実行プランの表示と保存

適用対象:データベース Azure SQL Managed Instance Azure SQL SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このセクションでは、Microsoft SQL Server Management Studio を使用して実行プランを表示する方法と、実行プランを XML 形式でファイルに保存する方法について説明します。

実行プランでは、SQL Serverクエリ オプティマイザーによって選択されたデータ取得メソッドがグラフィカルに表示されます。 実行プランは、SET SHOWPLAN_ALL または SET SHOWPLAN_TEXT ステートメントによって生成される表形式表現ではなく、アイコンを使用してSQL Server内の特定ステートメントとクエリの実行コスト表します。 グラフィカルな実行プランの表示は、クエリのパフォーマンスの特徴を理解するうえで役立ちます。  

SQL Server クエリ オプティマイザーでは実行プランが 1 つだけ生成されますが、推定実行プランと実際の実行プランの概念があります。

  • 推定実行プランは、コンパイル時にクエリ オプティマイザーが生成する実行プランを返します。 推定実行プランを生成しても、実際にはクエリやバッチが実行されません。そのため、実際のリソース使用状況のメトリックやランタイムの警告など、実行時情報が含まれていません。
  • 実際の実行プランは、クエリまたはバッチが実行を完了した後に、クエリ オプティマイザーが生成する実行プランを返します。 実際の実行プランには、リソース使用状況のメトリックやランタイムの警告に関するランタイム情報が含まれます。  

クエリ実行プランの詳細については、「クエリ処理アーキテクチャ ガイド」を参照してください。

このセクションの内容