メール ルーティング (Exchange Server

Exchange 組織内のメールボックス サーバーに存在するトランスポート サービスの主なタスクは、ユーザーや外部ソースから受信したメッセージを最終的な送信先にルーティングすることです。ルーティングの決定は、メッセージの分類時に行われます。カテゴライザーは、トランスポート サービスのコンポーネントであり、すべての受信メッセージを処理し、宛先の情報に基づいてメッセージの処理を決定します。

2016 Exchange 2019 および Exchange 2019 のルーティングは、2013 年Exchangeです。 2010 年と比較したルーティングに対するExchange次に示します。

  • ルーティングはデータベース可用性グループ (DAG) を十分に認識し、DAG メンバーが異なる Active Directory サイトにある場合でも、ルーティングの決定に DAG メンバーシップを使用できます。 DAG に属していないメールボックス サーバーと、以前のバージョンの Exchange との相互運用性のために、Active Directory サイト メンバーシップはルーティングの決定に引き続き使用されます。

  • トランスポート サービスが、メールボックス データベースと直接通信することはありません。代わりに、トランスポート サービスはメールボックス トランスポート サービスとローカルに通信するか、リモートのメールボックス サーバー上のメールボックス トランスポート サービスと通信します。メールボックス トランスポート サービスだけが、ローカル メールボックス データベースと通信します。メールボックス サーバーが DAG のメンバーとなっている場合、メールボックス データベースのアクティブ コピーを保持するメールボックス サーバー上のメールボックス トランスポート サービスだけが、宛先受信者へのメッセージを受け付けます。

  • リモート プロシージャ コール (RPC) は、ローカル メールボックス データベースとの間でメッセージを送受信する際に、メールボックス トランスポート サービスだけが使用します。メールボックス サーバーが DAG のメンバーとなっている場合、メールボックス トランスポート サービスはメールボックス データベースのアクティブ コピーとローカルに通信するときに限り、RPC を使用します。つまり、サーバー間通信またはサービス間通信には RPC は使用されません。代わりに、メールボックス トランスポート サービスとトランスポート サービスとの通信には、常に SMTP が使用されます。

  • Exchange、リモートの宛先に対してより正確なキューが使用されます。 Exchange は、リモート Active Directory サイト内のすべての宛先に 1 つのキューを使用する代わりに、個々の送信コネクタなど、Active Directory サイト内の特定の宛先のメッセージをキューに入れられます。

  • リンクされたコネクタは使用できなくなりました。リンクされたコネクタとは、送信コネクタにリンクされていた受信コネクタです。受信コネクタが受信したメッセージはすべて、自動的に送信コネクタに転送されていました。

ルーティング コンポーネント

メールボックス サーバー上のトランスポート サービスでメッセージが受信されると、メッセージの分類が必要になります。 メッセージの分類の最初の段階は、受信者の解決です。 受信者が解決された後に、最終的な送信先を決定できます。 次の段階のルーティングでは、送信先への最適な到達方法を決定します。 ルーティングのExchangeルーティング先と配信グループの概念を使用して、柔軟性を高め、複雑さを らします。

ルーティング先

メッセージの最終的な宛先は、ルーティング先と 呼ばれる。 Exchange 組織の複雑さに関係なく、ルーティング先は驚くほど少数です。 以下にその例を示します。

  • メールボックス データベース: これは、組織内のメールボックスを持つ受信者のルーティングExchangeです。 2013 Exchange以降では、パブリック フォルダーはメールボックスの一種なので、パブリック フォルダーの受信者へのメッセージのルーティングは、メールボックス受信者へのメッセージのルーティングと同じです。

  • コネクタ: 送信コネクタは、送信コネクタの構成 (アドレススペース、スコープ付きなど) に基づいて SMTP メッセージのルーティング先として使用されます。 同様に、配信エージェント コネクタまたは外部コネクタは、SMTP 以外のメッセージのルーティング先として使用されます。

