sc.exe create

サブキーとサービスのエントリをレジストリおよびサービス コントロール マネージャー データベースを作成します。

構文

sc.exe [<servername>] create [<servicename>] [type= {own | share | kernel | filesys | rec | interact type= {own | share}}] [start= {boot | system | auto | demand | disabled | delayed-auto}] [error= {normal | severe | critical | ignore}] [binpath= <binarypathname>] [group= <loadordergroup>] [tag= {yes | no}] [depend= <dependencies>] [obj= {<accountname> | <objectname>}] [displayname= <displayname>] [password= <password>]

パラメーター

パラメーター 説明
<servername> サービスが配置されているリモート サーバーの名前を指定します。 名前は、汎用名前付け規則 (UNC) 形式を使用する必要があります (たとえば、 \myserver)。 SC.exe をローカルで実行するには、このパラメーターを使用しないでください。
<servicename> によって返されるサービスの名前を指定、 られて 操作します。
type= {own | share | kernel | filesys | rec | interact type= {own | share}} サービスの種類を指定します。 選択肢は次のようになっています。
  • 独自 -独自のプロセスで実行されているサービスを指定します。 実行可能ファイルは他のサービスと共有されません。 これが既定値です。
  • 共有 -共有プロセスとして実行されるサービスを指定します。 その他のサービス実行可能ファイルを共有します。
  • カーネル のドライバーを指定します。
  • filesys -ファイル システム ドライバーを指定します。
  • 推奨値 -ファイル システムで認められたコンピューターで使用されるファイル システムを識別するドライバーを指定します。
  • 対話 -ユーザーからの入力を受け取って、デスクトップと対話可能なサービスを指定します。 対話型サービスは、LocalSystem アカウントで実行する必要があります。 この種類は、type= own または type= shared と組み合わせて使用する必要があります (type= interacttype= own など)。 使用して 型 = 対話 自体でエラーが生成されます。
start= {boot | system | auto | demand | disabled | delayed-auto} サービスの開始の種類を指定します。 選択肢は次のようになっています。
  • ブート のブート ローダーによって読み込まれるデバイス ドライバーを指定します。
  • システム のカーネルの初期化中に開始されるデバイス ドライバーを指定します。
  • 自動 - サービスが自動的に各開始ときに、コンピューターの再起動を指定し、コンピューターにログオンできない場合でも実行できます。
  • 必要に応じて -を手動で起動するサービスを指定します。 これは既定値の場合 開始 = が指定されていません。
  • 無効になっている -サービスを起動できないように指定します。 無効なサービスを開始するには、他のいくつかの値に開始の種類を変更します。
  • 遅延自動 -サービスが自動的に開始短い形式の時刻が、その他の自動サービスの開始後を指定します。
error= {normal | severe | critical | ignore} コンピューターが起動されたときにサービスの開始に失敗した場合のエラーの重大度を指定します。 選択肢は次のようになっています。
  • 通常 -サービスの開始に失敗したユーザーに通知エラーをログに記録し、メッセージ ボックスが表示されることを指定します。 起動が続行されます。 これが既定の設定です。
  • 重大な -エラーが (可能な場合) に記録するように指定します。 コンピューターは、前回正常起動時の構成と再起動を試みます。 コンピューターを再起動することが発生する可能性がサービス可能性がありますもことはできませんを実行します。
  • 重要な -エラーが (可能な場合) に記録するように指定します。 コンピューターは、前回正常起動時の構成と再起動を試みます。 前回正常起動時の構成が失敗した場合、スタートアップも失敗し、ブート プロセスが Stop エラーで停止します。
  • 無視 -エラーがログに記録し、起動処理は続行するように指定します。 イベント ログにエラーを記録する以外のユーザーに通知は表示されません。
binpath= <binarypathname> サービスのバイナリ ファイルへのパスを指定します。 既定値はありません binpath =, 、この文字列を提供する必要があります。
group= <loadordergroup> このサービスがメンバーになっているグループの名前を指定します。 グループの一覧が、レジストリに格納されている、 HKLM\System\CurrentControlSet\Control\ServiceGroupOrder サブキー。 既定値は、null です。
tag= {yes | no} CreateService 呼び出し、TagID で取得するかどうかを指定します。 タグは、ブート開始またはシステム開始ドライバーに対してだけ使用されます。
depend= <dependencies> サービスまたはこのサービスの前に、まずグループの名前を指定します。 名前は、スラッシュ (/) で区切られます。
obj= {<accountname> | <objectname>} サービスが実行されますが、またはドライバーを実行する Windows ドライバー オブジェクトの名前を指定するアカウントの名を指定します。 既定の設定は LocalSystemします。
displayname= <displayname> ユーザー インターフェイス プログラムでサービスを識別するためのフレンドリ名を指定します。 たとえば、1 つの特定のサービスのサブキーの名前は wuauserv, 、自動更新のわかりやすい表示名を持ちます。
password= <password> パスワードを指定します。 ローカル システム アカウント以外のアカウントを使用する場合に必要です。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

解説

  • 各コマンド ライン オプション (パラメーター) には、オプション名の一部として等号を含める必要があります。

  • スペースは、オプションとその値の間で必要な (たとえば、 型 = 独自します。 スペースが省略されていると、操作は失敗します。

NewService サービスの新しいバイナリ パスを作成して登録するには、次のように入力します。

sc.exe \\myserver create NewService binpath= c:\windows\system32\NewServ.exe
sc.exe create NewService binpath= c:\windows\system32\NewServ.exe type= share start= auto depend= +TDI NetBIOS

その他のリファレンス