サービスの品質 (QoS) ダッシュボード

このダッシュボードには、すべてのオファーの展開の品質が表示されます。 オファーの展開の成功率が高いほど、顧客に提供されるサービスの品質が高くなります。

次の項目のグラフィカル表示が表示されます。

  • 展開の合計数
  • 状態別の展開
  • [Quality by offers](オファー別の品質)
    • 成功した展開
    • 失敗した展開
  • 展開 – エラー コードとリソース
  • [Deployment errors by offer plan](オファー プラン別の展開エラー)
  • [Quality by deployment duration](展開期間別の品質)
  • 地理的分布

さらに、オファーの展開の詳細を表形式で表示します。

重要

現在、このダッシュボードは、(プライベート オファーではなく) 全体向けのAzure アプリケーション オファーでのみ使用できます。

現在、この機能は、Azure Resource Manager (ARM) テンプレートを使用して Azure アプリケーション オファーの展開を実行しているすべてのパートナーに適用されます (ただしプライベート オファーを除きます)。 このレポートには、他のマーケットプレース オファーのデータは表示されません。

サービスの品質ダッシュボードにアクセスする

  1. パートナー センターにサインインします

  2. ホーム ページで、 [分析情報] タイルを選択します。

    パートナー センターの [分析情報] タイルを示しています。

  3. 左側のメニューで、[サービスの品質] を選択します。

    サービスの品質ダッシュボードの図。

サービスの品質ダッシュボードの要素

次のセクションでは、[サービスの品質] (QoS) ダッシュボードの使用方法とデータの読み取り方法について説明します。

ダウンロード

このダッシュボード用のデータをダウンロードするには、[ダウンロード] の一覧から [PDF 形式でダウンロード] を選びます。

[ダウンロード] メニューのスクリーンショット。

または、[ダウンロード] ダッシュボードにアクセスして、レポートをダウンロードすることもできます。

共有

ダッシュボード ウィジェットのデータをメールによって共有するには、上部のメニューで [共有] を選びます。

[共有] メニューのスクリーンショット。

表示されるダイアログ ボックスで、受信者のメール アドレスとメッセージを指定します。 レポートの URL を共有するには、[リンクをコピー] または [チームに共有] ボタンを選びます。 グラフ データのスナップショットを取得するには、[イメージとしてコピー] ボタンを選びます。

新機能

ダッシュボードに対して行われた変更と機能強化について学習するには、[最新情報] を選びます。 [新着情報] サイド パネルが表示されます。

[新着情報] メニューのスクリーンショット。

データ更新の詳細

データ ソースとデータ更新の詳細 (データ更新の頻度など) を表示するには、省略記号 (3 つのドット) を選択し、[データ更新の詳細] を選択します。

省略記号メニューの [データ更新の詳細] オプションのスクリーンショット。

フィードバックが欲しい場合

レポート/ダッシュボードに関するフィードバックをすぐに提供するには、省略記号 (3 つのドット) を選択し、[フィードバックを送信しますか?] リンクを選択します。

省略記号メニューの [フィードバックを送信しますか?] オプションのスクリーンショット。

表示されるダイアログ ボックスにフィードバックを入力します。

注意

スクリーンショットは、フィードバックと共に自動的に送信されます。

[サービスの品質] ページのダッシュボード フィルター

ページには、さまざまなダッシュボード レベルのフィルターがあり、以下に基づいてサービスの品質データをフィルター処理するために使用できます。

  • アプリケーションの種類
  • Azure サブスクリプション ID
  • [Customer Id]
  • Offer Id
  • 価格
  • 展開場所

各フィルターは、複数のオプションを選択できる拡張性があるます。 フィルター オプションは動的であり、選択した日付範囲に基づきます。

フィルターを選択するには、ページの右上にある [フィルター] を選択します。

[フィルター] メニューのスクリーンショット。

右側に表示されるパネルで、目的のフィルターを選択し、[適用] を選択します。

[フィルター] パネルのスクリーンショット。

展開の合計数

このグラフは、オファーの展開の合計を示しています。 メトリックと成長傾向は折れ線グラフで表されます。 各月の値を表示するには、折れ線グラフにマウス ポインターを合わせます。

展開メトリックの下にあるパーセント値は、選択した月の範囲内での増加量または減少量を表します。

省略記号 (3 つのドット) を選択してウィジェット イメージをコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、イメージを .PDF としてダウンロードします。

展開数のグラフを表示します。

このグラフについて:

  • 選択した日付範囲でのオファーの展開の総数。
  • 選択した日付範囲でのオファーの展開の変化率。
  • オファーの展開の総数の前月比の傾向。

状態別の展開

このグラフは、選択した月の範囲について、顧客による成功および失敗したオファーの展開のメトリックと傾向を示しています。 オファーの展開には、 [成功] または [失敗] の 2 つの状態があります。

