Set-AzStorageBlobContent

ローカル ファイルを Azure Storage BLOB にアップロードします。

注意

これは、以前のバージョンのドキュメントです。 最新の情報については 、最新バージョン を参照してください。

構文

Set-AzStorageBlobContent
   [-File] <String>
   [-Container] <String>
   [-Blob <String>]
   [-BlobType <String>]
   [-Properties <Hashtable>]
   [-Metadata <Hashtable>]
   [-Tag <Hashtable>]
   [-PremiumPageBlobTier <PremiumPageBlobTier>]
   [-StandardBlobTier <String>]
   [-EncryptionScope <String>]
   [-Force]
   [-AsJob]
   [-TagCondition <String>]
   [-Context <IStorageContext>]
   [-ServerTimeoutPerRequest <Int32>]
   [-ClientTimeoutPerRequest <Int32>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-ConcurrentTaskCount <Int32>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Set-AzStorageBlobContent
   [-File] <String>
   [-Blob <String>]
   -CloudBlobContainer <CloudBlobContainer>
   [-BlobType <String>]
   [-Properties <Hashtable>]
   [-Metadata <Hashtable>]
   [-Tag <Hashtable>]
   [-PremiumPageBlobTier <PremiumPageBlobTier>]
   [-StandardBlobTier <String>]
   [-EncryptionScope <String>]
   [-Force]
   [-AsJob]
   [-TagCondition <String>]
   [-Context <IStorageContext>]
   [-ServerTimeoutPerRequest <Int32>]
   [-ClientTimeoutPerRequest <Int32>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-ConcurrentTaskCount <Int32>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Set-AzStorageBlobContent
   [-File] <String>
   -CloudBlob <CloudBlob>
   [-BlobType <String>]
   [-Properties <Hashtable>]
   [-Metadata <Hashtable>]
   [-Tag <Hashtable>]
   [-PremiumPageBlobTier <PremiumPageBlobTier>]
   [-StandardBlobTier <String>]
   [-EncryptionScope <String>]
   [-Force]
   [-AsJob]
   [-TagCondition <String>]
   [-Context <IStorageContext>]
   [-ServerTimeoutPerRequest <Int32>]
   [-ClientTimeoutPerRequest <Int32>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-ConcurrentTaskCount <Int32>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

Set-AzStorageBlobContent コマンドレットは、ローカル ファイルを Azure Storage BLOB にアップロードします。

例 1: 名前付きファイルをアップロードする

PS C:\>Set-AzStorageBlobContent -Container "ContosoUpload" -File ".\PlanningData" -Blob "Planning2015"

このコマンドは、PlanningData という名前のファイルを Planning2015 という名前の BLOB にアップロードします。

例 2: 現在のフォルダーにあるすべてのファイルをアップロードする

PS C:\>Get-ChildItem -File -Recurse | Set-AzStorageBlobContent -Container "ContosoUploads"

このコマンドは、コア Windows PowerShell コマンドレット Get-ChildItemを使用して、現在のフォルダーとサブフォルダー内のすべてのファイルを取得し、パイプライン演算子を使用して現在のコマンドレットに渡します。 Set-AzStorageBlobContent コマンドレットは、ContosoUploads という名前のコンテナーにファイルをアップロードします。

例 3: 既存の BLOB を上書きする

PS C:\>Get-AzStorageBlob -Container "ContosoUploads" -Blob "Planning2015" | Set-AzStorageBlobContent -File "ContosoPlanning"

このコマンドは、Get-AzStorageBlob コマンドレットを使用して ContosoUploads コンテナー内の Planning2015 という名前の BLOB を取得し、その BLOB を現在のコマンドレットに渡します。 このコマンドは、ContosoPlanning という名前のファイルを Planning2015 としてアップロードします。 このコマンドでは、 Force パラメーターは指定されません。 コマンドを実行すると、確認を求められます。 コマンドを確認すると、コマンドレットによって既存の BLOB が上書きされます。

例 4: パイプラインを使用してコンテナーにファイルをアップロードする

PS C:\>Get-AzStorageContainer -Container "ContosoUpload*" | Set-AzStorageBlobContent -File "ContosoPlanning" -Blob "Planning2015"

このコマンドは、 Get-AzStorageContainer コマンドレットを使用して文字列 ContosoUpload で始まるコンテナーを取得し、その BLOB を現在のコマンドレットに渡します。 このコマンドは、ContosoPlanning という名前のファイルを Planning2015 としてアップロードします。

例 5: メタデータと PremiumPageBlobTier を P10 として使用してページ BLOB にファイルをアップロードする

PS C:\>$Metadata = @{"key" = "value"; "name" = "test"}
PS C:\> Set-AzStorageBlobContent -File "ContosoPlanning" -Container "ContosoUploads" -Metadata $Metadata -BlobType Page -PremiumPageBlobTier P10

最初のコマンドは、BLOB のメタデータを含むハッシュ テーブルを作成し、そのハッシュ テーブルを $Metadata 変数に格納します。 2 番目のコマンドは、ContosoPlanning という名前のファイルを ContosoUploads という名前のコンテナーにアップロードします。 BLOB には、$Metadataに格納されているメタデータが含まれており、PremiumPageBlobTier は P10 です。

例 6: 指定された BLOB プロパティを持つ BLOB にファイルをアップロードし、StandardBlobTier をクールに設定する

PS C:\> $filepath = "c:\temp\index.html"
PS C:\> Set-AzStorageBlobContent -File $filepath -Container "contosouploads" -Properties @{"ContentType" = [System.Web.MimeMapping]::GetMimeMapping($filepath); "ContentMD5" = "i727sP7HigloQDsqadNLHw=="} -StandardBlobTier Cool

