Microsoft Entra Connect: ADConnectivityTools PowerShell リファレンス

次のドキュメントでは、C:\Program Files\Microsoft Azure Active Directory Connect\Tools\ADConnectivityTool.psm1 の Microsoft Entra Connect に含まれる ADConnectivityTools PowerShell モジュールの参照情報を示します。

Confirm-DnsConnectivity

概要

ローカルの Dns の問題を検出します。

SYNTAX

Confirm-DnsConnectivity [-Forest] <String> [-DCs] <Array> [-ReturnResultAsPSObject] [<CommonParameters>]

Description

ローカルの Dns 接続テストを実行します。 Active Directory コネクタを構成するには、AADConnect サーバーは、接続しようとしているフォレストと、このフォレストに関連付けられているドメイン コント ローラーの両方の名前解決が必要です。

例 1

Confirm-DnsConnectivity -Forest "TEST.CONTOSO.COM" -DCs "MYDC1.CONTOSO.COM","MYDC2.CONTOSO.COM"

例 2

Confirm-DnsConnectivity -Forest "TEST.CONTOSO.COM"

PARAMETERS

-Forest

テスト対象のフォレストの名前を指定します。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-DCs

テスト対象の DC を指定します。

Type: Array
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 2
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ReturnResultAsPSObject

この診断の結果を PSObject 形式で返します。 このツールでの手動による操作中は必要ありません。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Confirm-ForestExists

概要

指定されたフォレストが存在するかどうかを判別します。

SYNTAX

Confirm-ForestExists [-Forest] <String> [<CommonParameters>]

Description

フォレストに関連付けられている IP アドレスの DNS サーバーを照会します。

例 1

Confirm-TargetsAreReachable -Forest "TEST.CONTOSO.COM"

PARAMETERS

-Forest

テスト対象のフォレストの名前を指定します。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Confirm-FunctionalLevel

概要

AD フォレストの機能レベルを確認します。

SYNTAX

SamAccount

Confirm-FunctionalLevel -Forest <String> [-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials] [<CommonParameters>]

ForestFQDN

Confirm-FunctionalLevel -ForestFQDN <Forest> [-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials] [<CommonParameters>]

Description

AD フォレストの機能レベルは指定された MinAdForestVersion (WindowsServer2003) 以上であることを確認します。 アカウント (ドメイン\ユーザー名) とパスワードが要求されることがあります。

例 1

Confirm-FunctionalLevel -Forest "test.contoso.com"

例 2

Confirm-FunctionalLevel -Forest "test.contoso.com" -RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials -Verbose

例 3

Confirm-FunctionalLevel -ForestFQDN $ForestFQDN -RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials -Verbose

PARAMETERS

-Forest

ターゲット フォレスト。 既定値は、現在ログインしているユーザーのフォレストです。

Type: String
Parameter Sets: SamAccount
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ForestFQDN

ターゲット ForestFQDN オブジェクト。

Type: Forest
Parameter Sets: ForestFQDN
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials

関数は、カスタムの資格情報をユーザーから要求するのではなく、コンピューターに現在ログインしているユーザーの資格情報を使用します。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Confirm-NetworkConnectivity

概要

ローカル ネットワーク接続の問題を検出します。

SYNTAX

Confirm-NetworkConnectivity [-DCs] <Array> [-SkipDnsPort] [-ReturnResultAsPSObject] [<CommonParameters>]

Description

ローカルのネットワーク接続テストを実行します。

ローカル ネットワーク テストでは、Microsoft Entra Connect は、ポート 53 (DNS)、88 (Kerberos)、および 389 (LDAP) の名前付きドメイン コントローラーと通信できる必要があります。ほとんどの組織では組織の DC で DNS を実行しており、このためこのテストは現在統合されています。 別の DNS サーバーが指定されている場合、ポート 53 をスキップする必要があります。

例 1

Confirm-NetworkConnectivity -SkipDnsPort -DCs "MYDC1.CONTOSO.COM","MYDC2.CONTOSO.COM"

例 2

Confirm-NetworkConnectivity -DCs "MYDC1.CONTOSO.COM","MYDC2.CONTOSO.COM" -Verbose

