Exchange Server のシステム要件

Exchange Server 2019 をインストールする前に、このトピックを確認して、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、クライアント、その他の要素が Exchange 2019 の要件を満たしていることを確認することをお勧めします。 また、Exchange 2019 以前のバージョンの Exchange でサポートされている共存シナリオについても理解しておいてください。

Exchange 2019 を実際にインストールするには、「Exchange の新規インストールの展開」を参照してください。

Exchange 2019 でサポートされる共存シナリオ

Exchange 2019 と以前のバージョンの Exchange 間でサポートされている共存シナリオを次の表に示します。

Exchange のバージョン Exchange 2019 の組織での共存
Exchange 2010 と以前のバージョン サポートされていません
Exchange 2013 Exchange 2013 の累積的な更新プログラム 21 (CU21) 以降 (エッジ トランスポート サーバーなどの、組織内のすべての Exchange 2013 サーバー) でサポートされます。
Exchange 2016 Exchange 2016 U11 以降 (エッジ トランスポート サーバーなどの、組織内のすべての Exchange 2016 サーバー) でサポートされます。
Exchange 2013 と Exchange 2016 が混在する組織 組織内のすべての Exchange 2013 および Exchange 2016 サーバーがこの表で前述した要件を満たす場合にサポートされます。

Exchange 2019 でサポートされるハイブリッド展開シナリオ

Exchange 2019 では、最新バージョンの Microsoft 365 またはOffice 365にアップグレードされた Microsoft 365 またはOffice 365組織とのハイブリッド展開がサポートされています。 特定のハイブリッド展開の詳細については、「 ハイブリッド展開の前提条件」を参照してください。

Exchange 2019 のネットワークとディレクトリ サーバーの要件

Exchange 2019 組織内のネットワークとディレクトリ サーバーの要件については、次の表で説明します。

コンポーネント 要件
ドメイン コントローラー フォレスト内のすべてのドメイン コントローラーは、次いずれかのバージョンの Windows サーバーを実行する必要があります。
  • Windows Server 20221 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter
Active Directory フォレスト Active Directory フォレストの機能レベルが Windows Server 2012 R2 以上である。
[Active Directory サイト] Exchange Serverをインストールする Active Directory サイトには、グローバル カタログ サーバーでもある書き込み可能なドメイン コントローラーが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。インストールは失敗します。 さらに、Exchange サーバーをインストールしてから、Active Directory サイトからドメイン コントローラーを削除することはできません。
DNS 名前空間 Exchange 2019 では、次の DNS 名前空間をサポートします。
  • 連続
  • 非連続
  • 単一ラベルのドメイン
  • 不整合

Exchange でサポートされている DNS 名前空間の詳細については、KB2269838 を参照してください。

IPv6 Exchange 2013 以降は、IPv4 がインストールされており、Exchange サーバーで有効になっている場合にのみ、IPv6 をサポートします。

この構成で Exchange を展開し、ネットワークで IPv4 と IPv6 がサポートされている場合、すべての Exchange サーバーは、IPv6 アドレスを使用するデバイス、サーバー、クライアントとの間でデータを送受信できます。 詳細については、「 Exchange 2013 での IPv6 サポート」を参照してください。

1 Windows Server 2022 Active Directory サーバーのサポートが Exchange Server 2019 CU12 (2022H1) で導入されました。

Exchange 2019 のディレクトリ サーバーのアーキテクチャ

64 ビット版 Windows Server の 64 ビット版ハードウェアにある Active Directory ドメイン コントローラーは、Exchange 2019 のディレクトリ サービスのパフォーマンスを向上させます。

Exchange 2019 のディレクトリ サーバーへのインストール

セキュリティとパフォーマンス上の理由から、Active Directory ディレクトリ サーバーに Exchange 2019 をインストールすることはお勧めしません。 Exchange 2019 はメンバー サーバーにのみインストールします。

ディレクトリ サーバーに Exchange をインストールするときに発生する問題の詳細については、「 ドメイン コントローラーへの Exchange のインストールはお勧めしません [WarningInstallExchangeRolesOnDomainController]」を参照してください。 Exchange のインストール後、メンバー サーバーからディレクトリ サーバーへのサーバー ロールの変更、またはその逆の変更はサポートされません。

