Windows XP ベース、Windows Server 2003 ベース、Windows 2000 ベース、または 4.0 ベースのコンピューター Windows NTログオフの問題が発生する

この記事には、Windows XP、Windows Server 2003、Windows 2000、およびWindows NT 4.0 でログオフの問題を解決するのに役立つ詳細な方法が含まれています。

適用対象: Windows Server 2012 R2、Windows 10
元の KB 番号: 837115

はじめに

コンピューターからログオフしようとすると、ログオフしたり、アプリケーション ログに記録されたイベント メッセージは、ユーザー プロファイルがアンロードされなかったことを示します。 この問題は、コンピューターからログオフしようとしたときに Microsoft Windows またはサード パーティのプログラムの実行が停止しない場合に発生する可能性があります。 この記事には、この問題の解決に役立つ詳細な方法が含まれています。

問題のあるコンピューターでこの Web コンテンツを表示している場合は、このコンテンツに含まれる自動検出および修正ツールを使用できます。 このツールを使用すると、トラブルシューティング プロセスの高速化、正確化、および大幅な容易化に役立ちます。 問題のあるコンピューターにいない場合は、この Web コンテンツを印刷し、問題のあるコンピューターで使用します。

現象

Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000、または Windows NT 4.0 を実行しているコンピューターからログオフしようとすると、次のいずれかの現象が発生することがあります。

  • アプリケーション イベント ID 1000、1500、1517、1524 は、アプリケーション ログに記録されます。 アプリケーション ログにイベントを表示することは、ユーザー プロファイルのアンロード エラーを特定する最も正確な方法です。 アプリケーション ログにこれらのイベントが表示されない場合、ユーザー プロファイルのアンロード エラーはありません。 アプリケーション ログのイベント メッセージの詳細については、「アプリケーション ログ」セクションの イベント メッセージを 参照してください。

  • ログオフ時にローカルにキャッシュされたプロファイルのコピーを削除するように構成されたローミング ユーザー プロファイルを使用する場合、キャッシュされたプロファイルは削除されません。 このエラーの現象は、アプリケーション ログにイベント メッセージとして記録されます。

  • Windows XP および Windows Server 2003 ではログオフできますが、ユーザー プロファイルがアンロードされるまで、ユーザー プロファイルが使用するメモリを回復することはできません。 ローミング ユーザー プロファイルはレジストリの内容のコピーを使用して調整されるため、ログオフできます。 このエラーの現象は、アプリケーション ログにイベント メッセージとして記録されます。

  • Windows 2000 でログオフしようとすると、"設定の保存..." が表示されます。メッセージが長時間表示され、Windows はログオフの試行を停止します。 ネットワーク上でローミング ユーザー プロファイルを使用している場合、Windows は、コンピューター上のユーザー プロファイルがネットワーク上のローミング ユーザー プロファイルと調整されないことを示します。 ユーザー プロファイルがログオフされていないため、ログオンできません。 このエラーの現象は、アプリケーション ログにイベント メッセージとして記録されます。

  • Windows NT 4.0 では、ログオフできず、ローミング ユーザー プロファイルは調整されません。

  • レジストリ サイズ制限 (RSL) に達します。

  • バックアップが開始されない場合があります。 バックアップ プログラムからのアプリケーション ログにエラーはありません。 ただし、イベント ID 1524 が表示された場合、バックアップは実行されていません。

Microsoft ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスを使用してユーザー プロファイルを調整する

この問題を解決するには、Microsoft ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービス (UPHClean) を使用します。 UPHClean はログオフ中にコンピューターを監視し、UPHClean はユーザー プロファイルをアンロードして調整してログオフできるようにします。 このメソッドは、UPHClean をインストールして実行する方法を示します。

注:

UPHClean は、次のオペレーティング システムでサポートされています。

  • Windows XP
  • Windows Server 2003
  • Windows 2000 (すべてのバージョン)

現在のバージョンの UPHClean (v1.6d) は、x64 ベースのバージョンの Windows XP または Windows Server 2003 では機能しません。 これらのオペレーティング システムでは、UPHClean の将来のバージョンがサポートされる可能性があります。

