Azure Cloud Shell の Bash のクイックスタート

このドキュメントでは、Azure Portal で Azure Cloud Shell の Bash を使う方法について詳しく説明します。

Note

Azure Cloud Shell の PowerShell のクイックスタートもあります。

Cloud Shell の起動

  1. Azure Portal 上部のナビゲーションから Cloud Shell を起動します。

    Azure portal で Azure Cloud Shell を起動する方法を示すスクリーンショット。

  2. ストレージ アカウントと Microsoft Azure ファイル共有を作成するためのサブスクリプションを選択します。

  3. [Create storage](ストレージの作成) を選択します。

ヒント

Azure CLI では、セッションごとにユーザー認証が自動的に行われます。

Bash 環境を選ぶ

シェル ウィンドウの左側にある環境ドロップダウンで [Bash] が選択されていることを確認します。

Azure Cloud Shell 用の Bash 環境を選択する方法を示すスクリーンショット。

サブスクリプションの設定

  1. 自分が利用できるサブスクリプションを一覧表示します。

    az account list
    
  2. 優先するサブスクリプションを設定します。

    az account set --subscription 'my-subscription-name'
    

ヒント

設定したサブスクリプションは、/home/<user>/.azure/azureProfile.json を使用して今後のセッション用に記憶されます。

リソース グループを作成する

"MyRG" という名前の新しいリソース グループを WestUS に作成します。

az group create --location westus --name MyRG

Linux VM の作成

新しいリソース グループに Ubuntu VM を作成します。 Azure CLI によって SSH キーが作成され、キーが VM に設定されます。

az vm create -n myVM -g MyRG --image UbuntuLTS --generate-ssh-keys

Note

--generate-ssh-keys を使用すると、Azure CLI によって VM と $Home ディレクトリに公開キーと秘密キーが作成され、設定されます。 既定では、キーは Cloud Shell で /home/<user>/.ssh/id_rsa/home/<user>/.ssh/id_rsa.pub に配置されます。 .ssh フォルダーは、$Home の永続化に使用される、接続したファイル共有の 5 GB イメージに永続化されます。

この VM でのユーザー名が、Cloud Shell で使用されるユーザー名になります ($User@Azure:)。

Linux VM への SSH 接続

  1. Azure Portal の検索バーで VM 名を検索します。

  2. [接続] を選択して、VM 名とパブリック IP アドレスを取得します。

    SSH を使用して Linux VM に接続する方法を示すスクリーンショット。

  3. ssh コマンドを使用して VM への SSH 接続を確立します。

    ssh username@ipaddress
    

SSH 接続を確立すると、Ubuntu のウェルカム プロンプトが表示されます。

SSH 接続を確立した後の Ubuntu の初期化とウェルカム プロンプトを示すスクリーンショット。

クリーンアップしています

  1. SSH セッションを終了します。

    exit
    
  2. リソース グループとそこに含まれるリソースを削除します。

    az group delete -n MyRG
    

次のステップ