Microsoft 365 で Cortana を使用する場合の問題のトラブルシューティング方法

はじめに

この記事には、Cortana を使用するときに発生する可能性がある問題のトラブルシューティングに役立つ情報が含まれています。

注:

このドキュメントでは、主にコンシューマー エクスペリエンスについて説明します。これは現在、Windows 10 (バージョン 1909 以前) および iOS および Android 上の Cortana アプリで提供されています。

詳細情報

問題: Azure Active Directory (Azure AD) に参加しているデバイスから Cortana を有効にしようとすると、"Cortana は会社のポリシーによって無効になっています" というメッセージが表示される

職場または学校アカウントを使用して Azure AD に参加しているデバイスにサインインした後に Cortana を有効にしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

  • Cortana が会社のポリシーで無効になっている

Azure AD に参加しているデバイスから Cortana を有効にするには、Windows 10 11 月の更新プログラムをインストールする必要があります。

問題: "Microsoft 365 の設定では Cortana を使用できない" というメッセージ

次のエラー メッセージが表示されます。

  • Microsoft 365 の設定では、Cortana を使用できなくなります。 詳細については、サポート担当者にお問い合わせください

この問題は、組織で Cortana が無効になっている場合に発生します。

この問題を解決するために、Microsoft 365 管理者はMicrosoft 365 管理センターで Cortana を有効にすることができます。 これを行う方法については、「 Cortana for Microsoft 365」を参照してください。

問題: "Microsoft 365 に連絡できませんでしたが、後でもう一度やり直すと機能する可能性があります" というメッセージ

Microsoft 365 で Cortana を使用しようとすると、次のメッセージが表示されます。

  • Microsoft 365 に連絡できませんでしたが、後でもう一度やり直すと機能する可能性があります。

このエラーは、ほとんどの場合、ネットワーク接続の障害またはタイムアウトが原因で発生します。

5 分から 10 分待ってから、もう一度サインインしてください。

関連情報

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。