Exchange 2019 のハードウェア要件

仮想化環境における Exchange の展開の詳細については、「Exchange Server の仮想化」を参照してください。

コンポーネント 要件 メモ
プロセッサ 64 ビット プロセッサの次のいずれかのタイプを指定します。
  • Intel 64 アーキテクチャ (以前の Intel EM64T) をサポートする Intel プロセッサ。
  • AMD64 プラットフォームをサポートする AMD プロセッサ。

注意:

  • Intel Itanium IA64 プロセッサはサポートされていません。
  • サポートされているプロセッサ ソケットの推奨される数は、物理マシン上で最大 2 個までです。
サポートされるオペレーティング システムについては、このトピックで後述する「Exchange 2019 のサポート対象オペレーティング システム」を参照してください。
メモリ Exchange サーバーの役割ごとに異なります。
  • メールボックス: 最小推奨容量 128 GB
  • エッジ トランスポート: 最小推奨量 64 GB。
Exchange 2019 では大容量メモリがサポートされます (最大 256 GB)。
ページング ファイル サイズ ページング ファイルの最小値と最大値は同じサイズ (インストールされているメモリの 25%) に設定します。 なし
ディスク領域
  • Exchange をインストールするドライブに 30 GB 以上の空き領域。
  • システム ドライブに 200 MB 以上の空き領域。
  • メッセージ キュー データベースを格納するドライブに 500 MB 以上の空き領域。
なし
画面解像度 1024 x 768 ピクセル (XGA) 以上 なし
ファイル システム NTFS: 次の種類のファイルを格納するパーティションで必要になります。
  • システム パーティション。
  • Exchange バイナリ。
  • Exchange 診断ログで作成されたファイル。
  • トランスポート データベース ファイル (例: メール キュー データベース)。

ReFS: 次の種類の Exchange ファイルを格納するパーティションで必要になります。

  • メールボックス データベース。
  • トランザクション ログ。
なし

Exchange 2019 のサポート対象オペレーティング システム

Exchange コンポーネント 要件
メールボックスおよびエッジ トランスポート サーバーの役割
  • Windows Server 20221 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard または Datacenter
管理ツール 次のいずれかのバージョンの Windows:
  • Windows Server 20221 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard または Datacenter
  • 64 ビット版の Windows 10

1 Windows Server 2022 のサポートは、Exchange Server 2019 CU12 (2022H1) で導入されました。

注:

  • Windows Server Core を実行しているコンピューターに Exchange 2019 をインストールすることは完全にサポートされており、推奨されます。 デスクトップ エクスペリエンス機能は不要になりました。

  • Nano Server を実行しているコンピューターへの Exchange 2019 のインストールはサポートされていません。

Exchange 2019 サーバーでサポートされている PowerShellの バージョン

Exchange 2019 サーバーは、Exchange がインストールされている Windows Server のリリースに含まれる PowerShell のバージョンをサポートしています。 Exchange サーバーに WMF または PowerShell のスタンドアロン ダウンロードをインストールしないでください。

Exchange 2019 サーバーへの他のソフトウェアのインストール

Exchange サーバーへの Office クライアントまたは Office サーバー ソフトウェア (SharePoint Server、Skype for Business Server、Office Online Server、Project Server など) のインストールはサポートされていません。 その他のソフトウェアを Exchange 2019 サーバーにインストールする場合、そのソフトウェアは Exchange Server と同じコンピューターで実行するように設計されている必要があります。

Exchange 2019 のサポート対象 .NET Framework のバージョン

インストールする Exchange のリリースでサポートされる最新バージョンの .NET Framework を使用してください。

重要

  • 次の表に記載されていない.NET Frameworkのリリースは、Exchange 2019 のリリースではサポートされていません。 これには、.NET Framework のマイナー修正レベルのリリースが含まれます。

  • Exchange 2019 の前提条件の一覧をすべて見るには、ここをクリックしてください。

Exchange 2019 バージョン .NET Framework 4.8 .NET Framework 4.7.2
CU4 から CU12 サポート
CU2、CU3 サポート サポート
RTM、CU1 サポート

Exchange 2019 でサポートされるクライアント (最新の更新プログラムを適用)

