点への復旧で、ランサムウェアや偶発的な削除や破損から EOS SQL Server 2012 を保護できます。 詳細については、こちらの記事を参照してください。

  • ログ配布:継続的な復元によって別のゾーンまたは Azure リージョンにログ配布のレプリカを作成して、RTO を短縮することができます。 ログ配布は、お客様が手動で構成する必要があります。

  • Azure Site Recovery:Azure Site Recovery のレプリケーションによって、ゾーンとリージョン間で VM をレプリケートできます。 SQL Server には、障害の発生時に回復を保証するために、アプリ整合性スナップショットが必要です。 Azure Site Recovery は、EOS SQL Server のディザスター リカバリーで最小 1 時間の RPO と、2 時間 (+ SQL Server の復旧時間) の RTO を実現します。

セキュリティ修正

SQL Server VM の延長セキュリティ更新プログラムは、SQL Server VM が SQL IaaS Agent 拡張機能に登録された後、Microsoft Update チャンネルを通じて配信されます。 パッチは、手動または自動でダウンロードできます。

Note

Azure 仮想マシンに拡張セキュリティ更新プログラムを手動でインストールする場合、SQL IaaS エージェント拡張機能への登録は必要ありません。 Microsoft Update では、VM が Azure で実行されていることを自動的に検出し、拡張機能が存在しない場合でも、ダウンロードに関連する更新プログラムを表示します。

[自動修正] は、既定で有効になります。 自動修正を有効にすると、Azure は SQL Server とオペレーティング システムに修正プログラムを自動的に適用します。 SQL Server IaaS 拡張機能がインストールされている場合は、メンテナンス期間の曜日、時刻、および期間を指定できます。 Azure は、修正プログラムの適用をこのメンテナンス ウィンドウで実行します。 メンテナンス ウィンドウのスケジュールでは、VM のロケールが時刻に使用されます。 詳細については、Azure Virtual Machines での SQL Server の自動修正に関するページを参照してください。

次のステップ

サポートの終了オプションやセキュリティ更新プログラムの延長の詳細について確認してください。