PARAMETERS

-DCs

テスト対象の DC を指定します。

Type: Array
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-SkipDnsPort

ユーザーが AD サイト/ログオン DC によって提供される DNS サービスを使用していない場合、ユーザーはポート 53 のチェックをスキップすることがあります。 Active Directory コネクタ構成が成功するためには、ユーザーは _.ldap._tcp.<forestfqdn> を解決できる必要があります。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ReturnResultAsPSObject

この診断の結果を PSObject 形式で返します。 このツールでの手動による操作中は必要ありません。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Confirm-TargetsAreReachable

概要

指定されたフォレストと、関連付けられているドメイン コント ローラーが到達可能かどうかを判断します。

SYNTAX

Confirm-TargetsAreReachable [-Forest] <String> [-DCs] <Array> [<CommonParameters>]

Description

"ping" テストを実行します (コンピューターがネットワークやインターネットを使用してセットアップ先のコンピューターに接続できるかどうか)

例 1

Confirm-TargetsAreReachable -Forest "TEST.CONTOSO.COM" -DCs "MYDC1.CONTOSO.COM","MYDC2.CONTOSO.COM"

例 2

Confirm-TargetsAreReachable -Forest "TEST.CONTOSO.COM"

PARAMETERS

-Forest

テスト対象のフォレストの名前を指定します。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-DCs

テスト対象の DC を指定します。

Type: Array
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 2
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Confirm-ValidDomains

概要

取得したフォレスト FQDN 内のドメインに到達できることを確認します

SYNTAX

SamAccount

Confirm-ValidDomains [-Forest <String>] [-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials] [<CommonParameters>]

ForestFQDN

Confirm-ValidDomains -ForestFQDN <Forest> [-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials] [<CommonParameters>]

Description

DomainGuid と DomainDN の取得を試行して、取得したフォレスト FQDN 内のすべてのドメインに到達できることを確認します。 アカウント (ドメイン\ユーザー名) とパスワードが要求されることがあります。

例 1

Confirm-ValidDomains -Forest "test.contoso.com" -Verbose

例 2

Confirm-ValidDomains -Forest "test.contoso.com" -RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials -Verbose

例 3

Confirm-ValidDomains -ForestFQDN $ForestFQDN -RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials -Verbose

PARAMETERS

-Forest

ターゲット フォレスト。

Type: String
Parameter Sets: SamAccount
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ForestFQDN

ターゲット ForestFQDN オブジェクト。

Type: Forest
Parameter Sets: ForestFQDN
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials

関数は、カスタムの資格情報をユーザーから要求するのではなく、コンピューターに現在ログインしているユーザーの資格情報を使用します。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Confirm-ValidEnterpriseAdminCredentials

概要

ユーザーがエンタープライズ管理者の資格情報を持っていることを確認します。

SYNTAX

Confirm-ValidEnterpriseAdminCredentials [-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials] [<CommonParameters>]

Description

ユーザーがエンタープライズ管理者の資格情報を持っているかどうかを検索します。 アカウント (ドメイン\ユーザー名) とパスワードが要求されることがあります。

例 1

Confirm-ValidEnterpriseAdminCredentials -DomainName test.contoso.com -Verbose

例 2

Confirm-ValidEnterpriseAdminCredentials -RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials -Verbose

PARAMETERS

-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials

関数は、カスタムの資格情報をユーザーから要求するのではなく、コンピューターに現在ログインしているユーザーの資格情報を使用します。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Get-DomainFQDNData

概要

アカウントとパスワードの組み合わせから、DomainFQDN を取得します。

SYNTAX

Get-DomainFQDNData [[-DomainFQDNDataType] <String>] [-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials]
 [-ReturnExceptionOnError] [<CommonParameters>]

Description

提供された資格情報から domainFQDN オブジェクトの取得を試行します。 domainFQDN が有効の場合は、ユーザーの選択に応じて DomainFQDNName または RootDomainName が返されます。 アカウント (ドメイン\ユーザー名) とパスワードが要求されることがあります。

例 1

Get-DomainFQDNData -DomainFQDNDataType DomainFQDNName -Verbose

例 2

Get-DomainFQDNData -DomainFQDNDataType RootDomainName -RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials

PARAMETERS

-DomainFQDNDataType

取得する必要があるデータの種類。 現在は "DomainFQDNName" または "RootDomainName" に制限されています。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials

