データ損失防止ポリシーの変更は、Microsoft 365 の Outlook 2013 では有効になりません

元の KB 番号: 2823261

注:

Microsoft 365 コンプライアンスは Microsoft Purview と呼ばれるようになり、コンプライアンス領域内のソリューションがブランド変更されました。 Microsoft Purview の詳細については、ブログのお知らせを参照してください。

問題

データ損失防止 (DLP) ポリシーを変更した後は、Microsoft 365 のMicrosoft Outlook 2013では変更が有効になりません。 たとえば、次の現象の 1 つ以上が発生します。

  • DLP ポリシーの条件が満たされると、ポリシー ヒントが正しく表示されません。
  • メッセージは DLP ポリシーによって適切にブロックされません。

変更が行われる前に DLP ポリシーが正しく機能していた場合でも、これらの現象が発生します。

原因

この問題は、更新された DLP ポリシーが Outlook 2013 にダウンロードされなかった場合に発生します。 Outlook 2013 では、DLP ポリシーの変更が 24 時間ごとに 1 回チェックされます。

回避策

重要

このセクションには、レジストリを変更する方法を説明する手順が含まれています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

この問題を回避するには、更新された DLP ポリシーを Outlook 2013 に強制的にダウンロードさせます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. レジストリ エディターを使用して、Outlook 2013 に適用されている既存の DLP ポリシーを削除します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. Outlook 2013 を終了します。

    2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「Regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

    3. レジストリ エディターで、次のサブキーを見つけます。

      HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Outlook\PolicyNudges

    4. LastDownloadTimesPerAccount レジストリ エントリを削除します。

    5. . レジストリ エディターを終了します。

  2. Outlook 2013 を起動し、新しいメッセージを作成し、テキストを入力します。 これを行うと、Outlook 2013 に DLP ポリシーのダウンロードを強制します。

問題が解決されたかどうかの確認

詳細情報

Exchange Online Protectionの DLP 機能の詳細については、次の Microsoft TechNet Web サイトを参照してください。

データ損失防止

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。