az sql mi

SQL マネージド インスタンスを管理します。

コマンド

az sql mi ad-admin

マネージド インスタンスの Active Directory 管理者を管理します。

az sql mi ad-admin create

新しいマネージド インスタンスの Active Directory 管理者を作成します。

az sql mi ad-admin delete

既存のマネージド インスタンスの Active Directory 管理者を削除します。

az sql mi ad-admin list

マネージド インスタンスの Active Directory 管理者の一覧を返します。

az sql mi ad-admin update

既存のマネージド インスタンスの Active Directory 管理者を更新します。

az sql mi ad-only-auth

Managed Instanceの Azure Active Directory のみの設定を管理します。

az sql mi ad-only-auth disable

このManaged Instanceに対して Azure Active Directory のみの認証を無効にします。

az sql mi ad-only-auth enable

このManaged Instanceに対して Azure Active Directory のみの認証を有効にします。

az sql mi ad-only-auth get

特定の Azure Active Directory のみの認証プロパティを取得します。

az sql mi create

マネージド インスタンスを作成します。

az sql mi delete

マネージド インスタンスを削除します。

az sql mi endpoint-cert

エンドポイント証明書管理コマンド。

az sql mi endpoint-cert list

ターゲット インスタンスのエンドポイントで使用される証明書を一覧表示します。

az sql mi endpoint-cert show

指定された ID を持つエンドポイントで使用される証明書を取得します。

az sql mi failover

マネージド インスタンスをフェールオーバーします。

az sql mi key

SQL インスタンスのキーを管理します。

az sql mi key create

SQL インスタンス キーを作成します。

az sql mi key delete

SQL インスタンス キーを削除します。

az sql mi key list

マネージド インスタンス キーの一覧を取得します。

az sql mi key show

SQL インスタンス キーを表示します。

az sql mi link

インスタンス リンク管理コマンド。

az sql mi link create

Sql On-Prem と Sql Managed Instanceの間に分散型可用性グループを作成します。

az sql mi link delete

Sql On-Prem と Sql Managed Instanceの間で分散型可用性グループを削除します。

az sql mi link list

インスタンス内の分散型可用性グループの一覧を取得します。

az sql mi link show

分散型可用性グループの情報を取得します。

az sql mi link update

Sql On-Prem と Sql Managed Instanceの間の分散型可用性グループを更新します。

az sql mi list

使用可能なマネージド インスタンスを一覧表示します。

az sql mi op

マネージド インスタンスに対する操作を管理します。

az sql mi op cancel

マネージド インスタンスに対する非同期操作をキャンセルします。

az sql mi op list

マネージド インスタンス上で実行された操作の一覧を取得します。

az sql mi op show

マネージド インスタンスに対する管理操作を取得します。

az sql mi partner-cert

サーバー信頼証明書管理コマンド。

az sql mi partner-cert create

サーバー信頼証明書をボックスから Sql Managed Instanceにアップロードします。

az sql mi partner-cert delete

ボックスから Sql Managed Instanceにアップロードされたサーバー信頼証明書を削除します。

az sql mi partner-cert list

ボックスから特定の Sql Managed Instanceにアップロードされたサーバー信頼証明書の一覧を取得します。

az sql mi partner-cert show

ボックスから Sql Managed Instanceにアップロードされたサーバー信頼証明書を取得します。

az sql mi show

マネージド インスタンスの詳細を取得します。

az sql mi tde-key

SQL インスタンスの暗号化保護機能を管理します。

az sql mi tde-key set

SQL インスタンスの暗号化保護機能を設定します。

az sql mi tde-key show

サーバー暗号化保護機能を表示します。

az sql mi update

マネージド インスタンスを更新します。

az sql mi create

マネージド インスタンスを作成します。

az sql mi create --name
                 --resource-group
                 --subnet
                 [--admin-password]
                 [--admin-user]
                 [--assign-identity]
                 [--backup-storage-redundancy]
                 [--capacity]
                 [--collation]
                 [--edition]
                 [--enable-ad-only-auth]
                 [--external-admin-name]
                 [--external-admin-principal-type]
                 [--external-admin-sid]
                 [--family]
                 [--identity-type {None, SystemAssigned, SystemAssigned,UserAssigned, UserAssigned}]
                 [--key-id]
                 [--license-type {BasePrice, LicenseIncluded}]
                 [--location]
                 [--maint-config-id]
                 [--minimal-tls-version {1.0, 1.1, 1.2, None}]
                 [--no-wait]
                 [--pid]
                 [--proxy-override {Default, Proxy, Redirect}]
