Google Workspace からの切り替え - 概要

次の手順を使用して、データ、メール、ユーザーを Google Workspace から一般法人向け Microsoft 365 に移動できます。 各手順の記事とビデオを使用して、移行する環境を準備および構成し、Microsoft 管理センターで入手可能な移行ツールを使用できるようにします。

手順 説明
手順 1 Microsoft 365 Business Premium にサインアップします
手順 2 Google Workspace 移行の Microsoft 365 を設定します
この手順では、Google Workspace で使用するドメインを所有していることを確認し、ユーザーを追加し、デバイスの基本的なセキュリティを設定します。
手順 3 Windows デバイスのセキュリティ ポリシーを設定します。
Windows セキュリティは、Microsoft 365 管理センターの [セットアップ] ページで個別に設定されます。
手順 4 Google Workspace ドメインを Microsoft 365 に追加します
メールに使用しているドメインを所有していることを確認した後、自分と他のすべてのユーザーが古いメールを使用して Microsoft 365 Business Premium にサインインできるようになります。
手順 5 Office アプリと Microsoft Teams をインストールします
Microsoft 365 ライセンスを持つすべてのユーザーは、職場のデバイスに Office アプリをインストールする必要があります。
手順 6 すべてのユーザーのメールと予定表アイテムを移行します
この手順では、Google Workspace からすべてのユーザーのメール、予定表、連絡先を移動するために Exchange Online の移行を実行します。
手順 7 ドメインを Microsoft 365 に接続します
接続すると、ドメインメールが Microsoft 365 に移動し始め、すべてのMicrosoft 365 サービスが機能します。
手順 8 ドライブから OneDrive に、 共有ドライブからチーム サイトに、すべてのユーザーのデータを移動するために移行マネージャーを使用します。
この手順では、個人用ドライブと共有ドライブ内のすべてのデータがコピーされ、Microsoft 365 に移動されます。
手順 9 Google Workspace を停止しますが、ドメインは保持します。
Google がドメインを管理している場合は、Google Workspace サブスクリプションを停止した後でも、ドメインを保持できます。 必要に応じて、別の DNS ホストに移動させることもできます。