Azure Pipelines の YAML スキーマ リファレンス

Azure Pipelines の YAML スキーマ リファレンスは、サポートされているすべての YAML 構文とその使用可能なオプションを示す YAML パイプラインの詳細なリファレンスです。

YAML パイプラインを作成するには、 パイプライン定義から 始めます。 YAML パイプラインの構築の詳細については、「 パイプラインのカスタマイズ」を参照してください

YAML スキーマリファレンスでは、タスクは扱いません。 タスクの詳細については、 Azure Pipelines タスク インデックスを参照してください。

YAML スキーマ定義インデックス

パイプラインは、CI/CD プロセスを記述する 1 つ以上のジョブです。


ジョブの一覧では、ステージの作業を構成するジョブを指定します。


ジョブは、エージェントまたはサーバーで実行されるステップのコレクションです。


キーワードとキーワードparallelmatrix、ジョブを複製するための相互排他的な戦略を指定します。


このキーワードは pool 、パイプラインのジョブに使用する プール を指定します。 仕様には pool 、ジョブの実行戦略に関する情報も保持されます。


pr

pull request トリガーは、プル要求ビルドを実行するブランチを指定します。


リソースは、ビルド、リポジトリ、パイプライン、およびパイプラインで使用されるその他のリソースを指定します。


パイプラインによって参照されるビルド リソースの一覧。


成果物を生成する外部 CI ビルド システムがある場合は、ビルド リソースで成果物を使用できます。


パイプラインによって参照されるコンテナー リソースの一覧。


コンテナー リソースは、コンテナー イメージを参照します。


パイプラインによって参照されるパイプライン リソースの一覧。


成果物を生成する Azure Pipeline がある場合、パイプラインはパイプライン リソースを定義することで成果物を使用できます。 Azure DevOps Server 2020 以降では、パイプライン リソースを使用してパイプライン完了トリガーを有効にすることもできます。


パイプラインによって参照されるリポジトリ リソースの一覧。


キーワード repository を使用すると、外部リポジトリを指定できます。


ステップは、ジョブを構成する操作の線形シーケンスです。


この手順では bash 、Bash on Windows、macOS、Linux でスクリプトを実行します。


パイプラインがソース コードをチェックアウトする方法を構成するために使用 checkout します。


この手順では download 、現在の実行に関連付けられている成果物、またはパイプライン リソースとして関連付けられている別の Azure Pipeline から成果物をダウンロードします。


