azcopy

現在のバージョン: 10.15.0

AzCopy は、Azure Storage との間でデータを移動するコマンドライン ツールです。 AzCopy のダウンロード方法と、ストレージ サービスに認証資格情報を与える方法については、AzCopy の作業開始に関するページをご覧ください。

概要

コマンドの一般的な形式は、azcopy [command] [arguments] --[flag-name]=[flag-value] のようになります。

問題を報告する場合や、ツールの詳細については、https://github.com/Azure/azure-storage-azcopy を参照してください。

オプション

--cap-mbps (float) 転送速度をメガビット/秒で制限します。 瞬間的なスループットは、上限と若干異なる場合があります。 このオプションを 0 に設定した場合や省略した場合、スループットは制限されません。

-h--help azcopy のヘルプ

--output-type (string) コマンドの出力の形式。 選択肢には、text、json などがあります。 既定値は "text" です。 (既定値は "text")

--trusted-microsoft-suffixes (string) Azure Active Directory ログイン トークンを送信できる追加のドメイン サフィックスを指定します。 既定値は ".core.windows.net;.core.chinacloudapi.cn;.core.cloudapi.de;.core.usgovcloudapi.net;*.storage.azure.net" です。 ここに記載されているすべてが既定値に追加されます。 セキュリティのために、Microsoft Azure のドメインのみをここに入力してください。 複数のエンティティは、セミコロンで区切ります。

関連項目