オンプレミスから Azure へのディザスター リカバリーを準備する

この記事では、Azure Site Recovery サービスを使用してオンプレミスの VMware VM、Hyper-V VM、または Windows/Linux 物理サーバーの Azure へのディザスター リカバリーを設定できるように、Azure のリソースとコンポーネントを準備する方法について説明します。

この記事は、オンプレミスの VM のディザスター リカバリーを設定する方法について説明するシリーズの 1 番目のチュートリアルです。

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。

  • Azure アカウントにレプリケーションのアクセス許可があることを確認します。
  • Recovery Services コンテナーを作成する。 コンテナーには、VM および他のレプリケーション コンポーネントのメタデータと構成情報が保持されます。
  • Azure 仮想ネットワーク (VNet) を設定します。 フェールオーバー後に作成された Azure VM は、このネットワークに参加します。

Note

チュートリアルでは、シナリオの最も簡単なデプロイ パスを示します。 可能であれば既定のオプションを使い、すべての可能な設定とパスを示してはいません。 詳細な手順については、Site Recovery の目次のハウツー セクションにある記事を参照してください。

開始する前に

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。 次に、Azure Portal にサインインします。

アカウントのアクセス許可を確認する

無料の Azure アカウントを作成したばかりであれば、自分のサブスクリプションの管理者になっていて、必要なアクセス許可を持っています。 サブスクリプションの管理者でなければ、管理者に協力を求め、必要なアクセス許可を割り当てます。 新しい仮想マシンのレプリケーションを有効にするには、次を実行するためのアクセス許可が必要です。

  • 選択したリソース グループ内に VM を作成する。
  • 選択した仮想ネットワーク内に VM を作成する。
  • Azure Storage アカウントに書き込む。
  • Azure マネージド ディスクに書き込む。

これらのタスクを遂行するには、お使いのアカウントに、"仮想マシン共同作成者" 組み込みロールが割り当てられている必要があります。 また、Site Recovery 操作をコンテナーで管理するには、お使いのアカウントに、"Site Recovery 共同作成者" 組み込みロールが割り当てられている必要があります。

Recovery Services コンテナーを作成する

  1. Azure portal メニューで [リソースの作成] を選択し、Marketplace で "Recovery" を検索します。

  2. 検索結果から [Backup and Site Recovery](バックアップおよびサイトの回復) を選択し、[Backup and Site Recovery](バックアップおよびサイトの回復) ページで [作成] をクリックします。

  3. [Recovery Services コンテナーの作成] ページで、 [サブスクリプション] を選択します。 ここでは Contoso サブスクリプションを使用します。

  4. [リソース グループ] で、既存のリソース グループを選択するか、新しいリソース グループを作成します。 このチュートリアルでは contosoRG を使用しています。

  5. [コンテナー名] に、コンテナーを識別する表示名を入力します。 この一連のチュートリアルでは、ContosoVMVault を使用します。

  6. [リージョン] で、コンテナーを配置するリージョンを選びます。 [西ヨーロッパ] を使います。

  7. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。

    [Recovery Services コンテナーの作成] ページのスクリーンショット。

    新しいコンテナーは、 [ダッシュボード]>[すべてのリソース] と、メインの [Recovery Services コンテナー] ページの一覧に表示されます。

Azure ネットワークをセットアップ

オンプレミスのマシンは Azure マネージド ディスクにレプリケートされます。 フェールオーバーが発生すると、Azure VM がこれらのマネージド ディスクから作成され、この手順で指定した Azure ネットワークに参加します。

  1. Azure portal で、 [リソースの作成]>[ネットワーク]>[仮想ネットワーク] の順に選択します。

  2. デプロイ モデルとして [リソース マネージャー] をそのまま選択します。

  3. [名前] で、ネットワーク名を入力します。 Azure リソース グループ内で一意となる名前を使用してください。 このチュートリアルでは ContosoASRnet を使います。

  4. [アドレス空間] で、仮想ネットワークのアドレス範囲を CIDR 表記で入力します。 ここでは 10.1.0.0/24 を使用します。

  5. [サブスクリプション] で、ネットワークを作成するサブスクリプションを選択します。

  6. ネットワークを作成するリソース グループを指定します。 既存のリソース グループ contosoRG を使っています。

  7. [場所] で、Recovery Services コンテナーが作成されたリージョンと同じリージョンを選択します。 このチュートリアルでは、"西ヨーロッパ" を使用します。 ネットワークは、コンテナーと同じリージョンにある必要があります。

  8. [アドレス範囲] に、ネットワークの範囲を入力します。 ここでは、サブネットを使用せずに 10.1.0.0/24 を使用しています。

  9. 基本的な DDoS 保護の既定のオプションのままにし、ネットワーク上にサービス エンドポイントもファイアウォールも置きません。

  10. 作成 を選択します。

    [仮想ネットワークの作成] のオプションのスクリーンショット。

仮想ネットワークの作成には数秒かかります。 作成が完了すると、Azure portal ダッシュボードに表示されます。

次のステップ