予約ページをカスタマイズして公開する

Booking Page では、外部向け予約ページの外観を設定します。 予約ページをカスタマイズして発行すると、ユーザーは予約ページを使用して予約を行います。

予約ページをカスタマイズするには、 Office.com にサインインし、[ Bookings>Booking] ページに移動します。 次のオプションを使用して、予約ページをカスタマイズできます。 Booking Page をセットアップしたら、ユーザーが自分で予約を開始できるように、そのページを公開できます。

ウォッチ: 予約ページをカスタマイズして公開する

手順

  1. Microsoft 365 で、アプリ起動ツールを選択し、 Bookings を選択します。

  2. 予定表を選択します。

  3. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[ 予約ページ] を選択します。

以下のセクションでは、予約ページの設定とページの発行方法について説明します。

  • 予約ページを構成する 予定表を公開して、サービスを予約可能にします。 メールと Twitter を使用して予定表へのリンクを共有したり、Facebook ページに [今すぐ予約 ] ボタンを追加したりできます。 このリンクは、組織の Web サイトに埋め込むこともできます。

    内部の予約ページは次のようになります。

    [Bookings] ページ。

  • 予約ページのアクセス制御: 組織から Microsoft 365 アカウントを予約する必要がある このオプションを選択すると、組織内のユーザーのみがページを表示したり、サービスを予約したりできます。 このページへのアクセスは、訪問者がテナント内のアカウントに属していることを確認するために、資格情報チェックを介して承認されます。

  • 予約ページのアクセス制御: 予約ページの直接検索エンジンのインデックス作成を無効にする この設定により、Google、Bing、またはその他の検索エンジンの検索結果にページが表示されなくなります。 このボックスを選択すると、ページへのアクセスが生成されたページ リンクに制限されます。

  • 顧客データの使用に関する同意 選択すると、組織がデータを使用することに対するユーザーまたは顧客の同意を要求するテキストがSelf-Service ページに表示されます。 このボックスは、予約を完了するためにユーザーが確認する必要があります。

  • スケジュール ポリシーEmail通知およびスタッフ すべての設定は、[サービス] タブの各サービスで使用できるものと似ています。

  • 可用性 これは、サービスの可用性の特定の時間範囲と日付範囲を設定するオプションです。 それ以外の場合、Bookings は既定で営業時間に設定されます。 休日や延長時間などのシナリオでは、ここで [可用性] オプションを使用できます。

  • ページをカスタマイズする ブランドの整合性など、Self-Service ページに表示される色とロゴを選択します。

  • リージョンとタイム ゾーンの設定 ここでは、Self-Service ページのタイム ゾーンと言語の基本設定を設定できます。 ローカル タイム ゾーンを設定することをお勧めします。 Self-Service ページへの訪問者の場合、Bookings はローカル タイム ゾーンを自動的に検出し、自分のタイム ゾーンで利用可能な時間帯を表示します。 たとえば、PST の午後 1 時に予定が利用可能な場合、CST のユーザーには、利用可能な時刻が CST の午後 3 時に表示されます。

予約ページを公開すると、予約ページが表示され、そこで予約を予約できます。 顧客向け予約ページは次のようになります。

顧客向け予約ページ。

予約ページの公開を中止する

予約ページの公開を解除するには、予約ページに移動し、[ 非公開] を選択します。