   AccountName: storageaccountname, ContainerName: contosouploads

Name                 BlobType  Length          ContentType                    LastModified         AccessTier SnapshotTime                 IsDeleted  VersionId                     
----                 --------  ------          -----------                    ------------         ---------- ------------                 ---------  ---------                     
index.html           BlockBlob 403116          text/html                      2020-09-22 08:06:53Z Cool                                    False

このコマンドは、指定した BLOB プロパティを使用して contosouploads という名前のコンテナーにファイル c:\temp\index.htmlをアップロードし、StandardBlobTier をクールに設定します。 このコマンドは、[System.Web.MimeMapping]::GetMimeMapping() API によって ContentType 値を BLOB プロパティに設定します。

例 7: 暗号化スコープを持つ BLOB にファイルをアップロードする

PS C:\> $blob = Set-AzStorageBlobContent  -File "mylocalfile" -Container "mycontainer" -Blob "myblob"  -EncryptionScope "myencryptscope"

PS C:\> $blob.BlobProperties.EncryptionScope
myencryptscope

このコマンドは、暗号化スコープを持つ BLOB にファイルをアップロードします。

パラメーター

-AsJob

バックグラウンドでコマンドレットを実行します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Blob

BLOB の名前を指定します。 このコマンドレットは、このパラメーターで指定された Azure Storage BLOB にファイルをアップロードします。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-BlobType

このコマンドレットがアップロードする BLOB の種類を指定します。 このパラメーターの有効値は、次のとおりです。

  • ブロックする
  • ページ
  • 追加する

既定値は [ブロック] です。

Type:String
Accepted values:Block, Page, Append
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ClientTimeoutPerRequest

1 つのサービス要求に対するクライアント側のタイムアウト間隔を秒単位で指定します。 指定した間隔で前の呼び出しが失敗した場合、このコマンドレットは要求を再試行します。 このコマンドレットは、間隔が経過する前に正常な応答を受け取らない場合、このコマンドレットはエラーを返します。

Type:Nullable<T>[Int32]
Aliases:ClientTimeoutPerRequestInSeconds
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-CloudBlob

CloudBlob オブジェクトを指定します。 CloudBlob オブジェクトを取得するには、Get-AzStorageBlob コマンドレットを使用します。

Type:CloudBlob
Aliases:ICloudBlob
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-CloudBlobContainer

Azure Storage クライアント ライブラリから CloudBlobContainer オブジェクトを指定します。 このコマンドレットは、このパラメーターで指定されたコンテナー内の BLOB にコンテンツをアップロードします。 CloudBlobContainer オブジェクトを取得するには、Get-AzStorageContainer コマンドレットを使用します。

Type:CloudBlobContainer
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-ConcurrentTaskCount

同時ネットワーク呼び出しの最大数を指定します。 このパラメーターを使用すると、同時ネットワーク呼び出しの最大数を指定することで、ローカル CPU と帯域幅の使用量を調整するようにコンカレンシーを制限できます。 指定した値は絶対カウントであり、コア数には乗算されません。 このパラメーターは、1 秒あたり 100 キロビットなど、低帯域幅環境でのネットワーク接続の問題を軽減するのに役立ちます。 既定値は 10 です。

Type:Nullable<T>[Int32]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Container

コンテナーの名前を指定します。 このコマンドレットは、このパラメーターが指定するコンテナー内の BLOB にファイルをアップロードします。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Context

Azure ストレージ コンテキストを指定します。 ストレージ コンテキストを取得するには、New-AzStorageContext コマンドレットを使用します。 読み取りアクセス許可なしで SAS トークンから作成されたストレージ コンテキストを使用するには、-Force パラメーターを追加して BLOB の存在の確認をスキップする必要があります。

Type:IStorageContext
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-EncryptionScope

BLOB への要求を行うときに使用する暗号化スコープ。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-File

BLOB コンテンツとしてアップロードするファイルのローカル ファイル パスを指定します。

Type:String
Aliases:FullName
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Force

確認を求めずに、このコマンドレットによって既存の BLOB が上書きされることを示します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Metadata

アップロードされた BLOB のメタデータを指定します。

Type:Hashtable
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PremiumPageBlobTier

ページ BLOB 層

Type:PremiumPageBlobTier
Accepted values:Unknown, P4, P6, P10, P20, P30, P40, P50, P60, P70, P80
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Properties

アップロードされた BLOB のプロパティを指定します。 サポートされているプロパティは、CacheControl、ContentDisposition、ContentEncoding、ContentLanguage、ContentMD5、ContentType です。

Type:Hashtable
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ServerTimeoutPerRequest

要求のサービス側のタイムアウト間隔を秒単位で指定します。 サービスが要求を処理する前に指定された間隔が経過すると、ストレージ サービスはエラーを返します。

Type:Nullable<T>[Int32]
Aliases:ServerTimeoutPerRequestInSeconds
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-StandardBlobTier

ブロック BLOB 層、有効な値はホット/クール/アーカイブです。 詳細を参照してください。 https://docs.microsoft.com/azure/storage/blobs/storage-blob-storage-tiers

Type:String
Accepted values:Hot, Cool, Archive
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Tag

BLOB タグ

Type:Hashtable
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-TagCondition

一致条件を確認するオプションの Tag 式ステートメント。 BLOB タグが指定された式と一致しない場合、BLOB 要求は失敗します。 詳細については、 https://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/storageservices/specifying-conditional-headers-for-blob-service-operations#tags-conditional-operations を確認してください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

CloudBlobContainer

CloudBlob

IStorageContext

出力

AzureStorageBlob