Azure Stack Hub で Event Hubs を管理する方法

Event Hubs の管理エクスペリエンスを使用すると、サービスを制御し、その状態とアラートを視覚化することができます。

概要

Event Hubs の管理ページにアクセスするには、次の手順に従います。

  1. Azure Stack Hub 管理者ポータルにサインインします。

  2. 左側のペインから [すべてのサービス] を選択します。

  3. 「Event Hubs」と検索し、このサービスを選択します。 Event Hubs サービスが見つからない場合は、まず、リソース プロバイダーをインストールする必要があります。

  4. Event Hubs の管理の概要ページが表示されます。 左側のペインには、4 つのセクションがあります。

    • 概要: 全般ビューと、特定の管理領域へのアクセスを提供します。
    • アラート: Event Hubs の重要なアラートおよび警告アラートをすべて表示します。 詳細については、「アラート」セクションを参照してください。
    • クォータ: クォータの作成、更新、削除を行うことができます。 詳細については、「クォータ」セクションを参照してください。
    • Event Hubs クラスター: 構成されているすべてのクラスターの一覧を表示します。 詳細については、「Event Hubs クラスター」セクションを参照してください。

    Manage event hubs

Quotas (クォータ)

メイン ページで [クォータ] を選択すると、クォータを指定する関連プランを含め、使用中のクォータの一覧が表示されます。

Manage event hubs - quotas

Event Hubs で定義されているクォータの種類の詳細については、クォータの種類に関する記事を参照してください

警告

Event Hubs リソース プロバイダーでは、次のアラートがサポートされています。

カテゴリ アラート: 種類 条件
パフォーマンス
EventHub-CpuUsage 警告 過去 6 時間の Event Hubs クラスターの CPU 使用率の平均が、50% を超えている場合。
EventHub-MemoryUsage 警告 過去 6 時間の Event Hubs クラスターの空きメモリ容量の平均が、50% を下回っている場合。
EventHub-DiskUsage 警告 過去 6 時間の Event Hubs クラスターのデータ ディスク (E:) 使用率の平均が、50% を超えている場合。
使用量およびクォータ
EventHub-QuotaExceeded 警告 過去 6 時間以内にクォータ超過エラーが発生した場合。
EventHub-NamespaceCreditUsage 警告 過去 6 時間の名前空間クレジットの使用量の合計が、10000.0 を超えている場合。
サービスの低下
EventHub-InternalServerError 警告 過去 6 時間以内に内部サーバー エラーが発生した場合。
EventHub-ServerBusy 警告 過去 6 時間にサーバー ビジー エラーが発生した場合。
Client
EventHub-ClientError 警告 過去 6 時間にクライアント エラーが発生した場合。
リソース
EventHub-PendingDeletingResources 警告 過去 6 時間に保留中のリソース削除の合計が 100 を超えている場合。
EventHub-ProvisioningQueueLength 警告 過去 6 時間のプロビジョニング キューの長さの平均が 30 を超えている場合。

メイン ページで [アラート] を選択すると、発行されたアラートの一覧が表示されます。

Manage event hubs - alerts summary

一覧からアラートを選択すると、右側のパネルにアラートの詳細が表示されます。

Manage event hubs - alerts detail

アラートなど、Azure Stack Hub の監視機能の詳細については、正常性とアラートの監視に関するページを参照してください。 ログ収集の詳細については、Azure Stack 診断ログの収集の概要に関するページを参照してください。

Event Hubs クラスター

メイン ページで [Event Hubs クラスター] を選択すると、使用可能なユーザー クラスターの一覧が表示されます。 この一覧には、各クラスターに関する次の情報が含まれています。

  • 大まかな構成情報。
  • サービスの正常性。
  • バックアップの状態。

Manage event hubs - user resources

[正常性] または [バックアップ] の下にあるリンクを選択すると、それぞれ Event Hubs の正常性とバックアップの状態に関する詳細情報が表示されます。 [名前] の下のリンクには、次のようなクラスターの詳細情報が表示されます。

  • 状態と構成情報。
  • クラスターのサービス制限の一覧。

Manage event hubs - user clusters

サービスの制限は、Event Hubs の運用境界を定義する構成パラメーターです。 使用可能なサービス制限は、Azure Event Hubs Dedicated に用意されているものと似ています。 [Config value](構成値) の下にあるリンクを選択すると、割り当てられた値を変更できます。

重要

サービスの制限を変更する前に、時間をかけてすべての影響を分析する必要があります。 サービスの制限を変更すると、イベントを使用および生成するソリューションの動作が影響を受ける可能性があります。 また、変更すると、Azure Stack の容量からのリソース消費にも影響が及ぶ可能性があります。

次のステップ

詳細情報: