アイテム在庫照会の残高が Microsoft Dynamics GP で正しくありません

この記事では、[アイテム在庫照会] ウィンドウの上部行の [残高] フィールドが合計してトランザクションの金額と等しくないという問題に対する解決策を提供します。

適用対象:   Microsoft Dynamics GP
元の KB 番号:   2647425

現象

Microsoft Dynamics GP では、[アイテム在庫照会] ウィンドウでアイテムの数量を確認しても、最初のトランザクション行の [残高] フィールドは、そのトランザクションの量と同じではありません。 たとえば、最初に表示されるトランザクションは数量 5 の増加調整ですが、[ 残高 ] フィールドには 3 が表示されます。

原因

[アイテム在庫照会] ウィンドウの [残高] フィールドが正しく表示されません。

  1. ウィンドウ の下部にある Total Stock が正しくありません。 「解決策 1」を参照してください

  2. [ 履歴の維持 - トランザクション] チェック ボックスは、[アイテムのメンテナンス オプション] のアイテムに対して一貫してマークされていない。 「解決策 2」を参照してください。

  3. [インベントリ トランザクション履歴の削除] ウィンドウを使用して、このアイテムの履歴トランザクションが削除されました。 「解決策 2」を参照してください

  4. 投稿中に中断すると、IV30300 が正しく更新または更新されませんでした。 「解決策 2」を参照してください

  5. このアイテムに相当する単位が変更されました。 「解決策 3」を参照してください

  6. シリアル番号付きまたはロット番号付きアイテムであり、在庫に含めなかった商品を販売するために数量が上書きされました。 たとえば、0 を手に入れたときに、アイテムの 10 を販売したとします。 「解決策 4」を参照してください

解決方法 1

ウィンドウの下部にある [合計在庫] を修正するには、[在庫の調整] を実行します。 Microsoft Dynamics GP ウィンドウ ポイントで [ツール] をポイントしてインベントリの調整を実行するには、[ユーティリティ] をポイントし、[インベントリ] をポイントし、[リコンシレ]を選択します。 [問い合わせ] ウィンドウに確認するアイテムを挿入し、[プロセス] を 選択します

解決方法 2

過去のトランザクションが見つからないか不完全な場合は、[アイテム在庫照会] ウィンドウは、このアイテムに対して信頼性が低く、使用を中止する必要がある場合があります。 望ましくない場合は、アイテムを使い終える必要があります。 これを行うには、推奨される手順を次に示します。

  1. On Hand ではない数量がある場合は、在庫転送トランザクションを入力してポストし、その数量バケットに移動します。

  2. 注意

    アイテムの現在の [手の数量] を入力し、在庫減少トランザクションを入力して転記して、その数量を 0 に設定します。

  3. [インベントリ トランザクション履歴の削除] を使用して、このアイテムのすべてのトランザクション履歴を削除します。

  4. この時点で、[アイテム在庫照会] ウィンドウの [合計在庫数] と [数量残高] が 0 になります。 この情報 を今後も 維持するために、[アイテムのメンテナンス オプション] ウィンドウで [履歴の維持 - トランザクション] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  5. 在庫調整トランザクションの増加を入力して、必要な数量を手に戻します。

    [アイテム在庫照会] ウィンドウが正しく表示されます。

    注意

    このウィンドウを修正するために、バックエンド内のデータを操作するには、SQLを使用できます。

    顧客:
    データ操作コンサルティング サービスの詳細については、レコードのパートナーに連絡してください レコードのパートナーがいない場合は 、Microsoft Pinpoint にアクセスしてパートナーを特定してください。

    パートナー:
    データ操作コンサルティング サービスの詳細については、Microsoft Advisory Services at 800-MPN-SOLVE にお問い合わせください。

解決策 3

同等の測定単位が変更された場合、[アイテム在庫照会] ウィンドウはこのアイテムに対して信頼性が低く、使用を停止する必要がある場合があります。 望ましくない場合は、アイテムを使い終える必要があります。 推奨される手順については 、「解決策 2」 の手順を参照してください。

解決策 4

シリアル番号付きアイテムまたはロット番号付きアイテムを上書きしても、数量が負の値にならなわない場合、それらの 10 個の売り上がりは 0 に設定された状態に置き去りにしました。 数量を持ち込んだ場合 (10 と仮定)、オーバーライドを消費するのではなく、数量を増やしました。 これで、10 のオーバーロードによって、現在の数量が過大評価されます。 [アイテム在庫照会] ウィンドウを修正するには、次の手順を実行します。

  1. 減額トランザクションを入力して投稿して、在庫から 10 個を取り出して、現在の数量を正しく設定します。 通常、この減少は総勘定元帳には投稿されません。

  2. [トランザクション履歴の削除] を使用して、手順 A で行われたトランザクションをインベントリ履歴から削除します。 [在庫トランザクション履歴の削除] ウィンドウで、[範囲] で [ドキュメント番号] を選択し、手順 A からトランザクションのドキュメント番号を挿入します。プロセス。

[アイテム在庫照会] ウィンドウと [手の数量] が正しく表示されます。

詳細

このウィンドウの [残高] 列は、下部の [在庫合計] フィールドの数量から計算されます。 これは、IV00102 (アイテム数量マスター) テーブルの数量フィールドから計算されます。 したがって、これらの数量が正しくない場合は、合計在庫も正しくありません。 つまり、計算される残高も正しくない可能性があります。

[合計在庫数] が決定したら、アイテムの数量を減らしたトランザクションを追加し、ウィンドウの下部から上に移動する数量を増やすトランザクションを減算して、[残高] フィールドに表示される項目を決定します。 使用しているトランザクションは、IV30300 (Inventory Transaction Amounts History) テーブルに格納されます。

アイテムの不一致を引き起こしている IV30300 テーブルに不足しているトランザクションまたは他のトランザクションが存在しないかどうかを確認するには、IV30300 のインフローを IV10200 (InventoryPurchase Receipts Work) テーブルのレシートと比較します。 また、IV30300 の減少トランザクションと IV10201 (在庫購入領収書の詳細) テーブルの流出を比較します。