この手順では downloadBuild 、ビルド成果物をダウンロードします。


この手順ではpowershell、Windows PowerShellでスクリプトを実行します。


キーワードは publish 、他のジョブやパイプラインが使用できるパイプライン成果物としてファイルまたはフォルダーを発行 (アップロード) します。


この手順では pwsh 、Windows、macOS、Linux の PowerShell Core でスクリプトを実行します。


この手順では script 、Windows 上のcmd.exeと他のプラットフォームの Bash を使用してスクリプトを実行します。


ステップによって task タスクが実行されます。


1 つのファイル内で一連のステップを定義し、それを別のファイルで複数回使用できます。


プッシュ トリガーは、継続的インテグレーション ビルドを実行する分岐を指定します。


パイプラインで使用する変数を定義します。


変数グループから変数を参照します。


完全な構文を使用して変数を定義します。


1 つのファイル内で一連の変数を定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


パイプラインは、CI/CD プロセスを記述する 1 つ以上のジョブです。


ジョブの一覧では、ステージの作業を構成するジョブを指定します。


ジョブは、エージェントまたはサーバーで実行されるステップのコレクションです。


コンテナー ジョブを使用すると、エージェント ホストではなくコンテナーでジョブを実行できます。


キーワードとキーワードparallelmatrix、ジョブを複製するための相互排他的な戦略を指定します。


このキーワードは pool 、パイプラインのジョブに使用する プール を指定します。 仕様には pool 、ジョブの実行戦略に関する情報も保持されます。


pr

pull request トリガーは、プル要求ビルドを実行するブランチを指定します。


リソースは、ビルド、リポジトリ、パイプライン、およびパイプラインで使用されるその他のリソースを指定します。


パイプラインによって参照されるビルド リソースの一覧。


成果物を生成する外部 CI ビルド システムがある場合は、ビルド リソースで成果物を使用できます。


パイプラインによって参照されるコンテナー リソースの一覧。


コンテナー リソースは、コンテナー イメージを参照します。


パイプラインによって参照されるパイプライン リソースの一覧。


成果物を生成する Azure Pipeline がある場合、パイプラインはパイプライン リソースを定義することで成果物を使用できます。 Azure DevOps Server 2020 以降では、パイプライン リソースを使用してパイプライン完了トリガーを有効にすることもできます。


パイプラインによって参照されるリポジトリ リソースの一覧。


キーワード repository を使用すると、外部リポジトリを指定できます。


ステップは、ジョブを構成する操作の線形シーケンスです。


この手順では bash 、Bash on Windows、macOS、Linux でスクリプトを実行します。


パイプラインがソース コードをチェックアウトする方法を構成するために使用 checkout します。


この手順では download 、現在の実行に関連付けられている成果物、またはパイプライン リソースとして関連付けられている別の Azure Pipeline から成果物をダウンロードします。


この手順では downloadBuild 、ビルド成果物をダウンロードします。


この手順ではpowershell、Windows PowerShellでスクリプトを実行します。


キーワードは publish 、他のジョブやパイプラインが使用できるパイプライン成果物としてファイルまたはフォルダーを発行 (アップロード) します。


この手順では pwsh 、Windows、macOS、Linux の PowerShell Core でスクリプトを実行します。


この手順では script 、Windows 上のcmd.exeと他のプラットフォームの Bash を使用してスクリプトを実行します。


ステップによって task タスクが実行されます。


1 つのファイル内で一連のステップを定義し、それを別のファイルで複数回使用できます。


プッシュ トリガーは、継続的インテグレーション ビルドを実行する分岐を指定します。


パイプラインで使用する変数を定義します。


変数グループから変数を参照します。


完全な構文を使用して変数を定義します。


1 つのファイル内で一連の変数を定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


パイプラインは、CI/CD のプロセスを記述する 1 つ以上のステージです。


テンプレートを使用してパイプラインを拡張します。


ジョブの一覧では、ステージの作業を構成するジョブを指定します。


デプロイ ジョブは特殊な種類のジョブです。 これは、環境に対して順番に実行する手順のコレクションです。


このキーワードは environment 、パイプラインのデプロイ ジョブの対象となる 環境 またはそのリソースを指定します。


展開戦略を使用すると、更新プログラムの配信方法を構成できます。


カナリアデプロイ戦略では、サーバーの小さなサブセットに変更をロールアウトします。


ローリング デプロイでは、前のバージョンのアプリケーションのインスタンスが、各イテレーションで固定された仮想マシン (ローリング セット) 上のアプリケーションの新しいバージョンのインスタンスに置き換えられます。


runOnce 配置戦略では、各手順を 1 回実行して変更をロールアウトします。


ジョブは、エージェントまたはサーバーで実行されるステップのコレクションです。


コンテナー ジョブを使用すると、エージェント ホストではなくコンテナーでジョブを実行できます。


キーワードとキーワードparallelmatrix、ジョブを複製するための相互排他的な戦略を指定します。


1 つのファイル内で一連のジョブを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。 ジョブ テンプレートの 操作の詳細については、テンプレートを参照してください。


パラメーターの一覧では、パイプラインに渡されるランタイム パラメーターを指定します。


パラメーターは、パイプラインに渡される値を表します。


このキーワードは pool 、パイプラインのジョブに使用する プール を指定します。 仕様には pool 、ジョブの実行戦略に関する情報も保持されます。


pr

pull request トリガーは、プル要求ビルドを実行するブランチを指定します。


リソースは、ビルド、リポジトリ、パイプライン、およびパイプラインで使用されるその他のリソースを指定します。


パイプラインによって参照されるビルド リソースの一覧。


成果物を生成する外部 CI ビルド システムがある場合は、ビルド リソースで成果物を使用できます。


パイプラインによって参照されるコンテナー リソースの一覧。


コンテナー リソースは、コンテナー イメージを参照します。


パイプラインによって参照されるパッケージ リソースの一覧。


NuGet および npm GitHub パッケージは、YAML パイプラインのリソースとして使用できます。 パッケージ リソースを指定する場合は、パッケージを次のように NuGet 設定します npm


