Excel で近似曲線の数式係数でより多くの数字を表示する

概要

グラフに近似曲線を追加し、近似曲線の数式と R 二乗値を表示すると、各係数の最初の 5 桁のみが数式に表示されます。 一部の目的では、これは十分な数の重要な数値ではない可能性があります。 この記事では、係数にさらに数字を表示する方法について説明します。

より多くの数字を表示する

近似曲線の数式と R 二乗値は、最初は 5 桁に丸めて表示されます。 より多くの数字を表示するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: Microsoft Office Excel 2007

  1. グラフを含むワークシートを開きます。
  2. 近似曲線の数式または R 二乗テキストを右クリックし、[ 近似曲線ラベルの書式設定] をクリックします。
  3. [ 数値] をクリックします。
  4. [カテゴリ] ボックスの一覧 [ 数値] をクリックし、[ 小数点以下桁数] の設定を 30 以下に変更します。
  5. [閉じる] をクリックします。

方法 2: Microsoft Office Excel 2003 以前のバージョンの Excel

  1. グラフを含むワークシートを開きます。
  2. 近似曲線の数式または R 二乗テキストをダブルクリックします。
  3. [数値] タブで、[カテゴリ] ボックスの一覧で [数値] をクリックし、[ 小数点以下の桁数] の設定を 30 以下に変更します。
  4. [OK] をクリックします。

注:

数値カテゴリでは小数点以下の桁数を 30 に設定できますが、Excel では最大 15 桁の有効桁数の値のみが表示されます。 追加の数字は 0 として表示されます。