  • 配布グループ拡張サーバー: これは、配布グループに指定された拡張サーバー (グループのメンバーシップ リストを展開するサーバー) がある場合のルーティング先です。 配布グループ拡張サーバーは、2013 Exchange以降のメールボックス サーバーまたは 2010 ハブ トランスポート サーバー Exchange展開サーバーです。

これらのルーティング先は以前のバージョンの Exchange に存在していましたが、ルーティング先とは呼ばれていなかったことにご注意ください。

配信グループ

1 つ以上のトランスポート サーバーで成るコレクションは、各ルーティング先へのメール配信を実行します。 このトランスポート サーバーのコレクションは、配信グループと 呼ばれる。 トランスポート サーバーという用語は、サーバーが Exchange 2013 以降のメールボックス サーバー (トランスポート サービス) または Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーの混合である可能性があるから使用されます。 ルーティング先と配信グループ間の関係を次の表で説明します。

ルーティング先 配信グループ
Exchange 2013 以降のメールボックス データベース Exchange 2013 以降のメールボックス サーバー。
Exchange 2016 組織の 2010 メールボックス Exchangeデータベース Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーのみ。
コネクタ Exchange 2013 以降のメールボックス サーバー、または 2010 Exchange ハブ トランスポート サーバーを使用します。
配布グループの展開サーバー Exchange 2013 以降のメールボックス サーバー、または 2010 Exchange ハブ トランスポート サーバーを使用します。

メッセージのルーティング方法は、送信元配信グループと宛先配信グループとの関係によって決まります。

  • 送信元と宛先の配信グループが同じ場合は、ルーティングを決定する必要はありません。ルーティング先は、メッセージの次のホップです。

  • 送信元配信グループが宛先配信グループ外にある場合は、ルーティングを決定する必要があります。メッセージは、最小コストのルーティング パスで宛先配信グループに中継されます。Exchange 環境の規模や複雑さによっては、メッセージは、ルーティング先への配信の際、宛先配信グループに到達するまでに多くのトランスポート サーバーを経由して中継される場合があります。

次の表は、Exchange 2016 に存在する配信グループのさまざまな種類についてまとめたものです。

配信グループの種類 配信グループ ルーティング先 コメント
ルーティング可能な DAG
  • Exchange 2019 DAG に属する 2019 メールボックス Exchangeサーバー。
  • Exchange 2016 DAG に属している Exchange 2016 メールボックス サーバー。
  • Exchange 2013 DAG に属している Exchange 2013 メールボックス サーバー。
DAG 内のメールボックス データベース DAG 内のメールボックス サーバーにメッセージが到着すると、トランスポート サービスは、宛先メールボックス データベースのアクティブ コピーを保持している DAG メンバー上にあるメールボックス トランスポート配信サービスにメッセージをルーティングします。さらにメールボックス トランスポート配信サービスは、メッセージをローカル メールボックス データベースに配信します。異なる Active Directory サイトにあるメールボックス サーバーが DAG に含まれている可能性がありますが、DAG は Active Directory サイトではなく、配信グループを定義します。
メールボックス配信グループ (Exchange 2013 以降) Exchange 2013 以降のメールボックス サーバーを Active Directory サイトに保存します。 DAG に属Exchange Active Directory サイト内の 2013 以降のサーバー上のメールボックス データベース。 DAG に属していないサーバー上にあるメールボックス データベースは、同じ Active Directory サイト内のメールボックス サーバー上のトランスポート サービスによって処理されます。

メッセージが Active Directory サイトのメールボックス サーバーに到着すると、トランスポート サービスは SMTP を使用して、メールボックス データベースを保持するメールボックス サーバー上のメールボックス トランスポート配信サービスにメッセージを転送します。 さらに、そのメールボックス トランスポート配信サービスは RPC を使用して、ローカル メールボックス データベースにメッセージを配信します。

