タグの継承を使用してコストをグループ化して割り当てる

Azure のタグは、コストをグループ化し、異なる部署、エンジニアリング環境、コスト部門間で整合させる目的で広く使われています。 タグは、企業がグループの違いを超えてコストを管理し、割り当てるために必要な可視性を提供します。

この記事では、Cost Management でタグの継承設定を使用する方法について説明します。 タグの継承を有効にすると、リソース グループとサブスクリプションのタグが子リソースの使用状況レコードに適用されます。 すべてのリソースにタグを付ける必要はなく、また、使用量を出力するリソースを利用して独自のタグを設ける必要もありません。

タグの継承は、次の課金アカウントの種類で使用できます。

  • Enterprise Agreement (EA)
  • Microsoft 顧客契約 (MCA)
  • Azure プラン サブスクリプションを使用した Microsoft Partner Agreement (MPA)

以下の図は、タグが継承されるようすを例示したものです。 継承されたタグは、リソース自体ではなく、子リソースの使用レコードに適用されることに注意してください。

タグが継承されるようすを例示した図。

必要なアクセス許可

  • サブスクリプションの場合:
    • Cost Management 閲覧者 (閲覧用)
    • Cost Management 共同作成者 (編集用)
  • EA 課金アカウントの場合:
    • エンタープライズ管理者 (読み取り専用) (閲覧用)
    • エンタープライズ管理者 (編集用)
  • MCA 課金プロファイルの場合:
    • 課金プロファイルの閲覧者 (閲覧用)
    • 課金プロファイルの共同作成者 (編集用)

タグの継承を有効にする

タグの継承設定は、Azure portal で有効にできます。 この設定は、EA 課金アカウント、MCA 課金プロファイル、サブスクリプションの各スコープで適用します。 設定を有効にすると、リソース グループとサブスクリプションのすべてのタグが子リソースの使用状況レコードに自動的に適用されます。

EA 課金アカウントのAzure portalでタグの継承を有効にするには

  1. Azure portal で、[コスト管理] を検索し、それを選択します ([コストの管理と請求] "ではなく"、緑色の六角形の記号)。
  2. スコープを選択します。
  3. 左側のメニューの [設定][構成] を選択します。
  4. [Tag inheritance] (タグの継承) で、[編集] を選択します。
    EA 課金アカウントの [タグの継承] の [編集] オプションを示すスクリーンショット。
  5. タグの継承ウィンドウで、[Automatically apply subscription and resource group tags to new data] (サブスクリプションとリソース グループのタグを新しいデータに自動的に適用する) を選択します。
    サブスクリプションとリソース グループのタグを新しいデータに自動的に適用する課金アカウントの オプションを示すスクリーンショット。

MCA 課金プロファイルのAzure portalでタグの継承を有効にするには

  1. Azure portal で、[コスト管理] を検索し、それを選択します ([コストの管理と請求] "ではなく"、緑色の六角形の記号)。
  2. スコープを選択します。
  3. 左側のメニューの 設定 で、課金プロファイルの管理 を選択します。
  4. [Tag inheritance] (タグの継承) で、[編集] を選択します。
    MCA課金プロファイルの タグの継承 の編集 オプションを示すスクリーンショット。
  5. タグの継承ウィンドウで、[Automatically apply subscription and resource group tags to new data] (サブスクリプションとリソース グループのタグを新しいデータに自動的に適用する) を選択します。
    サブスクリプションとリソース グループのタグを新しいデータに自動的に適用する課金プロファイルの オプションを示すスクリーンショット。

サブスクリプション用Azure portal でタグの継承を有効にするには

  1. Azure portal で、[コスト管理] を検索し、それを選択します ([コストの管理と請求] "ではなく"、緑色の六角形の記号)。
  2. サブスクリプションのスコープを選びます。
  3. 左側のメニューの 設定 で、サブスクリプションの管理 を選択します。
  4. [Tag inheritance] (タグの継承) で、[編集] を選択します。
    サブスクリプションのタグの継承の 編集 オプションを示すスクリーンショット。
  5. タグの継承ウィンドウで、[Automatically apply subscription and resource group tags to new data] (サブスクリプションとリソース グループのタグを新しいデータに自動的に適用する) を選択します。
    サブスクリプションとリソース グループのタグを新しいデータに自動的に適用するサブスクリプションの オプションを示すスクリーンショット。

リソース タグと継承タグを選択する

リソース タグが、適用されようとしているリソース グループまたはサブスクリプションのタグと一致した場合、対応する使用状況レコードには、既定でリソース タグが適用されます。 サブスクリプションまたはリソース グループのタグがリソースのタグをオーバーライドするように既定の動作を変更することもできます。

[Tag inheritance] (タグの継承) ウィンドウで、[Use the subscription or resource group tag] (サブスクリプションまたはリソース グループのタグを使用する) オプションを選択します。

オーバーライド オプションを示すスクリーンショット。

実際にリソース タグの適用例を見てみましょう。 次の図では、リソース 4 とリソース グループ 2 に同じタグ App があります。 リソース タグを維持する設定がユーザーによって選択されているため、使用状況レコード 4 は、リソース タグの値 E2E で更新されます。

リソース タグが適用されるようすを例示する図。

今度は、リソース タグがオーバーライドされる例を見てみましょう。 次の図では、リソース 4 とリソース グループ 2 に同じタグ App があります。 リソース グループまたはサブスクリプションのタグを使用する設定がユーザーによって選択されているため、使用状況レコード 4 は、リソース グループのタグの値 (backend) で更新されます¹。

¹ サブスクリプション タグとリソース グループ タグがリソース タグと同じで、[Use the subscription or resource group tag] (サブスクリプションまたはリソース グループのタグを使用する) オプションを選択した場合、サブスクリプション タグが使用されます。

リソース タグがオーバーライドされるようすを例示する図。

使用状況レコードの更新

タグの継承設定を有効にしてから、子リソースの使用状況レコードがサブスクリプションとリソース グループのタグで更新されるまでに約 8 から 24 時間かかります。 その月の使用状況レコードは、サブスクリプションとリソース グループの既存のタグを使用して更新されます。

たとえば、タグの継承設定を有効にしたのが 10 月 20 日である場合、10 月 1 日を起点とする子リソースの使用状況レコードは、10 月 20 日に存在していたタグを使用して更新されます。

同様に、タグの継承設定を無効にした場合、継承されたタグは、その月の使用状況レコードから削除されます。

Note

サブスクリプション スコープで使用量を生成しない購入またはリソースについては、この設定が有効になっていたとしても、サブスクリプションのタグは適用されません。

タグ別にグループ化されたコストを表示する

コスト分析を使用すると、タグ別にグループ化されたコストを表示できます。

  1. Azure portal で、[Cost Management] に移動します。
  2. 左側のメニューで [コスト分析] を選択します。
  3. スコープを選択します。
  4. [グループ化] 一覧で、コストの表示対象となるタグを選択します。

次に示したのは、org タグのコストを示す例です。

サンプルの org タグのコストを示すスクリーンショット。

Azure の使用状況をダウンロードして、継承されたタグを確認することもできます。 詳細については、「Azure の使用量と料金の表示とダウンロード」を参照してください。

次の手順