                 [--public-data-endpoint-enabled {false, true}]
                 [--service-principal-type {None, SystemAssigned}]
                 [--storage]
                 [--tags]
                 [--timezone-id]
                 [--user-assigned-identity-id]
                 [--vnet-name]
                 [--yes]

最小限のパラメーター セットでマネージド インスタンスを作成する

az sql mi create -g mygroup -n myinstance -l mylocation -i -u myusername -p mypassword --subnet /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{ResourceGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{VNETName}/subnets/{SubnetName}

指定されたパラメーターと ID を使用してマネージド インスタンスを作成する

az sql mi create -g mygroup -n myinstance -l mylocation -i -u myusername -p mypassword --license-type LicenseIncluded --subnet /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{ResourceGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{VNETName}/subnets/{SubnetName} --capacity 8 --storage 32GB --edition GeneralPurpose --family Gen5

指定したパラメーターとタグを使用してマネージド インスタンスを作成する

az sql mi create -g mygroup -n myinstance -l mylocation -i -u myusername -p mypassword --license-type LicenseIncluded --subnet /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{ResourceGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{VNETName}/subnets/{SubnetName} --capacity 8 --storage 32GB --edition GeneralPurpose --family Gen5 --tags tagName1=tagValue1 tagName2=tagValue2

指定したパラメーターとバックアップ ストレージの冗長性を指定してマネージド インスタンスを作成する

az sql mi create -g mygroup -n myinstance -l mylocation -i -u myusername -p mypassword --license-type LicenseIncluded --subnet /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{ResourceGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{VNETName}/subnets/{SubnetName} --capacity 8 --storage 32GB --edition GeneralPurpose --family Gen5 --backup-storage-redundancy Local

メンテナンス構成を使用してマネージド インスタンスを作成する

az sql mi create -g mygroup -n myinstance -l mylocation -i -u myusername -p mypassword --subnet /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{ResourceGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{VNETName}/subnets/{SubnetName} -m SQL_{Region}_{MaintenanceConfigName}

サービス プリンシパルを有効にしてマネージド インスタンスを作成する

az sql mi create -g mygroup -n myinstance -l mylocation -i -u myusername -p mypassword --subnet /subscriptions/{SubID}/resourceGroups/{ResourceGroup}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{VNETName}/subnets/{SubnetName} --service-principal-type SystemAssigned

AAD 管理者と AD のみを有効にして、SQL 管理なしでマネージド インスタンスを作成する

az sql mi create --enable-ad-only-auth --external-admin-principal-type User --external-admin-name myUserName --external-admin-sid c5e964e2-6bb2-2222-1111-3b16ec0e1234 -g myResourceGroup -n miName --subnet /subscriptions/78975f9f-2222-1111-1111-29c42ac70000/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet-test/subnets/ManagedInstance

SQL 管理なしでマネージド インスタンスを作成します。AD 管理者、AD のみ有効、ユーザー ManagedIdenties、ID の種類は SystemAssigned、UserAssigned です。

az sql mi create --enable-ad-only-auth --external-admin-principal-type User --external-admin-name myUserName \ --external-admin-sid c5e964e2-6bb2-1111-1111-3b16ec0e1234 -g myResourceGroup -n myServer -i \ --user-assigned-identity-id /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi \ --identity-type SystemAssigned,UserAssigned --pid /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi \ --subnet /subscriptions/78975f9f-2222-1111-1111-29c42ac70000/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet-test/subnets/ManagedInstance

