Share via


Microsoft RemoteFX 3D ビデオ アダプターを有効にした後、リモート デスクトップは VDI ベースのリモート コンピュータに接続できません

この記事では、リモート デスクトップが仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) ベースのリモート コンピューターに接続できない問題に対する解決策を提供します。

適用対象: Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
元の KB 番号: 2820155

現象

VDI ベースの物理マシンまたは Hyper-V サーバーでホストされている仮想マシンに RemoteFX 3D ビデオ アダプターをインストールした後、リモート デスクトップ接続を使用してコンピューターに接続しようとすると、失敗する可能性があります。 さらに、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

[Remote Desktop can't connect to the remote computer for one of these reasons:]\(リモート デスクトップが次のいずれかの理由のためにリモート コンピューターに接続できません。\)

  1. [Remote access to the server is not enabled]\(サーバーへのリモートアクセスが無効です\)
  2. リモート コンピューターがオフになっている
  3. [The remote computer is not available on the network]\(リモート コンピューターがネットワーク上にありません\)

[Make sure the remote computer is turned on and connected to the network, and that remote access is enabled.]\(リモート コンピューターの電源が入っており、ネットワークに接続されていること、リモート アクセスが有効なことを確認してください。\)

また、Windowsイベントログに次のようなエラーが表示される場合もあります。

ログ名: Microsoft-Windows-TerminalServices-SessionBroker/Operational
ソース: Microsoft-Windows-TerminalServices-LocalSessionManager
日付: <日付><時刻>
イベント ID: 17
レベル: エラー
ユーザー: SYSTEM
コンピューター: machinename.domain.com
説明:
リモート デスクトップ サービスの開始に失敗しました。 関連する状態コードは 0x800706b5。

注:

VM から RemoteFX 3D ビデオ アダプターを削除すると、RDPを使用してコンピューターに接続することができます。

原因

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の Service Pack 1 のリリースにより、RemoteFX に新しい Windows ファイアウォール規則が追加されます。 この問題は、RemoteFX Windows ファイアウォール規則が有効になっていない場合に発生します。

Microsoft RemoteFX の詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

Microsoft RemoteFX

解決方法

この問題を解決するには、RemoteFX Windows ファイアウォール規則を手動で有効にする必要があります。

セキュリティが強化された Windows ファイアウォールを使用して RemoteFX ルールを有効にするには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] ウィンドウで [Windows ファイアウォール]をクリックします。
  3. 左側のウィンドウで、[ファイアウォール経由でプログラムまたは機能を許可する] を選択します。
  4. [設定の変更] をクリックします。 管理者のパスワードを要求された場合はパスワードを入力し、確定を要求された場合は確定します。
  5. [許可されたプログラムと機能] で、[ リモート デスクトップ - RemoteFX] の横にあるチェック ボックスを選択し、列のチェック ボックスを使用して、通信を許可するネットワークの場所の種類を選択します。
  6. [OK] をクリックします。

または、[システムのプロパティ] ウィンドウを使用してリモート デスクトップを有効にした場合、ルールは自動的に有効になります。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [システム] アイコンをクリックします。

  3. [コントロール パネル ホーム] で、[リモート設定] をクリックします。

  4. [リモート] タブをクリックします。 [リモート デスクトップ] で、[ このコンピューターへの接続を許可しない] を選択し、[ 適用] をクリックします。

  5. 次に、セキュリティ要件に応じていずれかのオプションを選択します。

    • リモート デスクトップの任意のバージョンを実行しているコンピューターからの接続を許可する (安全性が低い)
    • ネットワーク レベル認証を使用してリモート デスクトップを実行しているコンピューターからの接続のみを許可する (より安全)
  6. [適用]、[OK] の順にクリックします。

詳細情報

次のいずれかの方法を使用して VDI マシンのリモート デスクトップを有効にする場合は、RemoteFX Windows ファイアウォール規則を手動で有効にする必要があります。

  1. WMI コマンドの使用:

     wmic rdtoggle where (AllowTSConnections=0) call SetAllowTSConnections 1  
    
  2. レジストリの切り替え:
    REG.exe ADD "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server" /v fDenyTSConnections /t REG_DWORD /d 0

  3. コマンドまたは Windows ファイアウォール API を使用して netsh リモート デスクトップのファイアウォール例外を有効にする:

     netsh advfirewall firewall set rule group="remote desktop" new enable=Yes  
    
  4. Microsoft TechNet スクリプト センターで提供されている PowerShell スクリプトを使用して VDI デスクトップを構成します。

  5. リモート デスクトップが既に有効になっている仮想デスクトップ上の SP1 を使用して Windows 7 にアップグレードする。