sp_dropdevice (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

SQL Server データベース エンジンのインスタンスからデータベース デバイスまたはバックアップ デバイスを削除し、master.dbo.sysdevices からエントリを削除します。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_dropdevice [ @logicalname = ] 'device'   
    [ , [ @delfile = ] 'delfile' ]  

引数

[ @logicalname = ] 'device'master.dbo.sysdevices.name に記載されているデータベース デバイスまたはバックアップ デバイスの論理名です。 devicesysname で、既定値はありません。

[ @delfile = ] 'delfile' 物理バックアップ デバイス ファイルを削除するかどうかを指定します。 delfilevarchar(7) ですDELFILE として指定すると、物理バックアップ デバイスのディスク ファイルが削除されます。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

結果セット

なし

解説

sp_dropdevice は、トランザクション内では使用できません。

アクセス許可

diskadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。

次の例では、 tapedump1 データベース エンジンからテープ ダンプ デバイスを削除します。

EXEC sp_dropdevice 'tapedump1';  

関連項目

バックアップ デバイス (SQL Server)
バックアップ デバイスの削除 (SQL Server)
sp_addumpdevice (Transact-SQL)
sp_helpdb (Transact-SQL)
sp_helpdevice (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)