SQL 管理なしでマネージド インスタンスを作成します。AD 管理者、AD のみ有効、User ManagedIdenties、ID の種類は UserAssigned です。

az sql mi create --enable-ad-only-auth --external-admin-principal-type User --external-admin-name myUserName \ --external-admin-sid c5e964e2-6bb2-1111-1111-3b16ec0e1234 -g myResourceGroup -n myServer -i \ --user-assigned-identity-id /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi \ --identity-type UserAssigned --pid /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi \ --subnet /subscriptions/78975f9f-2222-1111-1111-29c42ac70000/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vnet-test/subnets/ManagedInstance

必須のパラメーター

--name -n

マネージド インスタンス名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subnet

Azure Sql Managed Instanceへのアクセスを許可するサブネットの名前または ID。 サブネット名を指定する場合は、--vnet-name を指定する必要があります。

省略可能のパラメーター

--admin-password -p

管理者ログイン パスワード (管理されたインスタンスの作成に必要)。

--admin-user -u

マネージド インスタンスの管理者ユーザー名。 マネージド インスタンスが作成されるときに、キヤノンを指定します (作成には必要です)。

--assign-identity -i

Azure KeyVault などのキー管理サービスで使用するために、このマネージド インスタンスの Azure Active Directory ID を生成して割り当てます。

--backup-storage-redundancy --bsr

バックアップの格納に使用されるバックアップ ストレージの冗長性。 使用できる値は、Local、Zone、Geo、GeoZone です。

--capacity -c

仮想コアの整数でのマネージド インスタンスの容量。

--collation

マネージド インスタンスの照合順序。

--edition --tier -e

SKU のエディション コンポーネント。 使用できる値は、GeneralPurpose、BusinessCritical です。

--enable-ad-only-auth

このサーバーに対して Azure Active Directory のみの認証を有効にします。

--external-admin-name

Azure AD 管理者ユーザー、グループ、またはアプリケーションの表示名。

--external-admin-principal-type

ユーザー、グループ、またはアプリケーション。

--external-admin-sid

Azure AD 管理者の一意の ID。 ユーザーまたはグループのオブジェクト ID、アプリケーションのクライアント ID。

--family -f

SKU のコンピューティング生成コンポーネント。 使用できる値は、Gen4、Gen5 です。

--identity-type -t

使用する ID の種類。 指定できる値は、SystemAsssigned、UserAssigned、SystemAssignedUserAssigned、None です。

承認された値: None, SystemAssigned, SystemAssigned,UserAssigned, UserAssigned
--key-id -k

暗号化用のキー コンテナー URI。

--license-type

このマネージド インスタンスに適用するライセンスの種類。

承認された値: BasePrice, LicenseIncluded
--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--maint-config-id -m

このマネージド インスタンスにメンテナンス構成を割り当てます。

--minimal-tls-version

マネージド インスタンスによって受信接続用に適用される最小 TLS バージョンです。

承認された値: 1.0, 1.1, 1.2, None
--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--pid --primary-user-assigned-identity-id

プライマリ ユーザーマネージド ID の ID。

--proxy-override

インスタンスへの接続に使用される接続の種類。

承認された値: Default, Proxy, Redirect
--public-data-endpoint-enabled

インスタンスに対してパブリック データ エンドポイントが有効になっているかどうか。

承認された値: false, true
--service-principal-type

このManaged Instanceに使用するサービス プリンシパルの種類。 使用可能な値は、SystemAssigned と None です。

承認された値: None, SystemAssigned
--storage

マネージド インスタンスのストレージ サイズ。 ストレージ サイズは、32 GB 単位で指定する必要があります。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--timezone-id

