ApplicationView.ExitFullScreenMode メソッド

定義

アプリを全画面表示モードから除外します。

public:
 virtual void ExitFullScreenMode() = ExitFullScreenMode;
void ExitFullScreenMode();
public void ExitFullScreenMode();
function exitFullScreenMode()
Public Sub ExitFullScreenMode ()

この例では、全画面表示モードを切り替えて PreferredLaunchWindowingMode プロパティを設定する方法を 示します。

<Button x:Name="ToggleFullScreenModeButton" Content="Toggle full screen" 
        Click="ToggleFullScreenModeButton_Click">
private void ToggleFullScreenModeButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    var view = ApplicationView.GetForCurrentView();
    if (view.IsFullScreenMode)
    {
        view.ExitFullScreenMode();
        ApplicationView.PreferredLaunchWindowingMode = ApplicationViewWindowingMode.Auto;
        // The SizeChanged event will be raised when the exit from full-screen mode is complete.
    }
    else
    {
        if (view.TryEnterFullScreenMode())
        {
            ApplicationView.PreferredLaunchWindowingMode = ApplicationViewWindowingMode.FullScreen;
            // The SizeChanged event will be raised when the entry to full-screen mode is complete.
        }
    }
}

注釈

ユーザーがアプリを再起動したときに全画面表示モードを維持するには、TryEnterFullScreenMode の呼び出しが true を返す場合は、PreferredLaunchWindowingModeFullScreen に設定します。 ExitFullScreenMode を呼び出すときは、 PreferredLaunchWindowingMode をAuto または PreferredLaunchViewSize に戻す必要があります。

システムは、ビューが全画面表示モードに入るか終了したときに CoreWindow.SizeChanged イベントを発生させます。 これは、 Window.SizeChanged イベントとして XAML アプリ、 window.resize イベントとして HTML アプリに公開されます。

適用対象

こちらもご覧ください