CustomValidationAttribute クラス

定義

プロパティまたはクラス インスタンスを検証するために使用するカスタム検証メソッドを指定します。

public ref class CustomValidationAttribute sealed : System::ComponentModel::DataAnnotations::ValidationAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Parameter | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=true)]
public sealed class CustomValidationAttribute : System.ComponentModel.DataAnnotations.ValidationAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Parameter | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=true)>]
type CustomValidationAttribute = class
    inherit ValidationAttribute
Public NotInheritable Class CustomValidationAttribute
Inherits ValidationAttribute
継承
CustomValidationAttribute
属性

注釈

この CustomValidationAttribute 属性は、検証を実行するためにメソッドが IsValid 呼び出されたときにカスタム検証を実行するために使用されます。 その後、メソッドは IsValid プロパティによって識別されるメソッドに呼び出しを Method リダイレクトし、実際の検証を実行します。

属性は CustomValidationAttribute 、型、プロパティ、フィールド、メソッド、およびメソッド パラメーターに適用できます。 プロパティに適用されると、そのプロパティに値が割り当てられるたびに属性が呼び出されます。 メソッドに適用されると、プログラムがそのメソッドを呼び出すたびに属性が呼び出されます。 メソッド パラメーターに適用すると、メソッドが呼び出される前に属性が呼び出されます。

属性の使用の詳細については、「 属性」を参照してください。

コンストラクター

CustomValidationAttribute(Type, String)

CustomValidationAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

ErrorMessage

検証が失敗した場合に検証コントロールに関連付けるエラー メッセージを取得または設定します。

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageResourceName

検証が失敗した場合に ErrorMessageResourceType プロパティ値の検索に使用するエラー メッセージ リソース名を取得または設定します。

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageResourceType

検証が失敗した場合にエラー メッセージの検索に使用するリソースの種類を取得または設定します。

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageString

ローカライズされた検証エラー メッセージを取得します。

(継承元 ValidationAttribute)
Method

検証メソッドを取得します。

RequiresValidationContext

属性で検証コンテキストが必要かどうかを示す値を取得します。

(継承元 ValidationAttribute)
TypeId

この属性の一意の識別子を取得します。

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)
ValidatorType

カスタム検証を実行する型を取得します。

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
FormatErrorMessage(String)

検証エラー メッセージを書式設定します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetValidationResult(Object, ValidationContext)

現在の検証属性に対して、指定した値が有効かどうかを確認します。

(継承元 ValidationAttribute)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
IsValid(Object)

指定したオブジェクトの値が有効かどうかを判断します。

(継承元 ValidationAttribute)
IsValid(Object, ValidationContext)

現在の検証属性に対して、指定した値を検証します。

(継承元 ValidationAttribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Validate(Object, String)

指定されたオブジェクトを検証します。

(継承元 ValidationAttribute)
Validate(Object, ValidationContext)

指定されたオブジェクトを検証します。

(継承元 ValidationAttribute)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象