サービスが突然停止したときにエラー 1058 が表示される

この記事では、サービスが突然停止したときに "エラー 1058" が発生する問題の解決策を提供します。

適用対象: Windows 10 - すべてのエディション、Windows 7、Windows Vista、Windows XP
元の KB 番号: 241584

現象

サービスが突然停止すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

エラー 1058: サービスが無効になっているか、有効なデバイスが関連付けられていないため、サービスを開始できません。

サービスを開始しようとすると、このエラー メッセージが表示される場合もあります。

原因

この問題は、サービスが無効になっている場合、または現在使用しているハードウェア プロファイルでサービスが無効になっている場合に発生する可能性があります。

Windows 10、Windows 7、Windows Vista の解像度

  1. [ スタート] をクリックし、[ サービス] を検索し、検索結果で [ サービス ] をクリックします。

  2. サービスが見つかるまでスクロールし、サービスをダブルクリックします。

    [ルーティングとリモート アクセスのプロパティ ( ローカル コンピューター)] ダイアログ ボックスの [全般] タブの [スタートアップの種類] オプションのスクリーンショット。

  3. サービスが無効になっている場合は、[スタートアップの 種類 ] ボックスの一覧をクリックし、[ 無効] 以外のオプションを選択します。

  4. [適用] をクリックします。

  5. [ 開始] をクリックしてサービスを開始します。

  6. [OK] をクリックします。

Windows XP の解決

  1. [ スタート] ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム] をポイントし、[ 管理ツール] をポイントして、[ サービス] をクリックします。

  2. 停止または無効になっているサービスが見つかるまでスクロールします。

  3. 開始されなかったサービスをダブルクリックします。

  4. [ログオン] タブをクリックします。

    [リモート プロシージャ コール (RPC) ロケーターのプロパティ (ローカル コンピューター)] ダイアログ ボックスの [ログオン] タブのスクリーンショット。

  5. 使用しているハードウェア プロファイルに対してサービスが無効になっていないことを確認します。 ハードウェア プロファイルでサービスが無効になっている場合は、[ 有効] をクリックします。

  6. [ 全般 ] タブをクリックし、[ スタートアップの種類 ] ボックスで、サービスが無効になっていないことを確認します。 サービスが無効になっている場合は、[ 自動] をクリックして、コンピューターの起動時にサービスを開始します。

    [全般] タブの [スタートアップの種類] ボックスのスクリーンショット。

  7. [OK] をクリックします。

詳細情報

サービスが自動的に開始するように設定されているが、使用しているハードウェア プロファイルに対してサービスが無効になっている場合、サービスは開始されておらず、エラー メッセージは生成されません。