Microsoft 365 の会議開催者に対するリソース代理人からの返信に代わって

元の KB 番号: 2879458

現象

Microsoft 365 では、1 つまたは複数の代理人がリソース メールボックスに追加され、代理人が会議出席依頼を受け入れることを前提としています。 このような場合は、会議の開催者に送信される電子メール メッセージの [From] 行に、ResourceMailbox に代わって<代理人>と表示<されます>。

原因

[予約要求を承諾または拒否できる代理人の選択] オプションを使用して代理人がリソース メールボックスに追加されると、代理人には代理で送信アクセス許可が付与されます。 この動作は、Microsoft 365 で設計されています。

回避策

Exchange 管理センターに移動し、リソース メールボックスの設定を開きます。 ナビゲーション ウィンドウで メールボックスの委任を選択し、[名前を 付けて送信] で代理人を追加します。

注:

[ 代理送信] に一覧表示されている代理人を削除しないでください。 デリゲートを削除すると、デリゲート アクセスも削除されます。

詳細

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。