パイプラインによって参照されるパイプライン リソースの一覧。


成果物を生成する Azure Pipeline がある場合、パイプラインはパイプライン リソースを定義することで成果物を使用できます。 Azure DevOps Server 2020 以降では、パイプライン リソースを使用してパイプライン完了トリガーを有効にすることもできます。


パイプラインによって参照されるリポジトリ リソースの一覧。


キーワード repository を使用すると、外部リポジトリを指定できます。


スケジュールの一覧では、パイプラインのスケジュールされたトリガーを指定します。


スケジュールされたトリガーは、ブランチが構築されるスケジュールを指定します。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。 既定では、ステージは順番に実行されます。 各ステージは、プロパティで特に指定 dependsOn しない限り、前のステージが完了した後にのみ開始されます。


1 つのファイル内で一連のステージを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


ステップは、ジョブを構成する一連の操作の線形シーケンスです。


この手順では bash 、Windows、macOS、Linux 上の Bash でスクリプトを実行します。


パイプラインがソース コードをチェックアウトする方法を構成するために使用 checkout します。


このステップでは download 、現在の実行に関連付けられている成果物、またはパイプライン リソースとして関連付けられている別の Azure Pipeline から成果物がダウンロードされます。


この手順では downloadBuild 、ビルド成果物がダウンロードされます。


この手順ではgetPackage、Azure Artifacts または Azure DevOps Server のパッケージ管理フィードからパッケージをダウンロードします。


この手順ではpowershell、Windows PowerShellでスクリプトを実行します。


キーワードは publish 、ファイルまたはフォルダーを、他のジョブやパイプラインが使用できるパイプライン成果物として発行 (アップロード) します。


この手順では pwsh 、Windows、macOS、Linux 上の PowerShell Core でスクリプトを実行します。


ステップのダウンロードでは reviewApp 、デプロイ フェーズ プロバイダーの下にリソースが動的に作成されます。


この手順では script 、Windows 上のcmd.exeと他のプラットフォームの Bash を使用してスクリプトを実行します。


ステップによって task タスクが実行されます。


1 つのファイル内で一連のステップを定義し、それを別のファイルで複数回使用できます。


タスクは、実行コンテキスト (エージェント ホストまたはコンテナー) で実行されます。


プッシュ トリガーは、継続的インテグレーション ビルドを実行するブランチを指定します。


パイプラインで使用する変数を定義します。


変数グループから変数を参照します。


完全な構文を使用して変数を定義します。


1 つのファイル内で一連の変数を定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


パイプラインは、CI/CD のプロセスを記述する 1 つ以上のステージです。


テンプレートを使用してパイプラインを拡張します。


ジョブの一覧では、ステージの作業を構成するジョブを指定します。


デプロイ ジョブは特殊な種類のジョブです。 これは、環境に対して順番に実行する手順のコレクションです。


キーワードは environment 、パイプラインのデプロイ ジョブの対象となる 環境 またはそのリソースを指定します。


デプロイ戦略を使用すると、更新プログラムの配信方法を構成できます。


カナリアデプロイ戦略は、サーバーの小さなサブセットに変更をロールアウトします。


ローリング デプロイでは、前のバージョンのアプリケーションのインスタンスが、各イテレーションの固定された仮想マシン (ローリング セット) 上のアプリケーションの新しいバージョンのインスタンスに置き換えられます。


runOnce デプロイ戦略では、各手順を 1 回実行して変更をロールアウトします。


ジョブは、エージェントまたはサーバーで実行されるステップのコレクションです。


コンテナー ジョブを使用すると、エージェント ホストではなくコンテナーでジョブを実行できます。


およびparallelキーワードはmatrix、ジョブを複製するための相互排他的戦略を指定します。


1 つのファイル内で一連のジョブを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。 ジョブ テンプレートの 操作の詳細については、テンプレートを参照してください。


