@@ROWCOUNT (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance

最後のステートメントの影響を受けた行数を返します。 行の数が 20億を超える場合は、次のようを使用して ROWCOUNT_BIGです。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

@@ROWCOUNT  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

戻り値の型

int

解説

TransactSQL ステートメントでは、次の方法で @@ROWCOUNT に値を設定できます。

  • @@ROWCOUNT に、影響を受ける行または読み取られる行の数を設定します。 行はクライアントに送信される場合と、送信されない場合があります。

  • 前にステートメントを実行したときの @@ROWCOUNT を保存します。

  • @@ROWCOUNT を 0 にリセットしますが、クライアントにはその値を返しません。

単純な割り当てを行うステートメントの場合、@@ROWCOUNT の値は常に 1 に設定されます。 行はクライアントに送信されません。 これらのステートメントの例を示します。 設定local_variable, 、RETURN、READTEXT、および選択せずに、クエリ SELECT getdate や SELECT 'などのステートメントを実行する ' *一般テキスト*'です。

クエリで割り当てを行うステートメント、またはクエリ セットで RETURN を使用するステートメントは、クエリに影響を受ける行数、またはクエリで読み取られる行数を @@ROWCOUNT 値に設定します。たとえば、SELECT @local_variable = c1 FROM t1 のようになります。

データ操作言語 (DML) ステートメントは、@@ROWCOUNT 値に、クエリに影響を受ける行の数を設定し、この値をクライアントに返します。 DML ステートメントは、クライアントに行を送信しない場合もあります。

DECLARE CURSOR および FETCH は、@@ROWCOUNT 値に 1 を設定します。

EXECUTE ステートメントは、前の @@ROWCOUNT を保存します。

USE、SET <option>、DEALLOCATE CURSOR、CLOSE CURSOR、PRINT、RAISERROR、BEGIN TRANSACTION、COMMIT TRANSACTION などのステートメントは、ROWCOUNT 値を 0 にリセットします。

ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでは、直前の @@ROWCOUNT が維持されます。 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャ内の Transact-SQL ステートメントでは、@@ROWCOUNT が設定されません。 詳細については、次を参照してください。 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャです。

次の例では、UPDATE ステートメントを実行し、@@ROWCOUNT を使用して、変更された行があるかどうかを調べます。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
UPDATE HumanResources.Employee   
SET JobTitle = N'Executive'  
WHERE NationalIDNumber = 123456789  
IF @@ROWCOUNT = 0  
PRINT 'Warning: No rows were updated';  
GO  

参照

システム関数 (Transact-SQL)
SET ROWCOUNT (Transact-SQL)