SMB Azure ファイル共有を Linux でマウントする

Azure Files は、Microsoft の使いやすいクラウド ファイル システムです。 Azure ファイル共有は、SMB カーネル クライアントを使用して Linux ディストリビューションにマウントできます。

Linux で Azure ファイル共有をマウントするには、SMB 3.1.1 を使用することをお勧めします。 既定では、転送中の暗号化が Azure Files で必要になりますが、これがサポートされるのは SMB 3.0 以降となります。 Azure Files では SMB 2.1 (転送中の暗号化をサポートしていない) もサポートしていますが、セキュリティ上の理由から、別の Azure リージョンまたはオンプレミスから SMB 2.1 を使用して Azure ファイル共有をマウントすることはできません。 アプリケーションで SMB 2.1 が特に必要な場合を除き、SMB 3.1.1 を使用してください。

Distribution SMB 3.1.1 (推奨) SMB 3.0
Linux カーネル バージョン
  • 3\.1.1 の基本サポート: 4.17
  • 既定でのマウント: 5.0
  • AES-128-GCM 暗号化: 5.3
  • AES-256-GCM 暗号化: 5.10
  • 3\.0 の基本サポート: 3.12
  • AES-128-CCM 暗号化: 4.11
Ubuntu AES-128-GCM 暗号化: 18.04.5 LTS 以上 AES-128-CCM 暗号化: 16.04.4 LTS 以上
Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
  • 基本: 8.0 以上
  • 既定でのマウント: 8.2 以上
  • AES-128-GCM 暗号化: 8.2 以上
7.5+
Debian 基本: 10 以上 AES-128-CCM 暗号化: 10 以上
SUSE Linux Enterprise Server AES-128-GCM 暗号化: 15 SP2 以上 AES-128-CCM 暗号化: 12 SP2 以上

お使いの Linux ディストリビューションが上記の表に記載されていない場合は、uname コマンドを使用して Linux カーネル バージョンを確認してください。

uname -r

Note

SMB 2.1 のサポートが追加されたのは、Linux カーネル バージョン 3.7 となります。 お使いの Linux カーネルのバージョンが 3.7 より大きい場合、SMB 2.1 がサポートされています。

適用対象

ファイル共有の種類 SMB NFS
Standard ファイル共有 (GPv2)、LRS/ZRS はい いいえ
Standard ファイル共有 (GPv2)、GRS/GZRS はい いいえ
Premium ファイル共有 (FileStorage)、LRS/ZRS はい いいえ

前提条件

  • cifs-utils パッケージがインストールされていることを確認します。
    cifs-utils パッケージは、選択した Linux ディストリビューションのパッケージ マネージャーを使用してインストールできます。

    Ubuntu および Debian では、apt パッケージ マネージャーを使用します。

    sudo apt update
    sudo apt install cifs-utils
    

    Red Hat Enterprise Linux 8 以上では、dnf パッケージ マネージャーを使用します。

    sudo dnf install cifs-utils
    

    それより前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux では、yum パッケージ マネージャーを使用します。

    sudo yum install cifs-utils 
    

    SUSE Linux Enterprise Server では、zypper パッケージ マネージャーを使用します。

    sudo zypper install cifs-utils
    

    他のディストリビューションでは、適切なパッケージ マネージャーを使用するか、ソースからコンパイルします。

  • Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) の最新バージョン。 Azure CLI をインストールする方法の詳細については、Azure CLI のインストールに関するページを参照し、ご利用のオペレーティング システムを選択してください。 PowerShell 6 以降で Azure PowerShell モジュールを使用することは可能ですが、この記事の手順は Azure CLI 用に提供されています。

  • ポート 445 が開いていることを確認する: SMB は、TCP ポート 445 経由で通信します。ファイアウォールによってクライアント コンピューターの TCP ポート 445 がブロックされないことを確認してください。 <your-resource-group><your-storage-account> を置き換え、次のスクリプトを実行します。

    resourceGroupName="<your-resource-group>"
    storageAccountName="<your-storage-account>"
    
    # This command assumes you have logged in with az login
    httpEndpoint=$(az storage account show \
        --resource-group $resourceGroupName \
        --name $storageAccountName \
        --query "primaryEndpoints.file" --output tsv | tr -d '"')
    smbPath=$(echo $httpEndpoint | cut -c7-${#httpEndpoint})
    fileHost=$(echo $smbPath | tr -d "/")
    
    nc -zvw3 $fileHost 445
    

    接続に成功した場合、次のような出力が表示されます。

    Connection to <your-storage-account> 445 port [tcp/microsoft-ds] succeeded!
    