パラメーターの一覧では、パイプラインに渡されるランタイム パラメーターを指定します。


パラメーターは、パイプラインに渡される値を表します。


キーワードは pool 、パイプラインのジョブに使用する プール を指定します。 仕様には pool 、ジョブの実行戦略に関する情報も保持されます。


pr

プル要求トリガーは、プル要求ビルドを実行するブランチを指定します。


リソースは、ビルド、リポジトリ、パイプライン、およびパイプラインで使用されるその他のリソースを指定します。


パイプラインによって参照されるビルド リソースの一覧。


成果物を生成する外部 CI ビルド システムがある場合は、ビルド リソースを使用して成果物を使用できます。


パイプラインによって参照されるコンテナー リソースの一覧。


コンテナー リソースは、コンテナー イメージを参照します。


パイプラインによって参照されるパッケージ リソースの一覧。


NuGet と npm GitHub パッケージは、YAML パイプラインのリソースとして使用できます。 パッケージ リソースを指定する場合は、パッケージを次のように NuGet 設定します npm


パイプラインによって参照されるパイプライン リソースの一覧。


成果物を生成する Azure Pipeline がある場合は、パイプライン リソースを定義することで、パイプラインで成果物を使用できます。 Azure DevOps Server 2020 以降では、パイプライン リソースを使用してパイプライン完了トリガーを有効にすることもできます。


パイプラインによって参照されるリポジトリ リソースの一覧。


キーワード repository を使用すると、外部リポジトリを指定できます。


パイプラインによって参照される Webhook リソースの一覧。


Webhook リソースを使用すると、パイプラインを外部サービスと統合してワークフローを自動化できます。


Webhook イベントのトリガーをカスタマイズするために使用されるフィルター。


Webhook フィルターは、Webhook イベントのトリガーをカスタマイズするために使用されます。


スケジュールの一覧では、パイプラインのスケジュールされたトリガーを指定します。


スケジュールされたトリガーは、ブランチが構築されるスケジュールを指定します。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。 既定では、ステージは順番に実行されます。 各ステージは、プロパティで特に指定 dependsOn しない限り、前のステージが完了した後にのみ開始されます。


1 つのファイル内で一連のステージを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


ステップは、ジョブを構成する一連の操作の線形シーケンスです。


この手順では bash 、Windows、macOS、Linux 上の Bash でスクリプトを実行します。


パイプラインがソース コードをチェックアウトする方法を構成するために使用 checkout します。


このステップでは download 、現在の実行に関連付けられている成果物、またはパイプライン リソースとして関連付けられている別の Azure Pipeline から成果物がダウンロードされます。


この手順では downloadBuild 、ビルド成果物がダウンロードされます。


この手順ではgetPackage、Azure Artifacts または Azure DevOps Server のパッケージ管理フィードからパッケージをダウンロードします。


