ソブリン クラウドの Speech Services

Azure Government (米国)

米国政府機関およびそのパートナーのみが利用できます。 Azure Government の詳細については、こちらこちらを参照してください。

  • Azure portal:
  • リージョン:
    • US Gov アリゾナ
    • US Gov バージニア州
  • 利用可能な価格レベル:
    • Free (F0) および Standard (S0)。 詳細については、こちらを参照してください
  • サポートされている機能:
    • 音声テキスト変換
      • Custom Speech (音響モデル (AM) と言語モデル (LM) 適応)
    • テキスト読み上げ
      • 標準音声
      • ニューラル音声
    • 音声翻訳
  • サポートされていない機能:
    • Custom Voice
  • サポートされている言語:
    • こちらのサポートされている言語のリストを参照してください

エンドポイント情報

このセクションには、Speech SDKSpeech to text REST API、および Text-to-speech REST API の使用に関する Speech Services エンドポイント情報が含まれています。

Speech Services REST API

Azure Government の Speech Services REST API エンドポイントの形式は次のとおりです。

REST API の種類/操作 エンドポイントの形式
アクセス トークン https://<REGION_IDENTIFIER>.api.cognitive.microsoft.us/sts/v1.0/issueToken
Speech to Text REST API https://<REGION_IDENTIFIER>.api.cognitive.microsoft.us/<URL_PATH>
Speech to Text REST API for short audio https://<REGION_IDENTIFIER>.stt.speech.azure.us/<URL_PATH>
Text to Speech REST API https://<REGION_IDENTIFIER>.tts.speech.azure.us/<URL_PATH>

次の表に示す、ご利用のサブスクリプションのリージョンと一致する識別子で <REGION_IDENTIFIER> を置き換えてください。

リージョン識別子
US Gov アリゾナ usgovarizona
US Gov バージニア州 usgovvirginia

Speech SDK

ソブリン クラウドの Speech SDK の場合、SpeechConfig クラスの "ホストから" または "ホストで" のインスタンス化や、Speech CLI--host オプションを利用する必要があります ("エンドポイントから" または "エンドポイントで" のインスタンス化と --endpoint Speech CLI オプションを使用することもできます)。

SpeechConfig クラスは次のようにインスタンス化する必要があります。

var config = SpeechConfig.FromHost(usGovHost, subscriptionKey);

Speech CLI は、次のように使用する必要があります (--host オプションに注目してください)。

spx recognize --host "usGovHost" --file myaudio.wav

subscriptionKey をSpeech リソース キーに置き換えます。 usGovHost を、このテーブルの必要なサービス内容とサブスクリプションのリージョンと一致する式に置き換えます。

リージョン / サービス内容 ホスト式
US Gov アリゾナ
音声テキスト変換 wss://usgovarizona.stt.speech.azure.us
音声合成 https://usgovarizona.tts.speech.azure.us
US Gov バージニア州
音声テキスト変換 wss://usgovvirginia.stt.speech.azure.us
音声合成 https://usgovvirginia.tts.speech.azure.us

Azure 中国

中国で事業を展開している組織で利用できます。 Azure China の詳細については、こちらを参照してください。

  • Azure portal:
  • リージョン:
    • 中国東部 2
    • 中国北部 2
  • 利用可能な価格レベル:
    • Free (F0) および Standard (S0)。 詳細については、こちらを参照してください
  • サポートされている機能:
    • 音声テキスト変換
    • テキスト読み上げ
      • 標準音声
      • ニューラル音声
    • 音声翻訳
  • サポートされていない機能:
    • Custom Voice
  • サポートされている言語:
    • こちらのサポートされている言語のリストを参照してください

エンドポイント情報

このセクションには、Speech SDKSpeech to text REST API、および Text-to-speech REST API の使用に関する Speech Services エンドポイント情報が含まれています。

Speech Services REST API

Azure China の Speech Services REST API エンドポイントの形式は次のとおりです。

REST API の種類/操作 エンドポイントの形式
アクセス トークン https://<REGION_IDENTIFIER>.api.cognitive.azure.cn/sts/v1.0/issueToken
Speech to Text REST API https://<REGION_IDENTIFIER>.api.cognitive.azure.cn/<URL_PATH>
Speech to Text REST API for short audio https://<REGION_IDENTIFIER>.stt.speech.azure.cn/<URL_PATH>
Text to Speech REST API https://<REGION_IDENTIFIER>.tts.speech.azure.cn/<URL_PATH>

次の表に示す、ご利用のサブスクリプションのリージョンと一致する識別子で <REGION_IDENTIFIER> を置き換えてください。

リージョン識別子
中国東部 2 chinaeast2
中国北部 2 chinanorth2

Speech SDK

ソブリン クラウドの Speech SDK の場合、SpeechConfig クラスの "ホストから" または "ホストで" のインスタンス化や、Speech CLI--host オプションを利用する必要があります ("エンドポイントから" または "エンドポイントで" のインスタンス化と --endpoint Speech CLI オプションを使用することもできます)。

SpeechConfig クラスは次のようにインスタンス化する必要があります。

var config = SpeechConfig.FromHost("azCnHost", subscriptionKey);

Speech CLI は、次のように使用する必要があります (--host オプションに注目してください)。

spx recognize --host "azCnHost" --file myaudio.wav

subscriptionKey をSpeech リソース キーに置き換えます。 azCnHost を、このテーブルの必要なサービス内容とサブスクリプションのリージョンと一致する式に置き換えます。

リージョン / サービス内容 ホスト式
中国東部 2
音声テキスト変換 wss://chinaeast2.stt.speech.azure.cn
音声合成 https://chinaeast2.tts.speech.azure.cn
中国北部 2
音声テキスト変換 wss://chinanorth2.stt.speech.azure.cn
音声合成 https://chinanorth2.tts.speech.azure.cn