SharePoint Server のワークフロー

適用対象: yes-img-132013 yes-img-162016 yes-img-192019 yes-img-seサブスクリプション エディション no-img-sopMicrosoft 365 の SharePoint

SharePoint のワークフローを使用すると、ビジネス プロセスをモデル化および自動化できます。 これらのビジネス プロセスは、単純なプロセスから複雑なプロセスまで幅広く利用できます。 ただし、最も重要な点は、ワークフローを管理するのではなく、ユーザーが作業を行う作業に集中できる点です。

ワークフローは、ユーザーがドキュメントで共同作業を行い、プロジェクト タスクを管理するために、ユーザーがドキュメントとアイテムに対してビジネス プロセスを実装することで、SharePointします。 ワークフローは、組織が一貫したビジネス プロセスを遵守し、組織の効率と生産性を向上させるのに役立ちます。

SharePoint 2013 ワークフローとPower Automate

SharePoint Server 2019、お客様のニーズを満たすさまざまなワークフロー テクノロジをサポートしています。 これらのワークフロー テクノロジについては、以下で説明します。

  • 2013 SharePointワークフロー プラットフォームは、ユーザーに推奨されるワークフロー テクノロジSharePoint Server 2019。 これらのワークフローは、Microsoft ワークフロー マネージャーと統合され、ユーザーに安定した信頼性の高いワークフロー エクスペリエンスSharePoint Server 2019。
  • Power Automateは、さまざまなアプリケーションおよびサービス間でアクションを自動化する新しいクラウドベースのプラットフォームです。 ハイブリッド テクノロジにより、オンプレミス データ ゲートウェイをPower Automate、SharePointサーバー環境に統合することもできます。 SharePoint SharePoint Server ライセンスの一部として含まれていない Power Automate Server で Power Automate を使用するには、関連する各ユーザーに Power Apps プラン 1 ライセンスを割り当てる必要があります。 さらに、Power Automateサーバーを使用した非対話型ワークフロー用に現在SharePointされています。 対話型ワークフローが必要な場合は、代わりに 2013 ワークフロー SharePointを確認することをお勧めします。
  • 2010 SharePoint 2010 ワークフロー プラットフォームは、下位互換性SharePoint Server 2019サポートされています。 これにより、SharePoint Sever 2019 で以前のバージョンのサーバーから従来のワークフロー SharePointできます。 2010 SharePointは引き続きサポートされていますが、このテクノロジを使用して新しいワークフローを構築することをお勧めしません。 代わりに、2013 ワークフローまたは 2013 ワークフロー SharePointを探索することをおPower Automate。