重要

このメソッドでは、現在表示しているページから参照する必要があります。 このページから参照すると、現在表示されているコンテンツは表示されなくなります。 そのため、続行する前に、デスクトップにこの Web ページへのショートカットを作成すると、ショートカットをダブルクリックしてこのページに簡単に戻ることができる場合があります。 デスクトップ上にこの Web ページへのショートカットを作成するには、次の手順に従います。

  1. このページを右クリックし、[ショートカットの 作成] をクリックします。
  2. Internet Explorer ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックしてデスクトップにショートカットを作成します。

このメソッドの評価は簡単です。

推定時間: インターネット接続速度に応じて 10 分以上。

Microsoft ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービス (UPHClean) を使用するには、次の手順に従います。

  1. UPHClean をダウンロードします。

  2. UPHClean インストーラー (UPHClean-Setup.msi) をダウンロードしたらすぐに、インストーラーをダブルクリックしてインストールを開始します。

  3. ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスのインストール ウィザードで、[ 次へ] をクリックします。

  4. [使用許諾契約書] ページで、使用許諾契約書を読み、[ 同意する] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

  5. [インストール フォルダーの選択] ページで、[ 次へ] をクリックします。

  6. [インストールの確認] ページで、[ 次へ] をクリックします。

  7. UPHClean がインストールされたら、[ 閉じる] をクリックします。

    注:

    UPHClean は Windows でサービスとして実行され、Windows が起動するたびに自動的に開始されます。

  8. UPHClean がインストールされて実行されていることを確認するには、[ スタート] をクリックし、[ 実行] をクリックします。

  9. [ 開く ] ボックスに次のテキストを入力し、[OK] をクリック します

    Services.msc

  10. [サービス] の [ 名前] 列で、[ ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ] を探します。 [ 状態] 列で、ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスが 開始されていることを確認します。

重要

Windows Vista と Windows Server 2008 には、UPHClean の機能が含まれています。 Windows Vista または Windows Server 2008 にアップグレードする前に UPHClean をアンインストールします。 UPHClean をアンインストールする方法の詳細については、「ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスをアンインストールする方法」セクションを参照してください。

注:

UPHClean のインストール時にエラーが発生した場合は、次の操作を試してください。

  • UPHClean をコンピューターに再度ダウンロードします。 会社のネットワーク上のコンピューターから UPHClean をインストールしようとしている場合は、まず UPHClean インストーラー (UPHClean-Setup.msi) をコンピューターにコピーします。 次に、このセクションの手順に従って UPHClean をインストールします。
  • Visual C++ アプリケーション用の最新のランタイム コンポーネントをインストールします。 次に、このセクションの手順に従って UPHClean をインストールします。 Windows NT 4.0 を使用している場合は、Visual C++ アプリケーション用の最新のランタイム コンポーネントをインストールした後、コンピューターを再起動します。

検証

このメソッドが機能したことを確認するには、Windows からログオフします。 Windows はすぐにログオフする必要があります。 アプリケーション ログを開き、ユーザー プロファイル エラーが発生したことを示すイベント メッセージがあるかどうかを確認します。 アプリケーション ログのイベント メッセージの詳細については、「アプリケーション ログ」セクションの イベント メッセージを 参照してください。

この方法が機能した場合: Windows からログオフでき、ユーザー プロファイルのアンロード エラーが発生したことを示すイベント メッセージがない場合は、問題を正常に修正しました。

このメソッドが機能しなかった場合: Windows からログオフできない場合、またはユーザー プロファイルアンロード エラーが発生したことを示すイベント メッセージがある場合、このメソッドは機能しませんでした。 他のユーザーにヘルプを依頼したり、高度なトラブルシューティングを試したりすることもできます。

高度なトラブルシューティング

この記事に記載されているリソースが問題の解決に役立たない場合や、この記事で説明したものと異なる現象が発生した場合は、Microsoft サポート技術情報で詳細を検索してください。 Microsoft サポート技術情報を検索するには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

https://support.microsoft.com

次に、受信したエラー メッセージのテキストを入力するか、検索フィールドに問題の説明を入力します。

サポートへのお問い合わせ

問題が解決しない場合、残念ながら、このコンテンツはこれ以上お役に立てません。 そのため、他のユーザーにヘルプを依頼する場合もあれば、次の Microsoft Web サイトにアクセスすることもできます。

https://support.microsoft.com/contactus

詳細情報

ユーザー プロファイルとユーザー アカウント

ユーザー プロファイルは、コンピューターを見やすくし、見た目や動作に合わせて動作させる設定のコレクションです。 ユーザー プロファイルには、デスクトップの背景、スクリーン セーバー、ポインター設定、サウンド設定、およびその他の機能の設定が含まれています。 ユーザー プロファイルは、Windows にログオンするときに個人設定が使用されていることを確認します。