この手順ではpowershell、Windows PowerShellでスクリプトを実行します。


キーワードは publish 、ファイルまたはフォルダーを、他のジョブやパイプラインが使用できるパイプライン成果物として発行 (アップロード) します。


この手順では pwsh 、Windows、macOS、Linux 上の PowerShell Core でスクリプトを実行します。


ステップのダウンロードでは reviewApp 、デプロイ フェーズ プロバイダーの下にリソースが動的に作成されます。


この手順では script 、Windows 上のcmd.exeと他のプラットフォームの Bash を使用してスクリプトを実行します。


ステップによって task タスクが実行されます。


1 つのファイル内で一連のステップを定義し、それを別のファイルで複数回使用できます。


タスクは、実行コンテキスト (エージェント ホストまたはコンテナー) で実行されます。


プッシュ トリガーは、継続的インテグレーション ビルドを実行するブランチを指定します。


パイプラインで使用する変数を定義します。


変数グループから変数を参照します。


完全な構文を使用して変数を定義します。


1 つのファイル内で一連の変数を定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


パイプラインは、CI/CD のプロセスを記述する 1 つ以上のステージです。


テンプレートを使用してパイプラインを拡張します。


ジョブの一覧では、ステージの作業を構成するジョブを指定します。


デプロイ ジョブは特殊な種類のジョブです。 これは、環境に対して順番に実行する手順のコレクションです。


キーワードは environment 、パイプラインのデプロイ ジョブの対象となる 環境 またはそのリソースを指定します。


デプロイ戦略を使用すると、更新プログラムの配信方法を構成できます。


カナリアデプロイ戦略は、サーバーの小さなサブセットに変更をロールアウトします。


ローリング デプロイでは、前のバージョンのアプリケーションのインスタンスが、各イテレーションの固定された仮想マシン (ローリング セット) 上のアプリケーションの新しいバージョンのインスタンスに置き換えられます。


runOnce デプロイ戦略では、各手順を 1 回実行して変更をロールアウトします。


ジョブは、エージェントまたはサーバーで実行されるステップのコレクションです。


コンテナー ジョブを使用すると、エージェント ホストではなくコンテナーでジョブを実行できます。


およびparallelキーワードはmatrix、ジョブを複製するための相互排他的戦略を指定します。


1 つのファイル内で一連のジョブを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。 ジョブ テンプレートの 操作の詳細については、テンプレートを参照してください。


パラメーターの一覧では、パイプラインに渡されるランタイム パラメーターを指定します。


パラメーターは、パイプラインに渡される値を表します。


キーワードは pool 、パイプラインのジョブに使用する プール を指定します。 仕様には pool 、ジョブの実行戦略に関する情報も保持されます。


pr

プル要求トリガーは、プル要求ビルドを実行するブランチを指定します。


リソースは、ビルド、リポジトリ、パイプライン、およびパイプラインで使用されるその他のリソースを指定します。


パイプラインによって参照されるビルド リソースの一覧。


成果物を生成する外部 CI ビルド システムがある場合は、ビルド リソースを使用して成果物を使用できます。


パイプラインによって参照されるコンテナー リソースの一覧。


コンテナー リソースは、コンテナー イメージを参照します。


パイプラインによって参照されるパッケージ リソースの一覧。


NuGet と npm GitHub パッケージは、YAML パイプラインのリソースとして使用できます。 パッケージ リソースを指定する場合は、パッケージを次のように NuGet 設定します npm


パイプラインによって参照されるパイプライン リソースの一覧。


成果物を生成する Azure Pipeline がある場合は、パイプライン リソースを定義することで、パイプラインで成果物を使用できます。 Azure DevOps Server 2020 以降では、パイプライン リソースを使用してパイプライン完了トリガーを有効にすることもできます。


パイプラインによって参照されるリポジトリ リソースの一覧。


キーワード repository を使用すると、外部リポジトリを指定できます。


パイプラインによって参照される Webhook リソースの一覧。


Webhook リソースを使用すると、パイプラインを外部サービスと統合してワークフローを自動化できます。


Webhook イベントのトリガーをカスタマイズするために使用されるフィルター。


Webhook フィルターは、Webhook イベントのトリガーをカスタマイズするために使用されます。


スケジュールの一覧では、パイプラインのスケジュールされたトリガーを指定します。


スケジュールされたトリガーは、ブランチが構築されるスケジュールを指定します。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。 既定では、ステージは順番に実行されます。 各ステージは、プロパティで特に指定 dependsOn しない限り、前のステージが完了した後にのみ開始されます。


1 つのファイル内で一連のステージを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


ステップは、ジョブを構成する一連の操作の線形シーケンスです。


この手順では bash 、Windows、macOS、Linux 上の Bash でスクリプトを実行します。


パイプラインがソース コードをチェックアウトする方法を構成するために使用 checkout します。


このステップでは download 、現在の実行に関連付けられている成果物、またはパイプライン リソースとして関連付けられている別の Azure Pipeline から成果物がダウンロードされます。


