次の方法で共有


Office プログラムでハイパーリンク警告メッセージを有効または無効にする

概要

この詳細な記事では、Microsoft Office プログラムでハイパーリンクをクリックするたびに警告メッセージの表示を有効または無効にする方法について説明します。

詳細情報

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、「Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法」を参照してください。

Microsoft Office アプリケーションで、実行可能ファイルにリンクするハイパーリンクまたはオブジェクトをクリックすると、次の警告メッセージが表示されます。

Opening "path/filename". 

Hyperlinks can be harmful to your computer and data. To protect your computer, click only those hyperlinks from trusted sources. Do you want to continue? 

この動作は、セキュリティ レベルの設定に関係なく発生します。

注:

セキュリティ レベルの設定を見つけるには、[ツール] メニューの [マクロ] をポイントし、[セキュリティ] をクリックします。

さらに、TIFF イメージまたは Microsoft Document Imaging (MDI) ファイルを開くと、次の警告メッセージが表示されます。

Opening path/filename. 

Some files can contain viruses or otherwise be harmful to your computer. It is important to be certain that this file is from a trustworthy source. Would you like to open this file?

この記事で説明するレジストリ キーを既に実装している場合でも、この警告メッセージが表示されます。 この警告メッセージは、リンク ナビゲーションが処理されるときに、HLINK.dll ファイルから送信されます。 Microsoft Office ハイパーリンク警告メッセージと HLINK 警告メッセージを区別する場合は、警告メッセージのファイル パスを引用符で囲みます。 Microsoft Office メッセージには引用符が含まれています。 HLINK メッセージには引用符が含まれていません。 Microsoft Office は、ドキュメントの拡張子、progid、classid、MIME の種類を確認することで、ファイルの種類自体が安全でないかどうかを判断しようとします。

https:// アドレス、notes:// アドレス、または ftp:// アドレスを使用するときに、Microsoft Office プログラムでハイパーリンクの警告を有効または無効にするには、新しいレジストリ サブキーを作成する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [ 開く ] ダイアログ ボックスで、「 regedit」と入力し、[OK] をクリック します

    注:

    • これらのレジストリ サブキーの 1 つだけを変更する必要があります。 両方を変更する必要はありません。
    • セキュリティ サブキーが既に存在する場合は、セキュリティ サブキーを選択した後、手順 6 に直接進みます。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します (サブキーが存在しない場合は、手動で作成します)。 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Common

    メモ このサブキーでは、"xx.0" を Office 2007 の場合は 12.0、Office 2010 の場合は 14.0、Office 2013 の場合は 15.0、Office 2016 以降では 16.0 に置き換えます。

  4. レジストリ サブキーをクリックし、[編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。

  5. 「Security」と入力し、Enter キーを押してキーに名前を付けます。

  6. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。

  7. 「DisableHyperlinkWarning」と入力し、Enter キーを押してエントリに名前を付けます。

  8. 右側のウィンドウで、[ DisableHyperlinkWarning] を右クリックし、[ 変更] をクリックします。

  9. [ DWORD 値の編集 ] ダイアログ ボックスで、[ 10 進数] をクリックし、[ 値データ] に「1 または 0」と入力します。

    注:

    値 0 を指定すると、ハイパーリンクの警告メッセージが有効になります。 値 1 を指定すると、ハイパーリンクの警告メッセージが無効になります。

  10. [OK] をクリックします。

  11. レジストリ エディターを終了します。

特定のプロトコルのセキュリティ警告の表示を無効にするには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「Regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\xx.0\Common\Security\Trusted Protocols\All Applications

    メモ このサブキーでは、"xx.0" を Office 2007 の場合は 12.0、Office 2010 の場合は 14.0、Office 2013 の場合は 15.0、Office 2016 以降では 16.0 に置き換えます。

  3. [すべてのアプリケーション] サブキーをクリックします。

  4. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。

  5. 除外するプロトコルの名前を入力します。 たとえば、"Notes:" プロトコルのセキュリティ警告の表示を無効にするには、「Notes:」と入力します。

    メモ コロン (:) 文字が含まれていることを確認します。

  6. Enter キーを押します。

  7. レジストリ エディターを終了します。

それでも警告メッセージが表示される場合

警告メッセージを無効にした後も、Microsoft Windows から警告メッセージが表示されることがあります。 この記事の手順に従った後も警告メッセージが表示される場合は、次のいずれかの方法を使用して問題を解決します。

注:

方法 1 は、Windows XP と以前のバージョンの Windows にのみ適用されます。 Windows Vista およびそれ以降のバージョンの Windows の場合は、方法 2 を使用します。

方法 1: 開こうとしているファイルの種類の [ダウンロード後に開く] オプションをオフにする

  1. [ マイ コンピューター] をダブルクリックします。
  2. [ ツール ] メニューの [ フォルダー オプション] をクリックします。
  3. [ ファイルの種類 ] タブで、[ 登録済みの ファイルの種類] ボックスで適切なファイル名拡張子 (WMV など) を選択し、[ 詳細設定] をクリックします。
  4. [ダウンロード後に開チェック確認] ボックスをオフにし、[OK] をクリックします
  5. [ フォルダー オプション] ダイアログ ボックスで、[ 閉じる] をクリックします。

方法 2: HKEY_CLASSES_ROOT\<CLSID>\EditFlags レジストリ サブキーを変更する

警告メッセージが複数のコンピューターに影響する場合は、このメソッドを使用します。

警告メッセージを無効にするには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「Regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_CLASSES_ROOT\<CLSID>\EditFlags

    たとえば、ファイル名拡張子が WMV の場合は、[HKEY_CLASSES_ROOT\WMVFile\EditFlags

  3. [EditFlags] をクリックし、[編集] メニューの [名前の変更] をクリックします。

  4. 「OldEditFlags」と入力し、Enter キーを押します。

  5. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。

  6. 「EditFlags」と入力し、Enter キーを押します。

  7. [編集] メニューの [変更] をクリックします。

  8. [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、[基本] の [16 進数] をクリックします。

  9. 「10000」と入力し、[ OK] をクリックします。

警告メッセージを再度有効にするには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「Regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。

    HKEY_CLASSES_ROOT\<CLSID>\EditFlags

  3. [EditFlags] をクリックし、[編集] メニューの [変更] をクリックします。

  4. 「0」と入力し、[ OK] をクリックします。

注:

これらの手順を実行した後でも、[保護されたビュー] でファイルを開くと警告メッセージが表示されます。

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。 問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。