DataType 列挙型

定義

データ フィールドとパラメーターに関連付けられているデータ型の列挙体を表します。

public enum class DataType
public enum DataType
type DataType = 
Public Enum DataType
継承
DataType

フィールド

CreditCard 14

クレジット カード番号を表します。

Currency 6

通貨値を表します。

Custom 0

カスタム データ型を表します。

Date 2

日付値を表します。

DateTime 1

日付と時刻で表現される時間の瞬間を表します。

Duration 4

オブジェクトが存続する連続時間を表します。

EmailAddress 10

電子メール アドレスを表します。

Html 8

HTML ファイルを表します。

ImageUrl 13

イメージの URL を表します。

MultilineText 9

複数行テキストを表します。

Password 11

パスワード値を表します。

PhoneNumber 5

電話番号値を表します。

PostalCode 15

郵便番号を表します。

Text 7

表示されるテキストを表します。

Time 3

時刻値を表します。

Upload 16

ファイル アップロードのデータ型を表します。

Url 12

URL 値を表します。

次の例では、この属性を DataTypeAttribute 使用して、AdventureWorksLT データベースの顧客テーブルの EmailAddress データ フィールドの表示をカスタマイズします。 電子メール アドレスは、動的データ ASP.NET 組み込みデータ型から推測される単純なテキストではなく、ハイパーリンクとして表示されます。

コード例:

  • 関連テーブルと関連するメタデータ クラスのメタデータ部分クラスを実装します。

  • DataTypeAttribute関連付けられているメタデータ クラスで列挙値を指定して、EmailAddressEmailAddress データ フィールドに属性を適用します。 これは、電子メール アドレスの表示がカスタマイズされていることを Text.ascx フィールド テンプレートに示します。

using System;
using System.Web.DynamicData;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;

[MetadataType(typeof(CustomerMetaData))]
public partial class Customer
{
}

public class CustomerMetaData
{

    // Add type information.
    [DataType(DataType.EmailAddress)]
    public object EmailAddress;
}
Imports System.Web.DynamicData
Imports System.ComponentModel.DataAnnotations

<MetadataType(GetType(CustomerMetadata))> _
Partial Public Class Customer


End Class

Public Class CustomerMetadata

    ' Add type information.
    <DataType(DataType.EmailAddress)> _
    Public EmailAddress As Object

End Class

このコード例をコンパイルするには、以下が必要です。

  • Visual Studio 2008 Service Pack 1 または Visual Developer 2008 Express Edition Service Pack 1。

  • AdventureWorksLT サンプル データベース。 SQL Server サンプル データベースをダウンロードしてインストールする方法については、「Microsoft SQL Server製品サンプル: データベース」を参照してください。 実行しているSQL Serverのバージョン (SQL Server 2005 または 2008 SQL Server) の正しいバージョンのサンプル データベースがインストールされていることを確認します。

  • 動的データ Web サイト。 これにより、データベースのデータ コンテキストと、カスタマイズするデータ フィールドとオーバーライドするメソッドを含むクラスを作成できます。 さらに、前に説明したページを使用する環境が作成されます。 詳細については、「 チュートリアル: スキャフォールディングを使用した新しい動的データ Web サイトの作成」を参照してください。

フィールド テンプレートが EmailAddress データ フィールドの表示をカスタマイズするために使用する完全なコード例については、属性を DataTypeAttribute 参照してください。

注釈

この列挙型は、データ列またはパラメーターに関連付けるデータの型を指定するために使用されます。 属性クラスを DataTypeAttribute 使用して、データ フィールドまたはパラメーターに関連付けるデータ型を指定します。 この列挙型からデータ型を選択します。

この DataTypeAttribute 属性を使用すると、データベース組み込み型よりも具体的な型を使用してフィールドをマークできます。 たとえば、電子メール アドレスを含む文字列データ フィールドには、列挙値を使用して属性を EmailAddress 付けることができます。 この情報には、フィールド テンプレートからアクセスして、データ フィールドの処理方法を変更できます。

適用対象

こちらもご覧ください