つまり、次のメール配信パスは Exchange の異なるバージョン間でサポートされます。

  • Exchange 2019 トランスポート サービスから 2016 メールボックス Exchange 2016 メールボックス データベースへの 2016 メールボックス トランスポート配信サービスExchange移行します。
  • Exchange 2019 トランスポート サービスを 2013 メールボックス Exchange 2013 メールボックス データベースに移行Exchangeする。
  • Exchange 2016 トランスポート サービスを 2019 メールボックス Exchange 2019 メールボックス データベースに移行Exchangeする。
  • Exchange 2016 トランスポート サービスから Exchange 2013 メールボックス データベース (Exchange 2013 メールボックス トランスポート送信サービス経由)。
  • Exchange 2013 トランスポート サービスから 2019 メールボックス Exchange 2019 メールボックス データベースへのメールボックス トランスポート配信サービスExchange移行します。
  • Exchange 2013 トランスポート サービスから Exchange 2016 メールボックス データベース (Exchange 2016 メールボックス トランスポート送信サービス経由)。
メールボックス配信グループ (Exchange 2010) Active Directory サイト内の Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバー Active Directory サイト内の Exchange 2010 メールボックス サーバー上のメールボックス データベース。 Exchange 2010 メールボックス サーバー上にあるメールボックス データベースは、同じ Active Directory サイト内にある Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーによって処理されます。 p> メッセージが Active Directory サイトのランダムな Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーに到着すると、ハブ トランスポート サーバーのストア ドライバーは RPC を使用してメールボックス データベースにメッセージを書き込む。
コネクタの送信元サーバー コネクタのソース トランスポート サーバー Exchange 2013 以降のメールボックス サーバーまたは Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーの混合。 送信コネクタ、配信エージェント コネクタ、または外部コネクタ。 コネクタのスコープが設定されている場合 (つまり、同じ Active Directory サイト内のトランスポート サーバーに制限されている) は、そのサイト内の他のトランスポート サーバーのみがコネクタを認識し、コネクタを使用してメールをルーティングできます。

コネクタのスコープが設定されていない場合は、Active Directory フォレスト全体にあるすべてのトランスポート サーバーがコネクタを認識し、コネクタを使用してメールをルーティングできます。

サーバー リスト 配布Exchange拡張サーバーとして定義されている 2013 以降のメールボックス サーバーまたは Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバー。 配布グループの展開サーバー。 なし
AD サイト 2013 Exchange以降のメールボックス サーバーまたは 2010 ハブ トランスポート Exchangeに存在するサーバーの任意の混合。
  • ハブ サイトとして構成されている Active Directory サイト。
  • サブスクライブ済みエッジ トランスポート サーバーを持つ Active Directory サイト。
なし。メッセージは、実際のルーティング先に向かう途中で Active Directory サイトを経由する必要があります。 この配信グループの種類は、遅延ファンアウトが引き続き使用Exchange 2013 以降で唯一の ルーティング シナリオです。 遅延ファンアウトは、複数のルーティング先が最小コストのルーティング パスの一部を共有したときにメッセージ転送数を減らそうとします。

ハブ サイトは、Active Directory サイトがメッセージの最小コストのルーティング パス上に存在する場合にのみ使用されます。 br/> エッジ トランスポート サーバーの場合、サブスクライブした Active Directory サイト内のメールボックス サーバー上のトランスポート サービスは、そのサーバーが EdgeSync 同期に参加するかどうかに関係なく、エッジ トランスポート サーバーにメッセージを送信できます。 詳細については、「エッジ トランスポート サーバー」をご覧ください。

注意

配信グループのメンバーシップは相互排他的ではありません。 たとえば、DAG のメンバーであるメールボックス サーバーは、送信コネクタのソース トランスポート サーバーにすることもできます。 メールボックス サーバーは、DAG 内のメールボックス データベースに対するルーティング可能な DAG 配信グループ、および送信コネクタに対するコネクタ ソース サーバー配信グループに属します。

