Active Directory の変更がレプリケートされない

この記事では、Active Directory ディレクトリ サービスの変更をドメイン コントローラーにレプリケートするときにレプリケーションが完了しない問題の解決策について説明します。

適用対象: Windows Server 2012 R2
元の KB 番号: 830746

現象

Active Directory ディレクトリ サービスの変更を Microsoft Windows Server 2003 ベースのドメイン コントローラーにレプリケートしようとすると、レプリケーションは完了しません。

イベント ログには、次のようなイベントが表示される場合があります。この状況では、repadmin /showrepl コマンドの出力と repadmin /showreps コマンドの出力にもエラー 1818 が表示されます。

原因

この問題は、リモート プロシージャ呼び出し (RPC) ベースのレプリケーションを実行している宛先ドメイン コントローラーが、RPC レプリケーション タイムアウト (分) レジストリ設定で指定された時間内にソース ドメイン コントローラーからレプリケーション変更を受け取らない場合に発生する可能性があります。 この問題は、次のいずれかの状況で最も頻繁に発生することがあります。

  • Active Directory インストール ウィザード (Dcpromo.exe) を使用して、新しいドメイン コントローラーをフォレストに昇格させます。
  • 既存のドメイン コントローラーは、低速ネットワーク リンク経由で接続されているソース ドメイン コントローラーからレプリケートされます。

Windows 2000 ベースのコンピューターの RPC レプリケーション タイムアウト (分) レジストリ設定の既定値は 45 分です。 Windows Server 2003 ベースのコンピューターの RPC レプリケーション タイムアウト (分) レジストリ設定の既定値は 5 分です。 オペレーティング システムを Windows 2000 から Windows Server 2003 にアップグレードすると、RPC レプリケーション タイムアウト (分) レジストリ設定の値が 45 分から 5 分に変更されます。 RPC ベースのレプリケーションを実行している宛先ドメイン コントローラーが、RPC レプリケーション タイムアウト (分) レジストリ設定で指定された時間内に要求されたレプリケーション パッケージを受け取らない場合、宛先ドメイン コントローラーは、応答しないソース ドメイン コントローラーとの RPC 接続を終了し、警告イベントをログに記録します。

解決方法

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください: 322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

この問題を解決するには、Active Directory の変更が 5 分間のタイムアウト期間にレプリケートされるように、ネットワーク接続の帯域幅を増やします。 ネットワーク接続の帯域幅を増やすことができない場合は、Windows Server 2003 ベースのコンピューターのレジストリを編集して、Active Directory レプリケーションの RPC タイムアウトの値を増やします。 RPC タイムアウト値を増やすには、次の手順に従います。

  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
  3. [パラメーター] を右クリックし、[新規] をポイントして、[DWORD 値] をクリックします。
  4. RPC レプリケーション タイムアウト (分) と入力し、Enter キーを押して新しい値に名前を付けます。
  5. [RPC レプリケーション タイムアウト (分)] を右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [ 値のデータ ] ボックスに、Active Directory レプリケーションの RPC タイムアウトに使用する分数を入力し、[OK] をクリック します。 Windows 2000 環境の一部である Windows Server 2003 ベースのコンピューター、または Windows 2000 Server からアップグレードされた Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、この値を 45 分に設定できます。

注:

RPC レプリケーション タイムアウト (分) に加えられた変更をアクティブ化するには、コンピューターを再起動する必要があります。