ユーザー プロファイルは、Windows へのログオンに使用するユーザー アカウントとは異なります。 各ユーザー アカウントには、少なくとも 1 つのユーザー プロファイルが関連付けられます。

ユーザー アカウントは、ユーザーが Windows で実行できるアクションを定義します。 スタンドアロン コンピューターまたはワークグループのメンバーであるコンピューターでは、ユーザー アカウントによって、各ユーザーに割り当てられているアクセス許可が確立されます。 ネットワーク ドメインの一部であるコンピューターでは、ユーザーは少なくとも 1 つのグループのメンバーである必要があります。 グループに付与されるアクセス許可と権限は、そのメンバーに割り当てられます。

ユーザー プロファイル ハイブの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

ユーザー プロファイル ハイブ

レジストリの種類

ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービス

ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスは、ユーザーがログオフしたときにユーザー セッションが完全に終了することを確認するのに役立ちます。 システム プロセスとアプリケーションは、ユーザーがログオフした後、ユーザー プロファイル内のレジストリ キーへの接続を保持することがあります。 このような場合、ユーザー セッションは完全に終了できません。 これにより、ネットワーク環境でローミング ユーザー プロファイルを使用する場合や、Windows XP のShared Computer Toolkitを使用してロックされたプロファイルを使用する場合に問題が発生する可能性があります。

Windows 2000 では、アプリケーション ログにイベント ID 1000 が表示され、メッセージ テキストにプロファイルがアンロードされておらず、エラーが "アクセスが拒否されました" ことを示す場合は、ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスを利用できます。Windows XP と Windows Server 2003 では、イベント ID 1517 と 1524 は同じ問題を示します。

ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスは、ログオフしたユーザーとレジストリ ハイブがまだ読み込まれているユーザーを監視します。 これが発生すると、サービスは、Hives に対して開かれたハンドルを持つアプリケーションを決定し、それらを解放します。 アプリケーション名と開いたままにしたレジストリ キーをログに記録します。 これが発生すると、システムはプロファイルのアンロードを完了します。

アプリケーション ログ内のイベント メッセージ

Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000、または Windows NT 4.0 を実行しているコンピューターからログオフしようとすると、アプリケーション ログ内の次のいずれかのイベント メッセージがユーザー プロファイル エラーの症状になります。

注:

イベント メッセージは、さまざまな理由で発生する可能性があります。 イベントを受け取った場合は、毎回同じ説明があることを確認します。 これにより、イベントがユーザー プロファイル エラーによって発生しているかどうかを判断するのに役立ちます。

アプリケーション ログを表示する方法

アプリケーション ログを表示するには、次の操作を行います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [ 開く ] ボックスに次のテキストを入力し、[ OK] をクリックします。

    eventvwr.msc

  3. イベント ビューアーで、[アプリケーション] をクリックします。

Windows Vista および Windows Server 2008

UPHClean (v1.6) の機能は、Windows Vista および Windows Server 2008 ユーザー プロファイル サービスに含まれています。 ユーザー プロファイル サービスは、ユーザー プロファイルログオフ エラーが発生しないようにするために必要なすべての作業を実行します。

ユーザー プロファイル サービスがユーザー プロファイルのアンロードを防止するアクションを実行すると、イベント 1530 がログに記録されます。

Windows XP および Windows Server 2003

Windows 2000

Windows NT 4.0

ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービスをアンインストールする方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [ 開く ] ボックスに次のテキストを入力し、[ OK] をクリックします。

    appwiz.cpl

  3. [ プログラムの追加と削除] で、[ ユーザー プロファイル Hive クリーンアップ サービス] をクリックし、[削除] をクリック します

  4. [はい] をクリックします。