キュー

送信側トランスポート サーバーの観点からすると、各メッセージ配信キューは特定のメッセージの送信先を表します。トランスポート サービスがメッセージの送信先を選ぶと、送信先は受信者に NextHopSolutionKey 属性としてスタンプされます。単一のメッセージが複数の受信者に送信される場合、各受信者は NextHopSolutionKey 属性を持ちます。受信側トランスポート サーバーでもメッセージの分類を実行し、メッセージを配信用のキューに入れます。メッセージがキューに入れられた後には、特定のキューの配信の種類を確認して、次ホップの送信先への到達時にメッセージがもう一度中継されるかどうかを確認できます。 NextHopSolutionKey 属性の一意の値はそれぞれ、個別のメッセージ配信キューに対応します。

詳細については、「NextHopSolutionKey」をご覧ください。

メッセージのルーティング

リモート配信グループに配信する必要のあるメッセージについては、そのルーティング パスを決定する必要があります。 Exchange次のロジックを使用して、メッセージのルーティング パスを選択します。 このロジックは、基本的に Exchange 2010 から変更がありません。

  1. 送信先に到達するために通過する必要のある IP サイト リンクのコストを加算して、最小コストのルーティング パスを計算します。送信先がコネクタである場合、選択されたコネクタに到達するために、アドレス スペースに割り当てられたコストが追加されます。複数のルーティング パスが考えられる場合、総コストが最も低いルーティング パスが使用されます。

    :ここでは、コネクタのサイズ制限が 1 つのファクターとなります。メッセージ サイズの制限がメッセージのサイズより小さく設定されているコネクタは考慮されません。詳細については、「Connector selection in external message routing」を参照してください。

  2. 複数のルーティング パスが同じ総コストになっている場合、各パスのホップ数が評価され、ホップ数の最も少ないルーティング パスが使用されます。

  3. それでも複数のルーティング パスが使用可能である場合、送信先の前にある Active Directory サイトに割り当てられている名前が考慮されます。送信先に最も近い Active Directory サイトの名前が英数字順で最下位になるルーティング パスが使用されます。評価されたすべてのルーティング パスで送信先に最も近いサイトが同じであった場合、さらに前のサイトの名前が考慮されます。

Exchange 2010 では、各メッセージ受信者が 1 つの Active Directory サイトだけに関連付けられるので、ソース Active Directory サイトから宛先サイトへの最小コストのルーティングは 1 つしか存在しません。 2013 Exchange以降では、配信グループが複数の Active Directory サイトにまたがる可能性があります。また、それらのサイトへの最小コストのルーティング パスが複数存在する可能性があります。 Exchange、宛先配信グループ内の 1 つの Active Directory サイトをプライマリ サイト として指定します。 プライマリ サイトは、前に述べたルーティング ロジックを基準にした最も近い Active Directory サイトです。 配信グループ間でメッセージを正常にルーティングするには、Exchangeの問題を考慮します。

  • 最小コスト のルーティング パスに沿った 1 つ以上のハブ サイトの存在: プライマリ サイトへの最小コストルーティング パスにハブ サイトが含まれている場合は、メッセージをハブ サイト経由でルーティングする必要があります。 最小コストのルーティング パスに沿った最も近いハブ サイトは、ハブ サイト 内のすべての トランスポート サーバーを含む AD サイトの種類の新しい配信グループとして選択されます。 メッセージがハブ サイトを通過すると、最小コストのルーティング パスに沿ったメッセージのルーティングが続行されます。 プライマリ サイトがハブ サイトである場合、プライマリ サイトは次の理由でハブ サイトと見なされます。

