オートパイロット ダッシュボードでルールを表示する

Permissions Management の [Autopilot] (オートパイロット) ダッシュボードには、管理者向けのオートパイロット ルールに関する情報の表が表示されます。

Note

管理者ロールを持つユーザーのみ、このタブで表示や変更を行うことができます。

ルールの一覧を表示する

  1. Permissions Management のホーム ページで [Autopilot] (オートパイロット) タブを選択します。

  2. [Autopilot] (オートパイロット) ダッシュボードで、[Authorization system types] (認可システムの種類) ドロップダウンから、目的の認可システムの種類、つまり [アマゾン ウェブ サービス (AWS)]、[Microsoft Azure]、または [Google Cloud Platform (GCP)] を選択します。

  3. [Authorization System](認可システム) ドロップダウンの [List](リスト) および [Folders](フォルダー) ボックスで、目的のアカウント名とフォルダー名を選択します。

  4. [適用] を選択します。

    次の情報が [Autopilot Rules](オートパイロット ルール) テーブルに表示されます。

    • [ルール名]: ルールの名前。
    • [状態]: ルールの状態: アイドル (未使用) またはアクティブ (使用中)。
    • [ルールの種類]: 適用されているルールの種類。
    • [モード]: モードの状態: オンデマンドまたは非オンデマンド。
    • [最終生成日時]: ルールが最後に生成された日時。
    • [作成者]: ルールを作成したユーザーのメール アドレス。
    • [最終変更日時]: ルールが最後に変更された日時。
    • [サブスクリプション]: 推奨事項が生成、適用、または適用解除されたときに電子メール通知を受信できる、オンまたはオフのサブスクリプションが表示されます。

ルールに使用できるその他のオプションを表示する

  • 省略記号 (...) を選択します。

    次のオプションを使用できます。

    • [View Rule](ルールの表示): ルールの詳細を表示する場合に選択します。
    • [Delete Rule](ルールの削除): ルールを削除する場合に選択します。 選択したルールを作成したユーザーのみがルールを削除できます。
    • [Generate Recommendations](推奨事項の生成): 各ユーザーと認可システムの推奨事項が作成されます。 選択したルールを作成したユーザーのみが推奨事項を作成できます。
    • [View Recommendations](推奨事項の表示): 各ユーザーと認可システムの推奨事項が表示されます。
    • [Notification Settings](通知設定): このルールにサブスクライブしているユーザーが表示されます。 選択したルールを作成したユーザーのみが、通知先の他のユーザーを追加できます。

次も選択できます:

  • [再読み込み]: 表示されているロール/ポリシーの一覧を最新の情報に更新する場合に選択します。
  • [検索]: 特定のロール/ポリシーを検索する場合に選択します。
  • [列]: ドロップダウン リストから、表示する列を選択します。
    • [既定値にリセット] を選択すると、システムの既定値に戻ります。
  • [新しいルール]: 新しいルールを作成する場合に選択します。 詳しくは、「ルールの作成」を参照してください。

次のステップ