    企業ネットワーク上でポート 445 を開くことができない場合、または ISP によってブロックされている場合は、VPN 接続または ExpressRoute を使用してポート 445 を回避することができます。 詳細については、直接の Azure ファイル共有アクセスのネットワークに関する考慮事項に関するページを参照してください。

Azure ファイル共有を mount を使用してオンデマンドでマウントする

Linux OS でファイル共有をマウントすると、リモートのファイル共有がローカル ファイル システム内のフォルダーとして表示されます。 ファイル共有は、システム上の任意の場所にマウントできます。 次の例では、/mount パス下にマウントします。 これは、$mntRoot 変数を変更することで任意のパスに変更できます。

<resource-group-name><storage-account-name><file-share-name> をお使いの環境に適した情報に置き換えます。

resourceGroupName="<resource-group-name>"
storageAccountName="<storage-account-name>"
fileShareName="<file-share-name>"

mntRoot="/mount"
mntPath="$mntRoot/$storageAccountName/$fileShareName"

sudo mkdir -p $mntPath

次に、mount コマンドを使用してファイル共有をマウントします。 次の例では、$smbPath コマンドがストレージ アカウントのファイル エンドポイントの完全修飾ドメイン名を使用して設定されています。また、$storageAccountKey には、ストレージ アカウント キーが設定されています。

Note

Linux カーネル バージョン 5.0 以降でネゴシエートされる既定のプロトコルは SMB 3.1.1 です。 5\.0 より前のバージョンの Linux カーネルを使用する場合は、mount のオプション リストに vers=3.1.1 を指定してください。

# This command assumes you have logged in with az login
httpEndpoint=$(az storage account show \
    --resource-group $resourceGroupName \
    --name $storageAccountName \
    --query "primaryEndpoints.file" --output tsv | tr -d '"')
smbPath=$(echo $httpEndpoint | cut -c7-${#httpEndpoint})$fileShareName

storageAccountKey=$(az storage account keys list \
    --resource-group $resourceGroupName \
    --account-name $storageAccountName \
    --query "[0].value" --output tsv | tr -d '"')

sudo mount -t cifs $smbPath $mntPath -o username=$storageAccountName,password=$storageAccountKey,serverino,nosharesock,actimeo=30

mount コマンドのマウント オプションには、uid/gid または dir_mode および file_mode を使用してアクセス許可を設定できます。 アクセス許可を設定する方法の詳細については、Wikipedia の「UNIX numeric notation」 (UNIX の数値表記) を参照してください。

必要に応じて、同じ Azure ファイル共有を複数のマウント ポイントにマウントすることもできます。 Azure ファイル共有の使用を完了したら、sudo umount $mntPath を使用して共有のマウントを解除してください。

ファイル共有を自動的にマウントする

Linux OS でファイル共有をマウントすると、リモートのファイル共有がローカル ファイル システム内のフォルダーとして表示されます。 ファイル共有は、システム上の任意の場所にマウントできます。 次の例では、/mount パス下にマウントします。 これは、$mntRoot 変数を変更することで任意のパスに変更できます。

mntRoot="/mount"
sudo mkdir -p $mntRoot

Azure ファイル共有を Linux にマウントするには、ファイル共有のユーザー名としてストレージ アカウント名を、また、パスワードとしてストレージ アカウント キーを使用します。 ストレージ アカウントの資格情報は時間の経過に伴って変化する可能性があるため、ストレージ アカウントの資格情報は、マウントの構成とは別に保管しておく必要があります。

次の例は、資格情報を格納するファイルの作成方法を示しています。 <resource-group-name><storage-account-name> をお使いの環境に適した情報に置き換えることを忘れないでください。

resourceGroupName="<resource-group-name>"
storageAccountName="<storage-account-name>"

# Create a folder to store the credentials for this storage account and
# any other that you might set up.
credentialRoot="/etc/smbcredentials"
sudo mkdir -p "/etc/smbcredentials"

# Get the storage account key for the indicated storage account.
# You must be logged in with az login and your user identity must have 
# permissions to list the storage account keys for this command to work.
storageAccountKey=$(az storage account keys list \
    --resource-group $resourceGroupName \
    --account-name $storageAccountName \
    --query "[0].value" --output tsv | tr -d '"')

