スマートフォンを IoT デバイスに変える方法

Azure IoT ソリューションを使用すると、IoT デバイスをクラウドベースの IoT サービスに接続することができます。 デバイスは、温度や湿度といったテレメトリを送信したり、再起動や配信間隔の変更といったコマンドに応答したりします。 また、デバイスの内部状態をサービスと同期させて、デバイス モデルやオペレーティング システムなどのプロパティを共有することもできます。

IoT プラグ アンド プレイ スマートフォン アプリを使用すれば、専用の IoT デバイスを構成しなくても、Azure IoT の機能をすぐに体験できます。

Azure IoT プラグ アンド プレイ アプリ

この記事では、すぐに体験できるよう、スマートフォン アプリを IoT デバイスとして使用します。 このアプリで、スマートフォンのセンサーから収集されたテレメトリを送信したり、サービスから呼び出されたコマンドに応答したり、プロパティ値をレポートしたりします。

このスマートフォン アプリを使用すると、次のことができます。

  • 基本的な IoT シナリオを試す。
  • スマートフォンをリモートから管理したり対話的に操作したりする。
  • 構成をテストする。
  • カスタム デバイス開発の出発点とする。

アプリをインストールする

次のアプリ ストアのいずれかから、お使いのスマートフォンにアプリをインストールします。

Get the app for your Android phone on Google Play.Download the app for your phone from the the App Store.

アプリの機能

接続

IoT Central アプリケーションには、IoT Central で QR コードをスキャンして接続できます。

詳細については、このガイドで後述する「アプリを接続する」を参照してください。

テレメトリ

このアプリは、ご利用の IoT サービスにテレメトリとして送信するデータをスマートフォン上のセンサーから収集します。 既定では、センサー データが 5 秒おきに集計されますが、この時間はアプリの設定ページで変更できます。

Screenshot of telemetry page in smartphone app.

次のスクリーンショットに示したのは、IoT Central のデバイス ビューです。いくつかのデバイス テレメトリが表示されています。

Screenshot of device telemetry in IoT Central.

Properties

このアプリは、デバイスのモデルや製造元など、デバイスの状態をレポートします。 編集可能なプロパティもあります。それらのプロパティに変更を加えて、Azure IoT ソリューションで見ると、その変更が同期されていることがわかります。

Screenshot that shows properties page in mobile device app.

次のスクリーンショットは、書き込み可能なプロパティがデバイスに送信された後、そのプロパティを IoT Central で見たところです。

Screenshot that shows the writable property in IoT Central.

イメージのアップロード

IoT Central と IoT Hub ではどちらも、デバイスから Azure Storage にファイルをアップロードすることができます。 デバイスからのイメージのアップロードは、スマートフォン アプリを使用して行うことができます。

デバイスからのファイルのアップロードをサポートするようにサービスを構成する方法について詳しくは、次の記事を参照してください。

Screenshot that shows the image upload page in the smartphone app.

ログ

スマートフォン アプリは、ローカル ログ ファイルにイベントを書き込みます。これらのログ ファイルはアプリ内から閲覧できます。 ログ ファイルは、トラブルシューティングを行ったり、アプリの動作を詳しく把握したりする目的で使用します。

Screenshot that shows the log page in the smartphone app.

設定

アプリの設定ページでは、次のことができます。

  • アプリを Azure IoT ソリューションに接続する。
  • 現在のデバイス登録情報を確認する。
  • 保存されたデータをクリアしてアプリをリセットする。
  • アプリの外観をカスタマイズする。
  • アプリから IoT サービスにテレメトリが送信される頻度を設定する。

Screenshot of the settings page in the smartphone app.

アプリを接続する

前提条件

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。

IoT Central アプリケーションを作成します。 詳細については、「IoT Central アプリケーションを作成する」を参照してください。

デバイスを登録する

スマートフォン アプリを接続する前に、IoT Central アプリケーションにデバイスを登録する必要があります。 デバイス登録を作成すると、IoT Central によってデバイスの接続情報が生成されます。

IoT Central にデバイスを登録するには:

  1. IoT Central アプリケーションにサインインし、 [デバイス] ページに移動します。

  2. [デバイスの作成] を選択します。

  3. [新しいデバイスの作成] ページで [作成] を選択します。

    Screenshot showing how to create a device in IoT Central.

  4. デバイスの一覧でデバイス名をクリックし、 [接続] を選択します。 [デバイス接続] ページで、スマートフォン アプリでスキャンする QR コードを確認できます。

    Screenshot showing the device connection page with the QR code.

デバイスを接続する

IoT Central にデバイスを登録した後、QR コードをスキャンすることでスマートフォン アプリを接続できます。 アプリを接続するには:

  1. スマートフォンで IoT PnP アプリを開きます。

  2. ようこそのページで、 [Scan QR code](QR コードのスキャン) を選択します。 スマートフォンのカメラで QR コードをポイントします。 その後、接続が確立されるまで数秒間待ちます。

  3. アプリのテレメトリのページで、アプリから IoT Central に送信されているデータを確認できます。 ログのページで、デバイスが接続中であることと、いくつかの初期化メッセージを確認できます。

  4. [設定] [登録] ページで、アプリで IoT Central への接続に使用したデバイス ID と ID スコープを確認できます。

デバイスから IoT Central に接続する方法について詳しくは、「デバイスの接続方法」をご覧ください。

接続を確認する

デバイスから送信されているデータを IoT Central アプリケーションで表示するには:

  1. IoT Central アプリケーションにサインインし、 [デバイス] ページに移動します。 デバイスは自動的に Smartphone デバイス テンプレートに割り当てられています。

    ヒント

    Smartphone デバイス テンプレートにいつデバイスが割り当てられたかを確認するには、Web ブラウザーでページを最新の情報に更新しなければならない場合があります。

  2. デバイスの一覧でデバイス名をクリックし、 [概要] を選択します。 スマートフォンのセンサーからのテレメトリが [概要] ページに表示されます。

    Screenshot of the device overview page in IoT Central that shows the telemetry from the smartphone sensors.

  3. デバイスから送信されたプロパティを [About](情報) ページで確認します。

  4. [コマンド] ページで LightOn コマンドを実行すると、スマートフォンの懐中電灯がオンになります。

ヒント

[生データ] ページには、デバイスから送信されているすべてのデータが表示されます。

次のステップ

スマートフォン アプリを IoT Central に接続したら、次のステップとして、IoT Central について詳しい知識を身に付けることをお勧めします。