チュートリアル: FAQ ボットを作成する

カスタムの質問と回答と Azure Bot Service を使用し、FAQ ボットをコーディングなしで作成します。

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。

  • 質問と回答のプロジェクトとナレッジ ベースを Azure Bot Service にリンクする
  • ボットをデプロイする
  • Web チャットでボットとチャットする
  • サポートされているチャネルでボットを有効にする

ナレッジ ベースの作成と公開

作業の開始に関する記事に従ってください。 ナレッジ ベースが正常にデプロイされたら、この記事を始めることができます。

ボットの作成

プロジェクトとナレッジ ベースをデプロイした後、 [Deploy knowledge base](ナレッジ ベースのデプロイ) ページからボットを作成できます。

  • 複数のボットを迅速に作成し、個々のボットはリージョンや価格プランが異なっていてもすべて同じナレッジ ベースを指すことができます。

  • ナレッジ ベースを変更して再デプロイするときは、ボットに対して何も行う必要はありません。 ナレッジ ベースと連携するように既に構成されており、ナレッジ ベースに対する今後のすべての変更に対応します。 ナレッジ ベースを発行するたびに、それに接続されているすべてのボットが自動的に更新されます。

  1. Language Studio の質問と回答の [Deploy knowledge base] (ナレッジ ベースのデプロイ) ページで、[Create bot] (ボットの作成) を選びます。

    Screenshot of UI with option to create a bot in Azure.

  2. Azure portal の新しいブラウザー タブが開き、Azure Bot Service の作成ページが表示されます。 Azure Bot Service を構成します。

    設定
    ボット ハンドル ボットの一意識別子です。 この値は、アプリ名とは異なる必要があります
    サブスクリプション サブスクリプションを選択します。
    リソース グループ 既存のリソース グループを選ぶか、新しく作成します
    Location 適当な場所を選びます
    Pricing tier 価格レベルの選択
    アプリの名前 ボットのアプリ サービス名
    SDK 言語 C# または Node.js。 ボットの作成後、ローカル開発環境にコードをダウンロードして、開発プロセスを続行できます。
    QnA 認証キー このキーは、デプロイされた質問と回答のプロジェクトとナレッジ ベースに自動的に設定されます
    App Service プラン/場所 この値は自動的に設定されます。この値は変更しないでください
  3. ボットが作成された後、 [Bot service](ボット サービス) リソースを開きます。

  4. [設定][Web チャットでテスト] を選択します。

    Screenshot of Azure Bot Service UI button that reads

  5. チャット プロンプトの [Type your message](メッセージを入力) で、以下のように入力します。

    How do I setup my surface book?

    チャット ボットが、ナレッジ ベースからの回答で応答します。

    Screenshot of bot test chat response containing a question and bot generated answer.

ボットをチャネルと統合する

作成した Bot Service リソースで [Channels](チャネル) を選びます。 追加のサポートされているチャネルでボットをアクティブにすることができます。

Screenshot of integration with teams with product icons.

リソースをクリーンアップする

このアプリケーションを引き続き使うのでない場合は、関連付けられた質問と回答および Bot Service リソースを削除します。

次のステップ

次の記事に進み、マルチターン プロンプトで FAQ ボットをカスタマイズする方法を学習します。