Azure AD Connect: AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可の構成

ADSyncConfig.psm1 という名前の PowerShell モジュールがビルド 1.1.880.0 (2018 年 8 月にリリース) に導入されました。これには、Azure AD Connect のデプロイ用の適切な Active Directory アクセス許可を構成するのに役立つコマンドレットのコレクションが含まれています。

概要

以下の PowerShell コマンドレットを使用すると、AD DS コネクタ アカウントの Active Directory アクセス許可を、Azure AD Connect で有効にする機能ごとに設定することができます。 問題を防ぐため、フォレストに接続するためにカスタム ドメイン アカウントを使用して Azure AD Connect をインストールしたい場合は、必ず事前に Active Directory のアクセス許可を準備してください。 この ADSyncConfig モジュールは、Azure AD Connect のデプロイ後にアクセス許可を構成する場合も使用できます。

overview of ad ds account

Azure AD Connect の高速インストールでは、自動的に生成されたアカウント (MSOL_nnnnnnnnnn) が、必要なすべてのアクセス許可が付与されて Active Directory に作成されます。そのため、組織単位または Azure AD に同期する特定の Active Directory オブジェクトでアクセス許可の継承がブロックされている場合を除き、この ADSyncConfig モジュールを使用する必要はありません。

アクセス許可の概要

次の表で、AD オブジェクトに必要なアクセス許可の概要を示します。

機能 アクセス許可
ms-DS-ConsistencyGuid 機能 設計概念 - sourceAnchor としての ms-DS-ConsistencyGuid の使用」に記載された ms-DS-ConsistencyGuid 属性に対する読み取りと書き込みのアクセス許可。
パスワード ハッシュの同期
  • ディレクトリの変更のレプリケート - 基本的な読み取り専用に必要
  • ディレクトリの変更をすべてにレプリケート
  • Exchange ハイブリッドのデプロイメント ユーザー、グループ、連絡先用の「Exchange ハイブリッドの書き戻し」に記載された属性への読み取りと書き込みのアクセス許可。
    Exchange メールのパブリック フォルダー パブリック フォルダーに関して、「Exchange メールのパブリック フォルダー」に記載された属性への読み取りアクセス許可。
    パスワードの書き戻し ユーザー向けの「パスワード管理の概要」に記載された属性への読み取りと書き込みのアクセス許可。
    デバイスの書き戻し デバイスの書き戻し」に記載されているデバイスのオブジェクトとコンテナーに対する読み取りと書き込みのアクセス許可。
    グループの書き戻し 同期された Office 365 グループのグループ オブジェクトの読み取り、作成、更新、削除。

    ADSyncConfig PowerShell モジュールの使用

    ADSyncConfig モジュールは AD DS PowerShell モジュールとツールに依存するため、AD DS 用のリモート サーバー管理ツール (RSAT) が必要です。 AD DS 用の RSAT をインストールするには、「管理者として実行」して Windows PowerShell ウィンドウを開いて、次のように実行します。

    Install-WindowsFeature RSAT-AD-Tools 
    

    Configure

    注意

    AD DS 用の RAST が既にインストールされているドメイン コントローラーにファイル C:\Program files \microsoft Azure Active Directory Connect\AdSyncConfig\ADSyncConfig.psm1 を、コピーし、そこでこの PowerShell モジュールを使用することもできます。 一部のコマンドレットは Azure AD Connect をホストしているコンピューター上でのみ実行できることに注意してください。

    ADSyncConfig の使用を開始するには、Windows PowerShell ウィンドウにモジュールを読み込む必要があります。

    Import-Module "C:\Program Files\Microsoft Azure Active Directory Connect\AdSyncConfig\AdSyncConfig.psm1" 
    

    このモジュールに含まれているすべてのコマンドレットを確認するには、次のように入力できます。

    Get-Command -Module AdSyncConfig  
    

    Check

    各コマンドレットには、AD DS コネクタ アカウントや AdminSDHolder スイッチを入力するものと同じパラメーターがあります。 AD DS コネクタ アカウントを指定するには、アカウント名とドメインと入力することも、アカウントの識別名 (DN) だけを入力することもできます。

    例:

    Set-ADSyncPasswordHashSyncPermissions -ADConnectorAccountName <ADAccountName> -ADConnectorAccountDomain <ADDomainName>
    

    または、

    Set-ADSyncPasswordHashSyncPermissions -ADConnectorAccountDN <ADAccountDN>
    

    <ADAccountName><ADDomainName><ADAccountDN> をお使いの環境の値に変更してください。

    AdminSDHolder コンテナーに対するアクセス許可を変更する場合は、スイッチ -IncludeAdminSdHolders を使用します。 これは推奨されないことにご注意ください。

    既定では、すべてのアクセス許可設定コマンドレットが、フォレスト内の各ドメインのルートに対して AD DS のアクセス許可を設定しようとします。つまり、PowerShell セッションを実行するユーザーには、フォレスト内の各ドメインに対するドメイン管理者権限が必要になります。 この要件により、フォレストのルートからエンタープライズ管理者を使用することをお勧めします。 Azure AD Connect のデプロイに複数の AD DS コネクタがある場合は、AD DS コネクタのある各フォレストで同じコマンドレットを実行する必要があります。