この手順では downloadBuild 、ビルド成果物がダウンロードされます。


この手順ではgetPackage、Azure Artifacts または Azure DevOps Server のパッケージ管理フィードからパッケージをダウンロードします。


この手順ではpowershell、Windows PowerShellでスクリプトを実行します。


キーワードは publish 、ファイルまたはフォルダーを、他のジョブやパイプラインが使用できるパイプライン成果物として発行 (アップロード) します。


この手順では pwsh 、Windows、macOS、Linux 上の PowerShell Core でスクリプトを実行します。


ステップのダウンロードでは reviewApp 、デプロイ フェーズ プロバイダーの下にリソースが動的に作成されます。


この手順では script 、Windows 上のcmd.exeと他のプラットフォームの Bash を使用してスクリプトを実行します。


ステップによって task タスクが実行されます。


1 つのファイル内で一連のステップを定義し、それを別のファイルで複数回使用できます。


タスクは、実行コンテキスト (エージェント ホストまたはコンテナー) で実行されます。


ステップで設定できる変数。


プッシュ トリガーは、継続的インテグレーション ビルドを実行するブランチを指定します。


パイプラインで使用する変数を定義します。


変数グループから変数を参照します。


完全な構文を使用して変数を定義します。


1 つのファイル内で一連の変数を定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


パイプラインは、CI/CD のプロセスを記述する 1 つ以上のステージです。


テンプレートを使用してパイプラインを拡張します。


ジョブの一覧では、ステージの作業を構成するジョブを指定します。


デプロイ ジョブは特殊な種類のジョブです。 これは、環境に対して順番に実行する手順のコレクションです。


キーワードは environment 、パイプラインのデプロイ ジョブの対象となる 環境 またはそのリソースを指定します。


デプロイ戦略を使用すると、更新プログラムの配信方法を構成できます。


カナリアデプロイ戦略は、サーバーの小さなサブセットに変更をロールアウトします。


ローリング デプロイでは、前のバージョンのアプリケーションのインスタンスが、各イテレーションの固定された仮想マシン (ローリング セット) 上のアプリケーションの新しいバージョンのインスタンスに置き換えられます。


runOnce デプロイ戦略では、各手順を 1 回実行して変更をロールアウトします。


ジョブは、エージェントまたはサーバーで実行されるステップのコレクションです。


コンテナー ジョブを使用すると、エージェント ホストではなくコンテナーでジョブを実行できます。


およびparallelキーワードはmatrix、ジョブを複製するための相互排他的戦略を指定します。


1 つのファイル内で一連のジョブを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。 ジョブ テンプレートの 操作の詳細については、テンプレートを参照してください。


パラメーターの一覧では、パイプラインに渡されるランタイム パラメーターを指定します。


パラメーターは、パイプラインに渡される値を表します。


キーワードは pool 、パイプラインのジョブに使用する プール を指定します。 仕様には pool 、ジョブの実行戦略に関する情報も保持されます。


pr

プル要求トリガーは、プル要求ビルドを実行するブランチを指定します。


リソースは、ビルド、リポジトリ、パイプライン、およびパイプラインで使用されるその他のリソースを指定します。


パイプラインによって参照されるビルド リソースの一覧。


成果物を生成する外部 CI ビルド システムがある場合は、ビルド リソースを使用して成果物を使用できます。


パイプラインによって参照されるコンテナー リソースの一覧。


コンテナー リソースは、コンテナー イメージを参照します。


パイプラインによって参照されるパッケージ リソースの一覧。


NuGet と npm GitHub パッケージは、YAML パイプラインのリソースとして使用できます。 パッケージ リソースを指定する場合は、パッケージを次のように NuGet 設定します npm


パイプラインによって参照されるパイプライン リソースの一覧。


成果物を生成する Azure Pipeline がある場合は、パイプライン リソースを定義することで、パイプラインで成果物を使用できます。 Azure DevOps Server 2020 以降では、パイプライン リソースを使用してパイプライン完了トリガーを有効にすることもできます。