設定するインスタンスのタイム ゾーン ID。 タイム ゾーン ID の一覧は、sys.time_zone_info (Transact-SQL) ビューを通じて公開されます。

--user-assigned-identity-id -a

このサーバーのユーザー マネージド ID (UMI) を生成して割り当てます。

--vnet-name

仮想ネットワーク名。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

az sql mi delete

マネージド インスタンスを削除します。

az sql mi delete [--ids]
                 [--name]
                 [--no-wait]
                 [--resource-group]
                 [--yes]

マネージド インスタンスを削除する

az sql mi delete -g mygroup -n myinstance --yes

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

マネージド インスタンス名。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

az sql mi failover

マネージド インスタンスをフェールオーバーします。

az sql mi failover [--ids]
                   [--name]
                   [--no-wait]
                   [--replica-type]
                   [--resource-group]

マネージド インスタンスのプライマリ レプリカをフェールオーバーする

az sql mi failover -g mygroup -n myinstance

マネージド インスタンスの読み取り可能な秒次レプリカのフェールオーバー

az sql mi failover -g mygroup -n myinstance --replica-type ReadableSecondary

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

マネージド インスタンス名。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--replica-type

フェールオーバーするレプリカの種類。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az sql mi list

使用可能なマネージド インスタンスを一覧表示します。

az sql mi list [--expand-ad-admin]
               [--resource-group]

現在のサブスクリプション内のすべてのマネージド インスタンスを一覧表示します。

az sql mi list

リソース グループ内のすべてのマネージド インスタンスを一覧表示します。

az sql mi list -g mygroup

省略可能のパラメーター

--expand-ad-admin

サーバーの Active Directory 管理者を展開します。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az sql mi show

マネージド インスタンスの詳細を取得します。

az sql mi show [--expand-ad-admin]
               [--ids]
               [--name]
               [--resource-group]

マネージド インスタンスの詳細を取得する

az sql mi show -g mygroup -n myinstance

省略可能のパラメーター

--expand-ad-admin

サーバーの Active Directory 管理者を展開します。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

マネージド インスタンス名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az sql mi update

マネージド インスタンスを更新します。

az sql mi update [--add]
                 [--admin-password]
                 [--assign-identity]
                 [--backup-storage-redundancy]
                 [--capacity]
                 [--edition]
                 [--family]
                 [--force-string]
                 [--identity-type {None, SystemAssigned, SystemAssigned,UserAssigned, UserAssigned}]
                 [--ids]
                 [--key-id]
                 [--license-type {BasePrice, LicenseIncluded}]
                 [--maint-config-id]
                 [--minimal-tls-version {1.0, 1.1, 1.2, None}]
                 [--name]
                 [--no-wait]
                 [--pid]
                 [--proxy-override {Default, Proxy, Redirect}]
                 [--public-data-endpoint-enabled {false, true}]
                 [--remove]
                 [--resource-group]
                 [--service-principal-type {None, SystemAssigned}]
                 [--set]
                 [--storage]
                 [--subnet]
                 [--tags]
                 [--user-assigned-identity-id]
                 [--vnet-name]
                 [--yes]

指定されたパラメーターと ID を使用して mi を更新する

az sql mi update -g mygroup -n myinstance -i -p mypassword --license-type mylicensetype --capacity vcorecapacity --storage storagesize

mi エディションとハードウェア ファミリを更新する

az sql mi update -g mygroup -n myinstance --tier GeneralPurpose --family Gen5

タグを追加または更新します。

az sql mi update -g mygroup -n myinstance --set tags.tagName=tagValue

タグを削除します。

az sql mi update -g mygroup -n myinstance --remove tags.tagName

マネージド インスタンスを更新します。 (自動生成)

az sql mi update --name myinstance --proxy-override Default --resource-group mygroup --subscription MySubscription

マネージド インスタンスを更新します。 (自動生成)

az sql mi update --name myinstance --public-data-endpoint-enabled true --resource-group mygroup --subscription MySubscription