  • Microsoft 365 Apps for enterprise
  • Outlook 2021
  • Outlook 2019
  • Outlook 2016
  • Outlook 2013
  • Outlook for Mac for Office 365
  • Outlook 2016 for Mac

重要

Windows 7 の TLS 1.1 1.2 サポートを有効にするには、レジストリ キーを適用するために KB3140245& が必要です。 それ以外の場合、Outlook 2013 および 2016 は Windows 7 で動作しません。

Exchange 2019 との Lync/Skype For Business Server の統合

Exchange Server に Lync のプレゼンスおよびインスタント メッセージングを統合する場合は、Lync Server 2013 累積的な更新プログラム 10 以降が必要です。 Exchange Server に Skype for Business のプレゼンスおよびインスタント メッセージングを統合する場合は、Skype for Business Server の累積的な更新プログラム 7 以降が必要です。

Exchange Server 2016 をインストールする前に、このトピックを確認して、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、クライアント、その他の要素が Exchange 2016 の要件を満たしていることを確認することをお勧めします。 また、Exchange 2016 以前のバージョンの Exchange でサポートされている共存シナリオについても理解しておいてください。

Exchange 2016 を実際にインストールするには、「Exchange の新規インストールの展開」を参照してください。

Exchange 2016 でサポートされる共存シナリオ

次の表に、Exchange 2016 と以前のバージョンの Exchange との間で共存がサポートされるシナリオを示します。

Exchange のバージョン Exchange の組織での共存
組織内のすべての Exchange 2010 サーバー (エッジトランスポート サーバーを含む) 上の Exchange 2010 SP3 以降用の更新プログラムのロールアップ 11 でサポートされます。 非サポート
Exchange 2010 Exchange 2010 および Exchange 2013 が混在する組織
Exchange 2013 Exchange 2010 SP3 の更新プログラムのロールアップ 11 以降 (エッジ トランスポート サーバーなどの、組織内のすべての Exchange 2010 サーバー)。
組織内のすべての Exchange 2013 サーバー (エッジトランスポート サーバーを含む) 上の Exchange 2013 の累積的な更新プログラム 10 以降。 最小で以下のバージョンの Exchange でサポートされます。
  • Exchange 2016 は、最新バージョンの Office 365 にアップグレードされた Office 365 テナントとのハイブリッド展開をサポートします。特定のハイブリッド展開の詳細については、「Hybrid Deployment Prerequisites」を参照してください。
  • Exchange 2016 は、最新バージョンの Office 365 にアップグレードされた Office 365 テナントとのハイブリッド展開をサポートします。

Exchange 2016 でサポートされるハイブリッド展開シナリオ

Exchange 2016 では、最新バージョンの Microsoft 365 またはOffice 365にアップグレードされた Microsoft 365 またはOffice 365組織とのハイブリッド展開がサポートされています。 特定のハイブリッド展開の詳細については、「Hybrid Deployment Prerequisites」を参照してください。

Exchange 2016 のネットワークとディレクトリ サーバーの要件

次の表に、Exchange 2016 組織のネットワークとディレクトリ サーバーの要件を示します。

コンポーネント 要件
ドメイン コントローラー フォレスト内のすべてのドメイン コントローラーは、次いずれかのバージョンの Windows サーバーを実行する必要があります。
  • Windows Server 20221 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard または Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter RTM 以降
Active Directory フォレスト Active Directory フォレストの機能レベルが Windows Server 2008 R2 以上である。
[Active Directory サイト] Exchange Serverをインストールする Active Directory サイトには、グローバル カタログ サーバーでもある書き込み可能なドメイン コントローラーが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。インストールは失敗します。 さらに、Exchange サーバーをインストールしてから、Active Directory サイトからドメイン コントローラーを削除することはできません。
DNS 名前空間のサポート Exchange 2016 は、次のドメイン ネーム システム (DNS) 名前空間をサポートします。
  • 連続
  • 非連続
  • 単一ラベルのドメイン
  • 不整合