パイプラインによって参照されるリポジトリ リソースの一覧。


キーワード repository を使用すると、外部リポジトリを指定できます。


パイプラインによって参照される Webhook リソースの一覧。


Webhook リソースを使用すると、パイプラインを外部サービスと統合してワークフローを自動化できます。


Webhook イベントのトリガーをカスタマイズするために使用されるフィルター。


Webhook フィルターは、Webhook イベントのトリガーをカスタマイズするために使用されます。


スケジュールの一覧では、パイプラインのスケジュールされたトリガーを指定します。


スケジュールされたトリガーは、ブランチが構築されるスケジュールを指定します。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。


ステージは、関連するジョブのコレクションです。 既定では、ステージは順番に実行されます。 各ステージは、プロパティで特に指定 dependsOn しない限り、前のステージが完了した後にのみ開始されます。


1 つのファイル内で一連のステージを定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


ステップは、ジョブを構成する一連の操作の線形シーケンスです。


この手順では bash 、Windows、macOS、Linux 上の Bash でスクリプトを実行します。


パイプラインがソース コードをチェックアウトする方法を構成するために使用 checkout します。


このステップでは download 、現在の実行に関連付けられている成果物、またはパイプライン リソースとして関連付けられている別の Azure Pipeline から成果物がダウンロードされます。


この手順では downloadBuild 、ビルド成果物がダウンロードされます。


この手順ではgetPackage、Azure Artifacts または Azure DevOps Server のパッケージ管理フィードからパッケージをダウンロードします。


この手順ではpowershell、Windows PowerShellでスクリプトを実行します。


キーワードは publish 、ファイルまたはフォルダーを、他のジョブやパイプラインが使用できるパイプライン成果物として発行 (アップロード) します。


この手順では pwsh 、Windows、macOS、Linux 上の PowerShell Core でスクリプトを実行します。


ステップのダウンロードでは reviewApp 、デプロイ フェーズ プロバイダーの下にリソースが動的に作成されます。


この手順では script 、Windows 上のcmd.exeと他のプラットフォームの Bash を使用してスクリプトを実行します。


ステップによって task タスクが実行されます。


1 つのファイル内で一連のステップを定義し、それを別のファイルで複数回使用できます。


タスクは、実行コンテキスト (エージェント ホストまたはコンテナー) で実行されます。


ステップで設定できる変数。


プッシュ トリガーは、継続的インテグレーション ビルドを実行する分岐を指定します。


パイプラインで使用する変数を定義します。


変数グループから変数を参照します。


完全な構文を使用して変数を定義します。


1 つのファイル内で一連の変数を定義し、それを他のファイルで複数回使用できます。


YAML スキーマのドキュメント規則

YAML スキーマ リファレンスは、Azure Pipelines YAML パイプラインの詳細なリファレンス ガイドです。 これには、サポートされているすべての YAML 機能と使用可能なオプションのカタログが含まれています。

YAML スキーマ リファレンスで使用される構文規則を次に示します。

  • 左側 : には、パイプライン定義で使用されるリテラル キーワードがあります。
  • : の右側は、データ型です。 データ型には、 文字列 などのプリミティブ型や、この参照の他の場所で定義されているリッチ構造体への参照を指定できます。
  • 表記 [データ型] は、前述の定義型の配列を示します。 たとえば、 [ string ] 文字列の配列です。
  • 表記データ{型データ型:}は、あるデータ型と別のデータ型のマッピングを示します。 たとえば、 { string: string } 文字列と文字列のマッピングです。
  • このシンボル | は、キーワードに使用できるデータ型が複数あることを示します。 たとえば、 job | template ジョブ定義またはテンプレート参照が許可されていることを意味します。

関連項目

このリファレンスでは、Azure Pipelines YAML ファイルのスキーマについて説明します。 YAML の基本については、「 Y 分で YAML を学習する」を参照してください。 Azure Pipelines では、すべての YAML 機能がサポートされているわけではありません。 サポートされていない機能には、アンカー、複雑なキー、セットが含まれます。 また、標準の YAML とは異なり、Azure Pipelines は、マッピングの最初のキーのようにscript、表示stagejobtaskまたはタスクショートカットに依存します。