    • 宛先の配信グループが複数の Active Directory サイトにまたがる場合、ソース サーバーはハブ サイト内のサーバーにのみ接続しようとします。

    • ハブ サイト内のサーバーのうちターゲット配信グループに属するサーバーが、優先的に使用されます。

      以前のバージョンの Exchange と同様、プライマリ サイトへの最小コストのルーティング パス上にないハブ サイトは無視されます。

  • 宛先ルーティング Exchange で選択するターゲット サーバー: 宛先配信グループが複数の Active Directory サイトにまたがる場合、配信グループ内の特定のサーバーへのルーティング パスのコストが異なる場合があります。 最も近い Active Directory サイトにあるサーバーは、最小コストのルーティング パスに基づいて配信グループのターゲット サーバーとして選択され、それらのサーバーが存在する Active Directory サイトがプライマリ サイトとして選択されます。

  • 宛先ルーティング グループ内のすべてのサーバーへの接続が失敗した場合のフォールバック オプション: 宛先 配信グループが複数の Active Directory サイトにまたがる場合、最初のフォールバック オプションは、ターゲット サーバーとして選択されていない他の Active Directory サイトの宛先配信グループ内の他のすべてのサーバーです。 サーバーの選択は、他の Active Directory サイトへの最小コストのルーティング パスに基づいて行います。 宛先配信グループにローカルの Active Directory サイトにサーバーがある場合、メッセージは可能な限りターゲット ルーティング先に近いので、他のフォールバック オプションはありません。 宛先配信グループにリモート Active Directory サイトにサーバーがある場合は、プライマリ サイト内の他のすべてのサーバーへの接続を試みるオプションがあります。 失敗した場合は、プライマリ サイトへの最小コストルーティング パスのバックオフ パスが使用されます。 Exchange接続が確立されるまで、最小コストのルーティング パスに沿ってホップでバックオフし、ホップによって、メッセージを可能な限り宛先に近い場所に配信します。

Active Directory サイト間でのメッセージのルーティング

Active Directory サイトExchangeメッセージをルーティングする方法は、2010 年とExchangeです。 詳細については、「 Active Directory サイト間のメールのルーティング」を参照してください

メールボックス サーバー上のフロントエンド トランスポート サービスでのルーティング

フロントエンド トランスポート サービスは、Exchange 組織のすべての受信および (オプションとして) 送信の外部 SMTP トラフィックのステートレス プロキシとして動作します。送信メッセージの場合、トランスポート サービスは、フロント エンド トランスポート サービスと通信するように特別に構成されている場合にのみ、フロント エンド トランスポート サービスと通信します。詳細については、「Configure Send connectors to proxy outbound mail」をご覧ください。

受信メッセージの場合、フロントエンド トランスポート サービスは、単一の正常なトランスポート サービスを直ちに見つけて、受信者の数または種類に関係なくメッセージ転送を受信する必要があります。それに失敗した場合、送信側サーバーは、メール サービスを利用できないと判断します。フロントエンド トランスポート サービスは、トランスポート サービスと同様に、Active Directory からの情報に基づいてルーティング テーブルを読み込み、配信グループを使用してメッセージのルーティング方法を決定します。ただし、フロントエンド トランスポート サービスが使用するルーティング テーブルには、次のような固有の特性があります。

  • メールボックス サーバーとクライアント アクセス サーバーが同じ物理サーバーにインストールされている場合でも、フロントエンド トランスポート サービスは配信グループのメンバーとは見なされません (これは、Exchange 2016 以降では常にそうです)。 この結果、フロントエンド トランスポート サービスの通信先はトランスポート サービスだけに限定されます。

  • ルーティング テーブルには、送信コネクタのルートは一切含まれません。

  • 迅速にフェールオーバーできるように、ルーティング テーブルには、ローカル Active Directory サイト内のメールボックス サーバーの特別なリストが含まれます。

フロントエンド トランスポート サービスでのルーティングによって、メッセージ受信者がメールボックス データベースに解決されます。フロントエンド トランスポート サービスによって使用されるメールボックス サーバーのリストは、メッセージ受信者のメールボックス データベースに基づきます。いずれの受信者もメールボックスを持たない可能性もあります (たとえば、受信者が配布グループまたはメール ユーザーである場合など)。メールボックス データベースごとに、フロントエンド トランスポート サービスは配信グループおよび関連するルーティング情報を参照します。フロントエンド トランスポート サービスによって使用される配信グループには、次のものがあります。