Exchange 2016 で、IPv6 がサポートされるのは、IPv4 もインストールされ、有効になっている場合のみです。

IPv6 サポート Exchange 2016 で、IPv6 がサポートされるのは、IPv4 もインストールされ、有効になっている場合のみです。 Exchange 2016 がこの構成で展開されており、ネットワークで IPv4 と IPv6 がサポートされている場合は、すべての Exchange サーバーが、IPv6 アドレスを使用するデバイス、サーバー、およびクライアントとの間でデータを送受信できます。 詳細については、「 Exchange 2013 での IPv6 サポート」を参照してください。

1 Windows Server 2022 Active Directory サーバーのサポートは、Exchange Server 2016 CU23 (2022H1) で導入されました。

Exchange 2016 のディレクトリ サーバーのアーキテクチャ

64 ビットの Active Directory ドメイン コントローラーを使用すると、Exchange 2016 のディレクトリ サービスのパフォーマンスが向上します。

注:

複数ドメイン環境で、Active Directory 言語ロケールを日本語 (ja-jp) に設定している Windows Server 2008 ドメイン コントローラーで、受信レプリケーション中にオブジェクトに格納される属性をサーバーが受信できない場合があります。 詳細については、「KB949189」を参照してください。

ディレクトリ サーバーへの Exchange 2016 のインストール

セキュリティとパフォーマンス上の理由から、Exchange 2016 はメンバー サーバーにのみインストールし、Active Directory ディレクトリ サーバーにはインストールしないことをお勧めします。 ディレクトリ サーバーに Exchange 2016 をインストールするときに発生する可能性がある問題については、「 ドメイン コントローラーへの Exchange のインストールはお勧めしません [WarningInstallExchangeRolesOnDomainController]」を参照してください。 Exchange 2016 のインストール後、メンバー サーバーからディレクトリ サーバーへのロールの変更、またはその逆の変更はサポートされません。

Exchange 2016 のハードウェア要件

仮想化環境における Exchange の展開の詳細については、「Exchange Server の仮想化」を参照してください。

コンポーネント 要件 メモ
プロセッサ 64 ビット プロセッサの次のいずれかのタイプを指定します。
  • Intel 64 アーキテクチャ (以前の Intel EM64T) をサポートする Intel プロセッサ。
  • AMD64 プラットフォームをサポートする AMD プロセッサ。

: Intel Itanium IA64 プロセッサはサポートされていません。

詳細については、「Exchange 2016 展開のサイジング」を参照してください。

サポートされるオペレーティング システムについては、このトピックで後述する「Exchange 2016 のサポート対象オペレーティング システム」を参照してください。

メモリ Exchange サーバーの役割ごとに異なります。
  • メールボックス: 最小 8 GB。
  • エッジ トランスポート: 最小 4 GB。
詳細については、「Exchange 2016 展開のサイジング」を参照してください。
ページング ファイル サイズ ページング ファイルの最小値と最大値は、どちらも次のサイズに設定します。
  • インストールされている RAM が 32 GB 未満の場合: 物理 RAM + 10 MB (最大値 32 GB (32,778 MB))。
  • インストールされている RAM が 32 GB 以上の場合: 32 GB + 10 MB (32,778 MB)
なし
ディスク領域
  • Exchange をインストールするドライブに 30 GB 以上の空き領域と、インストールする予定の各ユニファイド メッセージング (UM) 言語パックごとに 500 MB の追加空き領域。
  • システム ドライブに 200 MB 以上の空き領域。
  • メッセージ キュー データベースを格納するドライブに 500 MB 以上の空き領域。
詳細については、「Exchange 2016 展開のサイジング」を参照してください。
ドライブ DVD-ROM ドライブ (ローカル、またはネットワーク経由でアクセス可能)。 なし
画面解像度 1024 x 768 ピクセル (XGA) 以上 なし
ファイル形式 NTFS: 次の種類のファイルを格納するパーティションで必要になります。
  • システム パーティション。
  • Exchange バイナリ。
  • Exchange 診断ログで作成されたファイル。
  • トランスポート データベース ファイル (例: メール キュー データベース)。