    また、パラメーター -ADobjectDN に続いて、アクセス許可を設定するターゲット オブジェクトの DN を使用して、特定の OU または AD DS オブジェクトにアクセス許可を設定することもできます。 ターゲット ADobjectDN を使用する場合、このコマンドレットはこのオブジェクトにのみアクセス許可を設定し、ドメインのルートまたは AdminSDHolder コンテナーには設定しません。 このパラメーターは、アクセス許可の継承が無効になっている特定の OU または AD DS オブジェクトがある場合に便利です (「アクセス許可の継承が無効になっているオブジェクトの検索」を参照)

    これらの一般的なパラメーターの例外は、AD DS コネクタ アカウント自体に対するアクセス許可の設定に使用する Set-ADSyncRestrictedPermissions コマンドレットと、パスワード ハッシュ同期に必要な権限がそのドメインのルートにのみ設定され、そのために -ObjectDN パラメーターまたは -SkipAdminSdHolders パラメーターが含まれない、Set-ADSyncPasswordHashSyncPermissions コマンドレットです。

    AD DS コネクタ アカウントの確認

    Azure AD Connect が既にインストールされていて、Azure AD Connect で現在使用中の AD DS コネクタ アカウントを確認したい場合は、次のコマンドレットを実行できます。

    Get-ADSyncADConnectorAccount 
    

    アクセス許可の継承が無効になっている AD DS オブジェクトの検索

    アクセス許可の継承が無効になっている AD DS オブジェクトがあるかどうかを確認する場合は、次のように実行できます。

    Get-ADSyncObjectsWithInheritanceDisabled -SearchBase '<DistinguishedName>' 
    

    既定では、このコマンドレットは継承が無効になっている OU のみを検索しますが、-ObjectClass パラメーターにその他の AD DS オブジェクト クラスを指定することも、次のようにすべてのオブジェクト クラスとして ' *' を使用することもできます。

    Get-ADSyncObjectsWithInheritanceDisabled -SearchBase '<DistinguishedName>' -ObjectClass * 
    

    オブジェクトの AD DS アクセス許可の表示

    下のコマンドレットを使用すると、Active Directory オブジェクトの DistinguishedName を指定することで、そのオブジェクトに現在設定されているアクセス許可の一覧を表示できます。

    Show-ADSyncADObjectPermissions -ADobjectDN '<DistinguishedName>' 
    

    AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可の構成

    基本的な読み取り専用のアクセス許可の構成

    Azure AD Connect 機能を使用しない場合に、AD DS コネクタ アカウントに対して基本的な読み取り専用のアクセス許可を設定するには、次のコマンドを実行します。

    Set-ADSyncBasicReadPermissions -ADConnectorAccountName <String> -ADConnectorAccountDomain <String> [-SkipAdminSdHolders] [<CommonParameters>] 
    

    または、

    Set-ADSyncBasicReadPermissions -ADConnectorAccountDN <String> [-ADobjectDN <String>] [<CommonParameters>] 
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り デバイスの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り InetOrgPerson の子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り コンピューターの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り foreignSecurityPrincipal の子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り グループの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り ユーザーの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り 連絡先の子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント ディレクトリの変更のレプリケート このオブジェクトのみ (ドメインのルート)

    MS-DS-Consistency-Guid のアクセス許可の構成

    ソース アンカーとして ms-Ds-Consistency-Guid 属性を使用している (「自分のソース アンカーを Azure で管理できるようにする」オプションとも言います) ときに、AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可を設定するには、次のように実行します。

    Set-ADSyncMsDsConsistencyGuidPermissions -ADConnectorAccountName <String> -ADConnectorAccountDomain <String> [-SkipAdminSdHolders] [<CommonParameters>] 
    

    または、

    Set-ADSyncMsDsConsistencyGuidPermissions -ADConnectorAccountDN <String> [-ADobjectDN <String>] [<CommonParameters>] 
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow AD DS コネクタ アカウント プロパティの読み取り/書き込み ユーザーの子孫オブジェクト

    パスワード同期のアクセス許可

    パスワード ハッシュ同期を使用しているときに、AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可を設定するには、次のように実行します。

    Set-ADSyncPasswordHashSyncPermissions -ADConnectorAccountName <String> -ADConnectorAccountDomain <String> [<CommonParameters>] 
    

    または、

    Set-ADSyncPasswordHashSyncPermissions -ADConnectorAccountDN <String> [<CommonParameters>] 
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow AD DS コネクタ アカウント ディレクトリの変更のレプリケート このオブジェクトのみ (ドメインのルート)
    Allow AD DS コネクタ アカウント ディレクトリの変更すべてのレプリケート このオブジェクトのみ (ドメインのルート)

    パスワード ライトバックのアクセス許可

    パスワード ライトバックを使用しているときに、AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可を設定するには、次のように実行します。

    Set-ADSyncPasswordWritebackPermissions -ADConnectorAccountName <String> -ADConnectorAccountDomain <String> [-SkipAdminSdHolders] [<CommonParameters>] 
    