関数は、カスタムの資格情報をユーザーから要求するのではなく、コンピューターに現在ログインしているユーザーの資格情報を使用します。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ReturnExceptionOnError

Start-NetworkConnectivityDiagnosisTools 関数で使用される補助的なパラメーター

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Get-ForestFQDN

概要

アカウントとパスワードの組み合わせから、ForestFQDN を取得します。

SYNTAX

Get-ForestFQDN [-Forest] <String> [-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials] [<CommonParameters>]

Description

提供された資格情報から ForestFQDN を取得しようとします。 アカウント (ドメイン\ユーザー名) とパスワードが要求されることがあります。

例 1

Get-ForestFQDN -Forest CONTOSO.MICROSOFT.COM -Verbose

例 2

Get-ForestFQDN -Forest CONTOSO.MICROSOFT.COM -RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials -Verbose

PARAMETERS

-Forest

ターゲットのフォレスト。既定値は、現在ログインしているユーザーのフォレストです。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-RunWithCurrentlyLoggedInUserCredentials

関数は、カスタムの資格情報をユーザーから要求するのではなく、コンピューターに現在ログインしているユーザーの資格情報を使用します。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Start-ConnectivityValidation

概要

Main 関数。

SYNTAX

Start-ConnectivityValidation [-Forest] <String> [-AutoCreateConnectorAccount] <Boolean> [[-UserName] <String>]
 [<CommonParameters>]

Description

AD の資格情報が有効であることを確認する使用可能なすべてのメカニズムを実行します。

例 1

Start-ConnectivityValidation -Forest "test.contoso.com" -AutoCreateConnectorAccount $True -Verbose

PARAMETERS

-Forest

ターゲット フォレスト。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-AutoCreateConnectorAccount

カスタム インストールの場合: AADConnect のウィザードの [AD フォレスト アカウント] ウィンドウ上でユーザーが [新しい AD アカウントを作成] を選択した場合、フラグは $True です。 ユーザーが [既存 AD アカウントを使用] を選択した場合は $False です。 簡易インストールの場合: 簡易インストールの場合、この変数の値は $True になっている必要があります。

Type: Boolean
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 2
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-UserName

ユーザーの資格情報が要求されたときに [ユーザー名] フィールドを事前設定するパラメーター。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 3
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。

Start-NetworkConnectivityDiagnosisTools

概要

ネットワーク接続テストのメイン関数です。

SYNTAX

Start-NetworkConnectivityDiagnosisTools [[-Forest] <String>] [-Credentials] <PSCredential>
 [[-LogFileLocation] <String>] [[-DCs] <Array>] [-DisplayInformativeMessage] [-ReturnResultAsPSObject]
 [-ValidCredentials] [<CommonParameters>]

Description

ローカルのネットワーク接続テストを実行します。

例 1

Start-NetworkConnectivityDiagnosisTools -Forest "TEST.CONTOSO.COM"

例 2

Start-NetworkConnectivityDiagnosisTools -Forest "TEST.CONTOSO.COM" -DCs "DC1.TEST.CONTOSO.COM", "DC2.TEST.CONTOSO.COM"

PARAMETERS

-Forest

テスト対象のフォレスト名を指定します。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-Credentials

テストを実行しているユーザーのユーザー名とパスワード。 Microsoft Entra Connect ウィザードを実行するために必要なものと同じレベルのアクセス許可が必要です。

Type: PSCredential
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: 2
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-LogFileLocation

この関数の出力を格納するログ ファイルの場所を指定します。

Type: String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 3
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-DCs

テスト対象の DC を指定します。

Type: Array
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 4
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-DisplayInformativeMessage

この関数の目的に関するメッセージを表示できるようにするフラグ。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ReturnResultAsPSObject

この診断の結果を PSObject 形式で返します。 このツールでの手動による操作中に指定する必要はありません。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ValidCredentials

ユーザーが入力した資格情報が有効かどうかを示します。 このツールでの手動による操作中に指定する必要はありません。

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: False
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

共通パラメーター

このコマンドレットは、一般的なパラメーターをサポートしています。-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-InformationAction、-InformationVariable、-OutVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、-Verbose、-WarningAction、-WarningVariable です。 詳細については、「_CommonParameters について (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216)」を参照してください。