メンテナンス構成を使用してマネージド インスタンスを更新する

az sql mi update -g mygroup -n myinstance -m SQL_{Region}_{MaintenanceConfigName}

マネージド インスタンスからメンテナンス構成を削除する

az sql mi update -g mygroup -n myinstance -m SQL_Default

サービス プリンシパルを使用してマネージド インスタンスを更新する

az sql mi update -g mygroup -n myinstance --service-principal-type SystemAssigned

User Managed Identies でマネージド インスタンスを更新し、ID の種類が SystemAssigned、UserAssigned です。

az sql mi update -g myResourceGroup -n myServer -i \ --user-assigned-identity-id /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi \ --identity-type SystemAssigned,UserAssigned --pid /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi

User Managed Identies でマネージド インスタンスを更新し、ID の種類が UserAssigned である

az sql mi update -g myResourceGroup -n myServer -i \ --user-assigned-identity-id /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi \ --identity-type UserAssigned --pid /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi

マネージインスタンスを別のサブネットに移動する

az sql mi update -g myResourceGroup -n myServer -i \ --subnet /subscriptions/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/testumi \

mi backup Storage の冗長性を更新する

az sql mi update -g mygroup -n myinstance --bsr Local

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value、string、または JSON 文字列>。

--admin-password -p

管理者ログイン パスワード (管理されたインスタンスの作成に必要)。

--assign-identity -i

Azure KeyVault などのキー管理サービスで使用するために、このマネージド インスタンスの Azure Active Directory ID を生成して割り当てます。 ID が既に割り当てられている場合は、何も行わないでください。

--backup-storage-redundancy --bsr

バックアップの格納に使用されるバックアップ ストレージの冗長性。 使用できる値は、Local、Zone、Geo、GeoZone です。

--capacity -c

仮想コアの整数でのマネージド インスタンスの容量。

--edition --tier -e

SKU のエディション コンポーネント。 使用できる値は、GeneralPurpose、BusinessCritical です。

--family -f

SKU のコンピューティング生成コンポーネント。 使用できる値は、Gen4、Gen5 です。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

--identity-type -t

使用する ID の種類。 指定できる値は、SystemAsssigned、UserAssigned、SystemAssignedUserAssigned、None です。

承認された値: None, SystemAssigned, SystemAssigned,UserAssigned, UserAssigned
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--key-id -k

暗号化用のキー コンテナー URI。

--license-type

このマネージド インスタンスに適用するライセンスの種類。

承認された値: BasePrice, LicenseIncluded
--maint-config-id -m

このマネージド インスタンスのメンテナンス構成を変更します。

--minimal-tls-version

マネージド インスタンスによって受信接続用に適用される最小 TLS バージョンです。

承認された値: 1.0, 1.1, 1.2, None
--name -n

マネージド インスタンス名。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--pid --primary-user-assigned-identity-id

プライマリ ユーザーマネージド ID の ID。

--proxy-override

インスタンスへの接続に使用される接続の種類。

承認された値: Default, Proxy, Redirect
--public-data-endpoint-enabled

インスタンスに対してパブリック データ エンドポイントが有効になっているかどうか。

承認された値: false, true
--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--service-principal-type

このManaged Instanceに使用するサービス プリンシパルの種類。 使用可能な値は、SystemAssigned と None です。

承認された値: None, SystemAssigned
--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=。

--storage

マネージド インスタンスのストレージ サイズ。 ストレージ サイズは、32 GB 単位で指定する必要があります。

--subnet

Azure Sql Managed Instanceへのアクセスを許可するサブネットの名前または ID。 サブネット名を指定する場合は、--vnet-name を指定する必要があります。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--user-assigned-identity-id -a

このサーバーのユーザー マネージド ID (UMI) を生成して割り当てます。

--vnet-name

仮想ネットワーク名。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。