省略記号 (3 つのドット) を選択してウィジェット イメージをコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、イメージを .PDF としてダウンロードします。

状態グラフで展開数を表示します。

このグラフについて:

  • 選択した日付範囲の成功および失敗したオファーの展開の総数。
  • 選択した日付範囲の成功および失敗したオファーの展開の変化率。
  • 成功および失敗したオファーの展開数の前月比の傾向。

[Quality by offers](オファー別の品質)

このグラフは、オファー別のサービス品質とそれに対応する SKU を示しています。 これは、合計成功失敗のオファーの展開のメトリックと傾向を月々提供します。 棒グラフは、展開の数を表します。

折れ線グラフは、次の変化率を表します。

  • 展開の合計 ( [すべて] タブ)
  • 成功した展開 ( [成功] タブ)
  • 失敗した展開 ( [失敗] タブ)。

グラフには、すべてのオファーのメトリックと傾向が表示されます。 上位のオファーがグラフに表示され、残りのオファーは **[残りすべて]** としてグループ化されます。

省略記号 (3 つのドット) を選択してウィジェット イメージをコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、イメージを .PDF としてダウンロードします。

オファー別の品質グラフのバージョン 1 を示します。

このグラフについて:

  • 凡例で特定のオファーを選択すると、そのオファーと関連する SKU のみがグラフに表示されます。
  • グラフのスライスにポインターを合わせると、展開数とそのオファーの割合が、すべてのオファーの合計展開数と比較して表示されます。
  • [Quality by offers](オファー別の品質) の傾向には、月別の増加または減少傾向が表示されます。

オファー別の品質グラフのバージョン 2 を示します。

SKU の傾向を表示する

このグラフについて:

  • 表示する特定のオファーと関連付けられている SKU を凡例から選択します。
  • [Quality by offers](オファー別の品質) の傾向には、月別のメトリックが表示されます。
  • オファーの前月比の傾向を表示する場合は、そのオファーの最大 3 つの SKU を選択します。
  • 折れ線グラフは、前のグラフで示したのと同じ変化率を表します。

[Deployment errors codes and resources](展開のエラー コードとリソース)

このグラフは、オファーの展開ベースのエラー コードとリソースのメトリックと傾向を示しています。 表形式セクションは、エラー コードとリソースでピボットできます。 最初のサブタブには、分析ベースのエラー コード、説明、およびエラー数が表示されます。 2 つ目には、展開リソースの分析ベースが表示されます。 折れ線グラフには、合計エラー数ベースのエラー コードとリソースが表示されます。

エラー コードの詳細については、「Azure Resource Manager を使用した Azure への展開で発生する一般的なエラーのトラブルシューティング」および「Azure サービスのリソース プロバイダー」を参照してください。

展開エラー コード グラフのサンプル 1 を示します。

省略記号 (3 つのドット) を選んでウィジェットの画像をコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、画像を .PDF としてダウンロードします。

展開エラー コード グラフのサンプル 2 を示します。

これらのグラフについて:

  • 表示する特定のエラーまたはリソースを凡例から選択します。
  • 傾向ウィジェットには、月ごとのエラー数が表示されます。
  • 前月比の傾向をエラー コードまたはリソース別に表示するには、表から最大 3 つの項目を選択します。
  • 表のエラー数に基づいて、展開エラーのエラー コードとリソースを並べ替えます。

[Deployment errors by offer plan](オファー プラン別の展開エラー)

このグラフでは、Y 軸は展開エラー数を表し、X 軸は上位オファー プランのパーセンタイル (エラー数による) を表します。

省略記号 (3 つのドット) を選択してウィジェット イメージをコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、イメージを .PDF としてダウンロードします。

オファー プラン別の展開エラーのグラフを表示します。

このグラフについて:

  • 棒グラフは、選択した月の範囲の展開エラー数を表します。
  • 折れ線グラフの値は、オファー プラン別の累積エラー率を表します。

[Quality by deployment duration](展開期間別の品質)

このグラフは、展開の成功と失敗の平均期間のメトリックと傾向を示しています。 ドロップダウン メニューでオファーを選択して、メトリックを表示します。 表形式ビューで SKU を選択するか、検索バーに入力します。 さまざまな平均展開期間 (分単位) を次に一覧表示します。

  • [Success duration] (成功期間) – オファーの展開の状態が [成功] とマークされた展開期間の平均時間。 この集計メトリックは、成功状態としてマークされた展開の開始タイムスタンプと終了タイムスタンプの間の期間を使用して計算されます。
  • [Failure duration] (失敗期間) – オファーの展開の状態が [失敗] とマークされた展開期間の平均時間。 この集計メトリックは、失敗状態としてマークされた展開の開始タイムスタンプと終了タイムスタンプの間の期間を使用して計算されます。
  • [First Successful deployment duration] (最初に成功した展開期間) – オファーの展開の状態が [成功] とマークされた展開期間の平均時間。 この集計メトリックは、成功状態としてマークされた、最初の展開の開始タイムスタンプから最後の展開の終了タイムスタンプまでの期間を使用して計算されます。 これは、特定のオファー SKU と顧客に対してマークされた展開ごとに計算されます。