  • ルーティング可能な DAG

  • メールボックス配信グループ

  • AD サイト

受信者の数および種類に応じて、フロントエンド トランスポート サービスは、次のいずれかのアクションを実行します。

  • メールボックス受信者が 1 人のメッセージについては、ターゲット配信グループ内のメールボックス サーバーを選択し、Active Directory サイトの近接度に基づいてメールボックス サーバーを優先します。メッセージを受信者にルーティングする場合に、ハブ サイトを経由する必要があることもあります。

  • メールボックス受信者が複数のメッセージについては、最初の 20 人の受信者を使用し、Active Directory サイトの近接度に基づいて最も近い配信グループ内のメールボックス サーバーを選びます。メッセージの分岐はフロントエンド トランスポート内では発生しません。このため、最終的に選ばれるメールボックス サーバーは、メッセージ内の受信者数に関係なく 1 台だけです。

  • メッセージに対するメールボックス受信者が存在しない場合は、ローカル Active Directory サイト内のランダム メールボックス サーバーを選択します。

メールボックス サーバー上のメールボックス トランスポート サービスでのルーティング

メールボックス トランスポート サービスはメールボックス トランスポート発信サービスとメールボックス トランスポート配信サービスの 2 つの別個のサービスで構成されています。メールボックス トランスポート配信サービスは、トランスポート サービスから SMTP メッセージを受信し、RPC を使用してローカル メールボックス データベースに接続し、メッセージを配信します。メールボックス トランスポート発信サービスは、RPC を使用してローカル メールボックス データベースに接続し、メッセージを取得して、SMTP を介してトランスポート サービスに送信します。メールボックス トランスポート サービスはステートレスであり、メッセージ配信キューを使用しません。

メールボックス トランスポート サービスは、トランスポート サービスと同様に、Active Directory からの情報に基づいてルーティング テーブルを読み込み、配信グループを使用してメッセージのルーティング方法を決定します。ただし、メールボックス トランスポート サービスのルーティングには、他と異なる点があります。

  • トランスポート サービスとメールボックス トランスポート サービスは、同じメールボックス サーバーに存在するので、メールボックス トランスポート サービスは常に、そのメールボックス サーバーと同じ配信グループに属します。 この配信グループは、ローカル配信グループ と呼ばれます

  • メールボックス トランスポート発信サービスは、それ自身のローカル配信グループ内のローカル メールボックス サーバーまたは他のメールボックス サーバー上にあるトランスポート サービスには、自動的にメッセージを送信しません。メールボックス トランスポート発信サービスは、トランスポート サービスと同じルーティング トポロジー情報へのアクセスを許可されているため、配信グループ外のメールボックス サーバー上のトランスポート サービスにメッセージを送信できます。ローカルの配信グループ内のメールボックス サーバーは、フォールバック オプションとして使用され、メールボックスではない受信者への配信に使用されます。

  • メールボックス トランスポート サービスはメールボックス サーバー上のトランスポート サービスとだけ通信します。

  • メールボックス トランスポート サービスは、ローカル メールボックス データベースとだけ通信します。メールボックス トランスポート サービスは、他のメールボックス サーバー上にあるメールボックス データベースとは通信しません。

ユーザーがメールボックスからメッセージを送信すると、メールボックス トランスポート発信サービスによってメッセージ受信者がメールボックス データベースに解決されます。メールボックス トランスポート発信サービスによって使用されるメールボックス サーバーのリストは、メッセージ受信者のメールボックス データベースに基づきます。いずれの受信者もメールボックスを持たない可能性もあります (たとえば、受信者が配布グループまたはメール ユーザーである場合など)。メールボックス データベースごとに、メールボックス トランスポート発信サービスは、配信グループおよび関連するルーティング情報を参照します。メールボックス トランスポート発信サービスによって使用される配信グループには、次のものがあります。

