次の方法で共有


Windows Server Azure Edition VM をデプロイする

適用対象: Azure Stack HCI バージョン 22H2 および 21H2

Windows Server Azure Edition オペレーティング システムは、Azure Stack HCI 上のゲスト仮想マシン (VM) としてデプロイできます。 この記事では、Azure Stack HCI Marketplace のイメージまたは Azure Marketplace のイメージから始まる Windows Server Azure Edition VM をデプロイしてホットパッチする方法について説明します。

Azure Stack HCI は、Azure Automanage で Windows Server Azure Edition を実行する唯一のオンプレミス プラットフォームです。 Azure Automanage は、 ホットパッチSMB over QUICAzure 用の拡張ネットワークなど、Windows Server Azure Edition 専用の新機能を提供します。

既存の VM を Windows Server Azure Edition にアップグレードするには、「 VM を Windows Server Azure Edition にアップグレードする」を参照してください。

考慮事項

Azure Stack HCI 環境で Windows Server Azure Edition を使用するには、次の 2 つの考慮事項があります。

  • Azure Stack HCI ホストのバージョン: Windows Server Azure Edition は、Azure Stack HCI バージョン 21H2 と Azure Stack HCI バージョン 22H2 にのみデプロイできます。

  • VM ライセンス: Windows Server Azure Edition には、次のいずれかを使用してライセンスを付与できます。

    • Windows Server サブスクリプション: Azure Stack HCI クラスターでサブスクリプションを有効にしてから、ゲストに AVMA クライアント キー を適用します。 詳細については、「 Windows Server サブスクリプションのアクティブ化」を参照してください。

    • ライセンス持ち込み (BYOL): アクティブなソフトウェア アシュアランス (SA) を持つ有効な Windows Server Datacenter ライセンスをお持ちの場合は、ゲストライセンス認証に AVMA または KMS を使用できます。

    ヒント

    アクティブなソフトウェア アシュアランスを使用する Windows Server Datacenter ライセンスが既にある場合は、Azure ハイブリッド特典を使用して追加コストなしで Windows Server サブスクリプションを有効にすることもできます。 これはより便利であり、より多くを保存することができます。

  • VM の Azure 検証: クラスター上の VM に対して Azure 検証を有効にする必要があります。 Azure VM 検証は Azure Stack HCI の構成証明機能であり、Windows Server Azure Edition など、サポートされている Azure 専用ワークロードを実行できます。 詳細については、「 VM の Azure 検証」を参照してください。

OS をデプロイする

Windows Server Azure Edition は、HCI Marketplace VHD イメージまたはAzure Marketplace VHD イメージを使用してゲスト VM としてデプロイできます。

Azure portalを使用した VM プロビジョニングと組み合わせて、Azure Stack HCI Marketplace イメージを使用して Windows Server Azure Edition VM をプロビジョニングできます。

これを行うには、次の手順に従います。

  1. Azure Stack HCI に Azure Arc VM 管理 をデプロイします。

  2. 特定のAzure Marketplace イメージを使用して Azure Stack HCI 上の VM を作成する方法について説明します。

  3. 対応する Azure Marketplace OS イメージにリンクする Windows Server Azure Edition 用の新しい Azure Stack HCI ギャラリー OS イメージを構成します。

  4. Windows Server Azure Edition HCI ギャラリー OS イメージを使用して VM をプロビジョニングします。

ホットパッチの使用

Azure IaaS 上の Azure Edition ゲスト VM でのホットパッチの使用と、Azure Stack HCI での Azure Edition ゲスト VM でのホットパッチの使用には、いくつかの重要な違いがあります。

これらの違いには、この Azure Stack HCI リリースで Azure Edition ゲスト VM でホットパッチを使用する場合の次の制限事項が含まれます。

  • ホットパッチ構成は、Azure Update Managerを使用して使用できません。
  • ホットパッチを無効にすることはできません。
  • 自動修正プログラムのオーケストレーションは使用できません。

次の手順

Windows Server 用 Azure Automanage の詳細を確認してください。