省略記号 (3 つのドット) を選択してウィジェット イメージをコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、イメージを .PDF としてダウンロードします。

展開期間の品質グラフを表示します。

このグラフについて:

  • 表示する [Failure duration] (失敗期間)、[Success duration] (成功期間)、または [First Successful deployment duration] (最初に成功した展開期間) を凡例から選択します。
  • 折れ線グラフには、成功、失敗、前の試行で失敗した成功した展開としてマークされた展開の平均期間が表示されます。
  • 最初の展開の平均時間には、展開が成功としてマークされる前の失敗の試行に費やされた時間が考慮されています。

地理的分布

このグラフは、選択した月の範囲で成功した展開数と失敗した展開数の地理的な広がりを表すヒート マップを示しています。 また、各リージョンに対する失敗の割合も表示されます。 緑から赤のカラー スケールは、失敗率の低い値から高い値を表します。 表内のレコードを選択すると、展開地域が拡大されます。

省略記号 (3 つのドット) を選択してウィジェット イメージをコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、イメージを .PDF としてダウンロードします。

場所別の展開の信頼性グラフを表示します。

このグラフについて:

  • マップを動かして正確な場所を見ることができます。
  • 特定の場所にズーム インできます。
  • ヒート マップには、特定の場所の成功数、失敗数、および失敗率の展開の詳細を表示する補助グリッドがあります。
  • 赤色の領域は失敗率が高く、緑色は低いことを示しています。
  • グリッドで国またはリージョンを検索して選択すると、マップ内の場所にズームできます。 [ホーム] アイコンを使用すると、元のビューに戻ります。

詳細なデータ

次の表は、利用可能なすべてのオファーの展開の詳細を示しています。 レポートをダウンロードすると、オファーの展開に関する生データを確認できます。

省略記号 (3 つのドット) を選択してウィジェット イメージをコピーし、集計されたウィジェット データを .CSV ファイルとしてダウンロードし、イメージを .PDF としてダウンロードします。

展開の詳細な表を表示します。

この表について:

  • 上位 1,000 件の展開の番号付き一覧を、展開日順に表示します。
  • グリッドの各列で並べ替えることができます。
  • コントロールを展開し、表をエクスポートできます。
  • 詳細ビューはページ分割されています。 ページの下部で他のページを選択できます。

データ用語の辞書

列名 属性名 定義
プラン ID プラン ID デプロイされたオファーの名前
Sku Sku デプロイされたオファーのプランまたは SKU の名前
展開の状態 展開の状態 成功または失敗としてマークされたオファーの展開の状態
サブスクリプション ID サブスクリプション ID 顧客のサブスクリプション ID
顧客テナント ID 顧客テナント ID 顧客のテナント ID
Customer Name Customer Name 顧客の名前
テンプレートの種類 テンプレートの種類 デプロイされた Azure アプリの種類。 マネージド アプリまたはソリューション テンプレートのいずれかであり、プライベートにすることはできません。
展開の開始日時 展開の開始日時 展開の開始時刻
展開終了時刻 展開終了時刻 展開の終了時刻
[Deployment Duration:](配置期間:) [Deployment Duration:](配置期間:) オファーの展開の合計期間 (ミリ秒単位)。 グラフに分で表示されます。
展開リージョン 展開リージョン Azure App の展開の場所
リソース プロバイダー リソース プロバイダー デプロイされた特定のリソースのリソース プロバイダー
リソース URI リソース URI デプロイされたリソースの URI
リソース グループ リソース グループ リソースがデプロイされているリソース グループ
リソースの種類 リソースの種類 デプロイされたリソースの種類
リソース名 リソース名 デプロイされたリソースの名前
エラー コード エラー コード 展開の失敗のエラー コード
エラー名 エラー名 展開の失敗のエラー名
エラー メッセージ エラー メッセージ 展開の失敗のエラー メッセージ
[Deep Error Code](詳細なエラー コード) [Deep Error Code](詳細なエラー コード) エラー コードに関する詳細情報 (ある場合)
[Deep Message Code](詳細なメッセージ コード) [Deep Message Code](詳細なメッセージ コード) エラー メッセージに関する詳細情報 (ある場合)
関連付け ID 関連付け ID 異なる展開を区別するために使用される識別子。 同じ値は、展開されるすべてのリソースが 1 つの展開用であることを意味します。

次の手順