ReFS: 次の種類の Exchange ファイルを格納するパーティションで必要になります。

  • メールボックス データベース。
  • トランザクション ログ。
  • コンテンツのインデックス作成ファイル。
なし

Exchange 2016 のサポート対象オペレーティング システム

重要: Windows Server Core または Nano Server を実行しているコンピューターへの Exchange 2016 のインストールはサポートされていません。 Windows Server デスクトップ エクスペリエンス機能をインストールする必要があります。 Exchange 2016 をインストールするには、次の手順のいずれかを実行して、Exchange 2016 セットアップを開始する前に Windows Server にデスクトップ エクスペリエンスをインストールする必要があります。

  • Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2: Windows PowerShell で次のコマンドを実行します

    Install-WindowsFeature Server-Gui-Mgmt-Infra,Server-Gui-Shell -Restart
    
  • Windows Server 2016 Windows Server 2016 をインストールして、 [デスクトップ エクスペリエンス] インストール オプションを選択します。 コンピューターがコア モードWindows Server 2016実行していて、そのコンピューターに Exchange 2016 をインストールする場合は、オペレーティング システムを再インストールし、[デスクトップ エクスペリエンス] インストール オプションを選択する必要があります。

コンポーネント 要件
メールボックスおよびエッジ トランスポート サーバーの役割
  • Windows Server 2016 Standard または Datacenter1
  • Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard または Datacenter
管理ツール 次のいずれかのバージョンの Windows:
  • Windows Server 2016 Standard または Datacenter1
  • Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard または Datacenter
  • 64 ビット版の Windows 10
  • 64 ビット版の Windows 8.1

1 Exchange Server 2016 累積的な更新プログラム 3 以降が必要です。

サポートされている Exchange 2016 の Windows Management Framework のバージョン

Exchange 2016 は Exchange をインストールしている Windows Server のリリースに組み込まれている Windows Management Framework のバージョンのみをサポートしています。 Exchange を実行しているサーバーでスタンドアロンのダウンロードとして利用できる Windows Management Framework のバージョンはインストールしないでください。

Exchange 2016 サーバーへの他のソフトウェアのインストール

Exchange 2016 サーバーへの Office クライアントまたはその他の Office サーバー製品 (SharePoint Server、Skype for Business Server、Office Online Server、Project Server など) のインストールはサポートされていません。 Exchange 2016 サーバーにソフトウェアをインストールする場合、そのソフトウェアは Exchange Server と同じコンピューターで実行するように設計されている必要があります。

Exchange 2016 のサポート対象 .NET Framework のバージョン

インストールする Exchange のリリースでサポートされる最新バージョンの .NET Framework を使用してください。

重要

  • 次の表に記載されていない.NET Frameworkのリリースは、Exchange 2016 のどのリリースでもサポートされていません。 これには、.NET Framework のマイナー修正レベルのリリースが含まれます。

  • Exchange 2016 の前提条件の一覧をすべて見るには、こちらをご参照ください。

Exchange 2016 バージョン .NET Framework 4.8 .NET Framework 4.7.2 .NET Framework 4.7.1 .NET Framework 4.6.2
CU15 から CU23 サポート
CU13、CU14 サポート サポート
CU11、CU12 サポート サポート
CU10 サポート
CU8、CU9 サポート サポート
CU5、CU6、CU7 サポート

注:

古いバージョンについては、Exchange Server のサポート対象マトリックスをご参照ください。

Exchange 2016 でサポートされるクライアント (最新の更新プログラムを適用)

  • Microsoft 365 Apps for enterprise
  • Outlook 2019
  • Outlook 2016
  • Outlook 2013
  • Outlook 2010 SP2
  • Outlook 2016 for Mac
  • Outlook for Mac for Office 365

Exchange のサード パーティ クライアント

Exchange Server はいくつかの一般的なプロトコルを提供し、サード パーティ ベンダーが多くの場合にクライアントを書き込む API を公開します。

サード パーティ開発者によって作成されたクライアントの全体的な適合性、互換性、またはセキュリティに対する保証について、Microsoft は、明示または黙示に関係なく一切責任を負いません。

プロトコルまたは API を使用するサード パーティのクライアントを使用する場合は、エンタープライズ ワークスペースにクライアントを展開する前に、すべての考慮事項 (機能、セキュリティ、メンテナンス、管理など) を徹底的に確認してテストすることをお勧めします。 また、サード パーティベンダーが適切なエンタープライズ サポート契約 (ESA) を提供していることを確認することをお勧めします。