クイックスタート: Synapse Studio を使用して専用 SQL プールを作成する

Azure Synapse Analytics には、データの取り込み、変換、モデル化、分析に役立つさまざまな分析エンジンが用意されています。 専用 SQL プールには、T-SQL ベースのコンピューティングとストレージの機能が用意されています。 お使いの Synapse ワークスペースに専用 SQL プールを作成した後、データを読み込み、モデル化し、処理し、提供して、分析情報を迅速に得ることができます。

このクイックスタートでは、Synapse Studio を使用して Synapse ワークスペースで専用 SQL プールを作成する手順を説明します。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。

前提条件

Azure portal にサインインする

Azure ポータル

  1. Synapse ワークスペースに移動します。ここでは、検索バーにサービス名 (またはリソース名を直接) 入力して、専用 SQL プールを作成します。

    Azure portal search bar with Synapse workspaces typed in.

  2. ワークスペースの一覧で、開くワークスペースの名前 (または名前の一部) を入力します。 この例では、contosoanalytics という名前のワークスペースを使用します。

    Listing of Synapse workspaces filtered to show those containing the name Contoso.

Synapse Studio を起動する

  1. ワークスペースの概要から [Workspace web URL]\(ワークスペース Web URL\) を選択して Synapse Studio を起動します。

    Azure portal Synapse workspace overview with Workspace web URL highlighted.

Synapse Studio で専用 SQL プールを作成する

  1. Synapse Studio のホーム ページで、 [管理] アイコンを選択して、左側のナビゲーションの管理ハブに移動します。

    Synapse Studio home page with Management Hub section highlighted.

  2. 管理ハブで、 [SQL プール] セクションに移動して、ワークスペースで現在使用可能な SQL プールの一覧を表示します。

    Synapse Studio management hub with SQL pools navigation selected

  3. [+ 新規] コマンドを選択します。新しい SQL プールの作成ウィザードが表示されます。

    Synapse Studio Management Hub listing of SQL pools.

  4. [基本] タブで、以下の詳細を入力します。

    設定 推奨値 説明
    SQL プール名 contosoedw これは、専用 SQL プールの名前です。
    パフォーマンス レベル DW100c このクイックスタートのコストを削減するために、最小サイズに設定します

    SQL pools create flow - basics tab.

    重要

    専用 SQL プールで使用できる名前には、特定の制限があることに注意してください。 名前には特殊文字を含めることはできず、60文字以下である必要があり、予約語は使用できません。また、ワークスペース内で一意である必要があります。

  5. 次の [追加設定] タブで、 [なし] を選択して、データを含まない SQL プールをプロビジョニングします。 既定の照合順序は、選択されたままにします。

    復元ポイントから専用の SQL プールを復元する場合は、 [復元ポイント] を選択します。 復元を実行する方法の詳細については、既存の専用 SQL プールを復元する方法に関するページをご覧ください

    SQL pool create flow - additional settings tab.

  6. ここではタグを追加しないため、次に [確認と作成] を選択します。

  7. [確認と作成] タブで、以前に入力した内容に基づいて詳細が正しいことを確認し、 [作成] をクリックします。

    SQL pool create flow - review settings tab.

  8. この時点で、リソース プロビジョニングのフローが開始されます。

  9. プロビジョニングが完了した後にワークスペースに戻ると、新しく作成された SQL プールの新しいエントリが表示されます。

    SQL pool create flow - resource provisioning.

  10. 専用 SQL プールが作成されると、データの読み込み、ストリームの処理、レイクからの読み取りなどのために、ワークスペースで使用できるようになります。

Synapse Studio を使用して専用 SQL プールをクリーンアップする

Synapse Studio を使用してワークスペースから専用 SQL プールを削除するには、次の手順に従います。

警告

専用 SQL プールを削除すると、ワークスペースから分析エンジンが削除されます。 プールに接続することはできなくなります。また、この専用 SQL プールを使用するすべてのクエリ、パイプライン、ノートブックは動作しなくなります。

専用 SQL プールを削除する場合は、次の手順を行います。

  1. Synapse Studio で管理ハブにある SQL プールに移動します。

  2. 削除する専用 SQL プールの省略記号 (この場合は、contosoedw) を選択して、専用 SQL プールのコマンドを表示します。

    Listing of SQL pools, with the recently created pool selected.

  3. [削除] を押します。

  4. 削除を確認し、 [削除] を押します。

  5. プロセスが正常に完了すると、専用 SQL プールはワークスペース リソースの一覧に表示されなくなります。

次のステップ