  • ルーティング可能な DAG

  • メールボックス配信グループ

  • AD サイト

受信者の数および種類に応じて、メールボックス トランスポート発信サービスは、次のいずれかのアクションを実行します。

  • メールボックス受信者が 1 人のメッセージについては、ターゲット配信グループ内のメールボックス サーバーを選択し、Active Directory サイトの近接度に基づいてメールボックス サーバーを優先します。メッセージを受信者にルーティングする場合に、ハブ サイトを経由する必要があることもあります。

  • メールボックス受信者が複数のメッセージについては、最初の 20 人の受信者を使用し、Active Directory サイトの近接度に基づいて最も近い配信グループ内のメールボックス サーバーを選択します。

  • メッセージに対するメールボックス受信者が存在しない場合は、ローカル配布グループ内のメールボックス サーバーを選択します。

メールボックス トランスポート配信サービスは、トランスポート サービスからメッセージを受信する際、ローカル メールボックス データベースへのメッセージ配信を受諾または拒否します。メールボックス トランスポート配信サービスは、受信者がローカル メールボックス データベースのアクティブ コピー内に存在する場合、メッセージを配信できます。しかし、受信者がローカル メールボックス データベースのアクティブ コピー内に存在しない場合、メールボックス トランスポート配信サービスはメッセージを配信できず、トランスポート サービスに配信不能応答を送る必要があります。たとえば、最近、メールボックス データベースのアクティブ コピーが別のサーバーに移動された場合は、トランスポート サービスが、アクティブではないメールボックス データベースのコピーを現在保持しているメールボックスに、メッセージを誤って転送する可能性があります。メールボックス トランスポート配信サービスがトランスポート サービスに返す配信不能応答には、次のものがあります。

  • 配信の再試行

  • NDR (配信不能レポート、配信状態通知 (DSN)、またはバウンス メッセージとも呼ばれる) の生成

  • メッセージの再ルーティング

エッジ トランスポート サーバー上のトランスポート サービスでのルーティング

エッジ トランスポート サーバー上のトランスポート サービスは、すべてのインターネット メール フローに対して SMTP リレーおよびスマート ホスト サービスを提供します。インターネットとの間で送受信されるメッセージは、エッジ トランスポート サーバー上でメッセージ配信キューに格納されます。キューは、外部ドメインまたは送信コネクタに対応します。詳細については、「NextHopSolutionKey」をご覧ください。

通常、エッジ トランスポート サーバーを境界ネットワークにインストールする場合は、エッジ トランスポート サーバーを Active Directory サイトにサブスクライブします。Active Directory サイトには、エッジ トランスポート サーバーとの間でメッセージを中継するメールボックス サーバーが含まれます。エッジ サブスクリプション プロセスは、エッジ トランスポート サーバーに関する Active Directory サイトのメンバーシップ関係を作成します。このサイトの関係によって、Active Directory サイト内のメールボックス サーバーは、明示的な送信コネクタを構成しなくても、メッセージをエッジ トランスポート サーバーに中継できます。

複数の Active Directory サイトに Exchange サーバーがある組織では、内部受信者から外部受信者に送られる送信メールは、サブスクライブされた Active Directory サイトに最初にルーティングされます。 ターゲットとなる Active Directory サイトのトランスポート サーバーは、配信グループです。 ルーティング先は、サブスクライブされた Active Directory サイト内の任意のメールボックス サーバー上にあるトランスポート サービス内の組織内送信コネクタです。 組織 内送信コネクタは、 すべてのメールボックス サーバー上のトランスポート サービスに存在する特別な送信コネクタです。 この送信コネクタは、暗黙的に作成され、不可視で、管理を必要とせず、Exchange サーバー間でメッセージを中継するために使用されます。

エッジ トランスポート サーバーへのメールのルーティング方法の詳細については、「メール フローとトランスポート パイプライン 」を参照してください