    または、

    Set-ADSyncPasswordWritebackPermissions -ADConnectorAccountDN <String> [-ADobjectDN <String>] [<CommonParameters>] 
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow AD DS コネクタ アカウント パスワードのリセット ユーザーの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント プロパティ lockoutTime の書き込み ユーザーの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント プロパティ pwdLastSet の書き込み ユーザーの子孫オブジェクト

    グループの書き戻しのアクセス許可

    グループの書き戻しを使用しているときに、AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可を設定するには、次のように実行します。

    Set-ADSyncUnifiedGroupWritebackPermissions -ADConnectorAccountName <String> -ADConnectorAccountDomain <String> [-SkipAdminSdHolders] [<CommonParameters>] 
    

    または、

    Set-ADSyncUnifiedGroupWritebackPermissions -ADConnectorAccountDN <String> [-ADobjectDN <String>] [<CommonParameters>]
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow AD DS コネクタ アカウント 汎用の読み取り/書き込み オブジェクトの種類のグループとサブオブジェクトのすべての属性
    Allow AD DS コネクタ アカウント 子オブジェクトの作成/削除 オブジェクトの種類のグループとサブオブジェクトのすべての属性
    Allow AD DS コネクタ アカウント 削除/ツリー オブジェクトの削除 オブジェクトの種類のグループとサブオブジェクトのすべての属性

    Exchange ハイブリッドのデプロイのアクセス許可

    Exchange ハイブリッドのデプロイを使用しているときに、AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可を設定するには、次のように実行します。

    Set-ADSyncExchangeHybridPermissions -ADConnectorAccountName <String> -ADConnectorAccountDomain <String> [-SkipAdminSdHolders] [<CommonParameters>] 
    

    または、

    Set-ADSyncExchangeHybridPermissions -ADConnectorAccountDN <String> [-ADobjectDN <String>] [<CommonParameters>] 
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り/書き込み ユーザーの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り/書き込み InetOrgPerson の子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り/書き込み グループの子孫オブジェクト
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り/書き込み 連絡先の子孫オブジェクト

    Exchange メールのパブリック フォルダーのアクセス許可

    Exchange メールのパブリック フォルダー機能を使用しているときに、AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可を設定するには、次のように実行します。

    Set-ADSyncExchangeMailPublicFolderPermissions -ADConnectorAccountName <String> -ADConnectorAccountDomain <String> [-SkipAdminSdHolders] [<CommonParameters>] 
    

    または、

    Set-ADSyncExchangeMailPublicFolderPermissions -ADConnectorAccountDN <String> [-ADobjectDN <String>] [<CommonParameters>] 
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow AD DS コネクタ アカウント すべてのプロパティの読み取り パブリック フォルダーの子孫オブジェクト

    AD DS コネクタ アカウントのアクセス許可の制限

    この PowerShell スクリプトは、パラメーターとして指定された AD コネクタ アカウントに対するアクセス許可のセキュリティを強化します。 アクセス許可のセキュリティの強化には、次の手順が含まれます。

    • 指定したオブジェクトの継承を無効にします

    • 特定のオブジェクトのすべての ACE を削除します。ただし、SELF については既定のアクセス許可を維持するために、SELF に固有の ACE を除きます。

      -ADConnectorAccountDN パラメーターは、アクセス許可のセキュリティを強化する必要がある AD アカウントです。 これは、通常、AD DS コネクタに構成されている MSOL_nnnnnnnnnnnn ドメイン アカウントです (「AD DS コネクタ アカウントの確認」を参照)。 -Credential パラメーターは、ターゲットの AD オブジェクトに対する Active Directory のアクセス許可を制限するために必要な特権を持つ、管理者アカウントを指定するために必要です。 これは通常、企業またはドメインの管理者です。

    Set-ADSyncRestrictedPermissions [-ADConnectorAccountDN] <String> [-Credential] <PSCredential> [-DisableCredentialValidation] [-WhatIf] [-Confirm] [<CommonParameters>] 
    

    たとえば次のようになります。

    $credential = Get-Credential 
    Set-ADSyncRestrictedPermissions -ADConnectorAccountDN'CN=ADConnectorAccount,CN=Users,DC=Contoso,DC=com' -Credential $credential  
    

    このコマンドレットは、次のアクセス許可を設定します。

    Type 名前 アクセス 適用対象
    Allow SYSTEM フル コントロール このオブジェクト
    Allow Enterprise Admins フル コントロール このオブジェクト
    Allow Domain Admins フル コントロール このオブジェクト
    Allow 管理者 フル コントロール このオブジェクト
    Allow Enterprise Domain Controllers コンテンツの一覧 このオブジェクト
    Allow Enterprise Domain Controllers すべてのプロパティの読み取り このオブジェクト
    Allow Enterprise Domain Controllers 読み取りのアクセス許可 このオブジェクト
    Allow Authenticated Users コンテンツの一覧 このオブジェクト
    Allow Authenticated Users すべてのプロパティの読み取り このオブジェクト
    Allow Authenticated Users 読み取りのアクセス許可 このオブジェクト

    次の手順