# Create the credential file for this individual storage account
smbCredentialFile="$credentialRoot/$storageAccountName.cred"
if [ ! -f $smbCredentialFile ]; then
    echo "username=$storageAccountName" | sudo tee $smbCredentialFile > /dev/null
    echo "password=$storageAccountKey" | sudo tee -a $smbCredentialFile > /dev/null
else 
    echo "The credential file $smbCredentialFile already exists, and was not modified."
fi

# Change permissions on the credential file so only root can read or modify the password file.
sudo chmod 600 $smbCredentialFile

ファイル共有を自動的にマウントするには、/etc/fstab ユーティリティによる静的マウントを使用する方法と autofs ユーティリティによる動的マウントを使用する方法とがあります。

/etc/fstab を使用した静的マウント

以前の環境を使用して、ストレージ アカウントやファイル共有のフォルダーを指定のマウント フォルダー下に作成します。 <file-share-name> は、Azure ファイル共有の適切な名前に置き換えてください。

fileShareName="<file-share-name>"

mntPath="$mntRoot/$storageAccountName/$fileShareName"
sudo mkdir -p $mntPath

最後に、Azure ファイル共有のレコードを /etc/fstab ファイルに作成します。 次のコマンドでは、Linux のファイルとフォルダーに既定のアクセス許可である 0755 が使用されています。これは、所有者 (ファイルまたはディレクトリの Linux 所有者に基づく) には読み取り、書き込み、および実行が、所有者グループのユーザーには読み取りおよび実行が、システム上の他のユーザーには読み取りおよび実行が許可されることを意味します。 別途、mount の uidgid または dir_modefile_mode で必要に応じてアクセス許可を設定することもできます。 アクセス許可を設定する方法の詳細については、Wikipedia の「UNIX numeric notation」 (UNIX の数値表記) を参照してください。

ヒント

.NET Core アプリケーションを実行する Docker コンテナーが Azure ファイル共有に書き込めるようにする場合は、CIFS マウント オプションに nobrl を含め、バイト範囲ロック要求をサーバーに送信しないようにします。

httpEndpoint=$(az storage account show \
    --resource-group $resourceGroupName \
    --name $storageAccountName \
    --query "primaryEndpoints.file" --output tsv | tr -d '"')
smbPath=$(echo $httpEndpoint | cut -c7-${#httpEndpoint})$fileShareName

if [ -z "$(grep $smbPath\ $mntPath /etc/fstab)" ]; then
    echo "$smbPath $mntPath cifs nofail,credentials=$smbCredentialFile,serverino,nosharesock,actimeo=30" | sudo tee -a /etc/fstab > /dev/null
else
    echo "/etc/fstab was not modified to avoid conflicting entries as this Azure file share was already present. You may want to double check /etc/fstab to ensure the configuration is as desired."
fi

sudo mount -a

Note

Linux カーネル バージョン 5.0 以降でネゴシエートされる既定のプロトコルは SMB 3.1.1 です。 vers マウント オプションを使用して別のプロトコル バージョンを指定できます (プロトコルのバージョンは 3.1.13.02.1)。

autofs を使用した動的マウント

autofs ユーティリティを使用してファイル共有を動的にマウントするには、パッケージ マネージャーを使用して、任意の Linux ディストリビューションにユーティリティをインストールします。

UbuntuDebian ディストリビューションでは、apt パッケージ マネージャーを使用します。

sudo apt update
sudo apt install autofs

Red Hat Enterprise Linux 8 以上では、dnf パッケージ マネージャーを使用します。

sudo dnf install autofs

それより前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux では、yum パッケージ マネージャーを使用します。

sudo yum install autofs 

SUSE Linux Enterprise Server では、zypper パッケージ マネージャーを使用します。

sudo zypper install autofs

次に、autofs 構成ファイルを更新します。

fileShareName="<file-share-name>"

httpEndpoint=$(az storage account show \
    --resource-group $resourceGroupName \
    --name $storageAccountName \
    --query "primaryEndpoints.file" --output tsv | tr -d '"')
smbPath=$(echo $httpEndpoint | cut -c7-$(expr length $httpEndpoint))$fileShareName

echo "$fileShareName -fstype=cifs,credentials=$smbCredentialFile :$smbPath" > /etc/auto.fileshares

echo "/fileshares /etc/auto.fileshares --timeout=60" > /etc/auto.master

最後の手順は、autofs サービスを再起動することです。

sudo systemctl restart autofs

次のステップ

Azure Files の詳細については、次のリンクをご覧ください。