RESTORE ステートメント - LABELONLY (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Managed Instance

指定のバックアップ デバイスによって識別されたバックアップ メディアについての情報が含まれている結果セットを返します。

注意

引数の説明については、「RESTORE の引数 (Transact-SQL)」を参照してください。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
RESTORE LABELONLY   
FROM <backup_device>   
[ WITH   
 {  
--Media Set Options  
   MEDIANAME = { media_name | @media_name_variable }   
 | MEDIAPASSWORD = { mediapassword | @mediapassword_variable }  
  
--Error Management Options  
 | { CHECKSUM | NO_CHECKSUM }   
 | { STOP_ON_ERROR | CONTINUE_AFTER_ERROR }  
  
--Tape Options  
 | { REWIND | NOREWIND }   
 | { UNLOAD | NOUNLOAD }    
 } [ ,...n ]  
]  
[;]  
  
<backup_device> ::=  
{   
   { logical_backup_device_name |  
      @logical_backup_device_name_var }  
   | { DISK | TAPE | URL } = { 'physical_backup_device_name' |  
       @physical_backup_device_name_var }   
}  
  

Note

URL は、Microsoft Azure Blob Storage の場所とファイル名を指定するために使用される形式であり、SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 以降でサポートされています。 Microsoft Azure ストレージはサービスですが、実装はディスクやテープと似ており、3 つのデバイスすべてで一貫したシームレスな復元エクスペリエンスを実現できます。

引数

RESTORE LABELONLY 引数の説明については、「RESTORE の引数 (Transact-SQL)」を参照してください。

結果セット

RESTORE LABELONLY の結果セットは 1 行のデータで構成され、次の情報が含まれています。

列名 データ型 説明
MediaName nvarchar(128) メディアの名前
MediaSetId uniqueidentifier メディア セットの一意な識別番号。
FamilyCount int メディア セット内のメディア ファミリの数。
FamilySequenceNumber int メディア ファミリのシーケンス番号
MediaFamilyId uniqueidentifier メディア ファミリの一意な識別番号。
MediaSequenceNumber int メディア ファミリ内にあるこのメディアのシーケンス番号。
MediaLabelPresent tinyint メディアの説明に含まれる内容

1 = Microsoft Tape Format メディア ラベル

0 = メディアの説明
MediaDescription nvarchar (255) 自由形式のテキストによるメディアの説明、または Tape Format メディアラベル。
SoftwareName nvarchar(128) ラベルを作成したバックアップ ソフトウェアの名前。
SoftwareVendorId int バックアップを作成したソフトウェア ベンダーの一意なベンダー識別番号。
MediaDate datetime ラベルが作成された日時。
Mirror_Count int セットにあるミラーの数 (1 ~ 4)

注: セット内の各ミラーに対して作成されたラベルは同一のものです。
IsCompressed bit バックアップが圧縮されているかどうか。

0 = 非圧縮

1 = 圧縮

注意

目的のメディア セットにパスワードが定義されているとき、RESTORE LABELONLY からは、MEDIAPASSWORD オプションに正しいメディア パスワードが指定された場合にのみ情報が返されます。

全般的な解説

RESTORE LABELONLY を実行すると、バックアップ メディアに含まれている内容をすばやく確認できます。 RESTORE LABELONLY ステートメントはメディア ヘッダーだけを読み取っているので、大容量のテープ デバイスを使用しているときでも処理が短時間で終了します。

セキュリティ

バックアップ操作では、メディア セットのパスワードを指定することもできます。 メディア セットにパスワードが設定されている場合は、RESTORE ステートメントで正しいパスワードを指定する必要があります。 このパスワードによって、Microsoft SQL Server ツールを使用して不正に復元操作が行われたり、メディアにバックアップ セットが不正に追加されたりするのを防ぎます。 ただし、BACKUP ステートメントで FORMAT オプションが使用された場合、パスワードでメディアの上書きを防ぐことはできません。

重要

パスワードによる保護は強力なものではありません。 権限の有無にかかわらず、ユーザーが SQL Server ツールを使用して不適切な復元を行わないようにすることを目的としています。 その他の手段によるバックアップ データの読み取りやパスワードの置き換えを防ぐわけではありません。 この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションでは変更を検討してください。バックアップ保護のベスト プラクティスは、バックアップ テープを安全な場所に保存するか、バックアップしたディスク ファイルを適切なアクセス制御リスト (ACL) で保護することです。 ACL は、バックアップを作成するディレクトリのルートに設定する必要があります。

アクセス許可

SQL Server 2008 (10.0.x) 以降のバージョンでは、バックアップ セットやバックアップ デバイスに関する情報の取得には CREATE DATABASE 権限が必要になります。 詳細については、GRANT データベースの権限の許可 (Transact-SQL) に関する記事を参照してください。

参照

BACKUP (Transact-SQL)
メディア セット、メディア ファミリ、およびバックアップ セット (SQL Server)
RESTORE REWINDONLY (Transact-SQL)
RESTORE VERIFYONLY (Transact-SQL)
RESTORE (Transact-SQL)
バックアップの履歴とヘッダーの情報 (SQL Server)