TaskbarManager クラス

定義

タスク バーにアプリケーションをピン留めするためのメソッドを提供します。

public ref class TaskbarManager sealed
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.UniversalApiContract, 327680)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
class TaskbarManager final
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract), 327680)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
[Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
public sealed class TaskbarManager
Public NotInheritable Class TaskbarManager
継承
Object IInspectable TaskbarManager
属性

Windows の要件

デバイス ファミリ
Windows 10 Fall Creators Update (10.0.16299.0 で導入)
API contract
Windows.Foundation.UniversalApiContract (v5.0 で導入)

注釈

バージョン履歴

Windows のバージョン SDK バージョン 追加された値
1809 17763 IsSecondaryTilePinnedAsync
1809 17763 RequestPinSecondaryTileAsync
1809 17763 TryUnpinSecondaryTileAsync

プロパティ

IsPinningAllowed

タスク バーへのピン留めを許可するかどうかを取得します。

IsSupported

タスク バーが現在のデバイスに存在するかどうかを取得します。

メソッド

GetDefault()

現在のプロセスでアクティブな タスク バー マネージャー オブジェクトを返します。

IsAppListEntryPinnedAsync(AppListEntry)

指定したアプリケーションがタスク バーに既にピン留めされているかどうかを確認します。

IsCurrentAppPinnedAsync()

現在アクティブなアプリケーションが既にタスク バーにピン留めされているかどうかを確認します。

IsSecondaryTilePinnedAsync(String)

指定したセカンダリ タイルがタスク バーにピン留めされているかどうかを確認します。 ここで説明されているように、ユーザーの承認が必要 です

RequestPinAppListEntryAsync(AppListEntry)

指定したアプリケーションをタスク バーにピン留めするように要求します。

RequestPinCurrentAppAsync()

現在アクティブなアプリケーションをタスク バーにピン留めするように要求します。

RequestPinSecondaryTileAsync(SecondaryTile)

指定したタイルをタスク バーにピン留めする要求。 ここで説明するように、ユーザーの承認が必要 です

重要

制限付きアクセス API: この API はアクセスが制限されています。 この API を使用するには、taskbarsecondarytile@microsoft.com にお問い合わせください。

TryUnpinSecondaryTileAsync(String)

タスク バーからセカンダリ タイルのピン留めを解除しようとします。 ここで説明されているように、ユーザーの承認が必要 です

適用対象

こちらもご覧ください