Remove-AzVM

Azure から仮想マシンを削除します。

注意

これは、以前のバージョンのドキュメントです。 最新の情報については 、最新バージョン を参照してください。

構文

Remove-AzVM
      [-Name] <String>
      [-ForceDeletion <Boolean>]
      [-Force]
      [-NoWait]
      [-ResourceGroupName] <String>
      [-AsJob]
      [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Remove-AzVM
      [-ForceDeletion <Boolean>]
      [-Force]
      [-NoWait]
      [-Id] <String>
      [-AsJob]
      [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]

説明

Remove-AzVM コマンドレットは、Azure から仮想マシンを削除します。

例 1: 仮想マシンを削除する

Remove-AzVM -ResourceGroupName "ResourceGroup11" -Name "VirtualMachine07"

このコマンドは、リソース グループ ResourceGroup11 内の VirtualMachine07 という名前の仮想マシンを削除します。

パラメーター

-AsJob

バックグラウンドでコマンドレットを実行し、ジョブを返して進行状況を追跡します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Force

ユーザーに確認せずに、直ちにコマンドを実行します。

Type:SwitchParameter
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ForceDeletion

VM を強制的に削除するための省略可能なパラメーター。

Type:Nullable<T>[Boolean]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Id

リソース グループ名。

Type:String
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Name

リソースの名前。

Type:String
Aliases:ResourceName, VMName
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-NoWait

操作を開始し、操作が完了する直前に戻ります。 操作が正常に完了したかどうかを判断するには、他のメカニズムを使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResourceGroupName

リソース グループの名前を指定します。

Type:String
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

出力

PSComputeLongRunningOperation

PSAzureOperationResponse