Microsoft。ConnectedVMwarevSphere resourcePools 2022-01-10-preview

Bicep リソース定義

resourcePools リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはConnectedVMwarevSphere/resourcePools リソースで、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.ConnectedVMwarevSphere/resourcePools@2022-01-10-preview' = {
  name: 'string'
  location: 'string'
  tags: {
    tagName1: 'tagValue1'
    tagName2: 'tagValue2'
  }
  kind: 'string'
  extendedLocation: {
    name: 'string'
    type: 'string'
  }
  properties: {
    inventoryItemId: 'string'
    moRefId: 'string'
    vCenterId: 'string'
  }
}

プロパティの値

resourcePools

名前 説明
name リソース名 string (必須)
location 場所を取得または設定します。 string (必須)
tags リソース タグを取得または設定します。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
kind 同じ種類のリソースに対して異なる UX エクスペリエンスをレンダリングするためにポータル/ツール/etc によって使用されるメタデータ。たとえば、ApiApps は一種のMicrosoftです。Web/サイトの種類。 サポートされている場合、リソース プロバイダーはこの値を検証して保持する必要があります。 string
extendedLocation 拡張場所を取得または設定します。 ExtendedLocation
properties リソースのプロパティ。 ResourcePoolProperties (必須)

ExtendedLocation

名前 説明
name 拡張された場所の名前。 string
type 拡張場所の種類。 string

ResourcePoolProperties

名前 説明
inventoryItemId リソース プールのインベントリ項目 ID を取得または設定します。 string
moRefId リソース プールの vCenter MoRef (マネージド オブジェクト参照) ID を取得または設定します。 string
vCenterId このリソース プールが存在する vCenter リソースの ARM ID を取得または設定します。 string

ARM テンプレート リソース定義

resourcePools リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはConnectedVMwarevSphere/resourcePools リソースで、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.ConnectedVMwarevSphere/resourcePools",
  "apiVersion": "2022-01-10-preview",
  "name": "string",
  "location": "string",
  "tags": {
    "tagName1": "tagValue1",
    "tagName2": "tagValue2"
  },
  "kind": "string",
  "extendedLocation": {
    "name": "string",
    "type": "string"
  },
  "properties": {
    "inventoryItemId": "string",
    "moRefId": "string",
    "vCenterId": "string"
  }
}

プロパティの値

resourcePools

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft。ConnectedVMwarevSphere/resourcePools'
apiVersion リソース API のバージョン '2022-01-10-preview'
name リソース名 string (必須)
location 場所を取得または設定します。 string (必須)
tags リソース タグを取得または設定します。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
kind 同じ種類のリソースに対して異なる UX エクスペリエンスをレンダリングするためにポータル/ツール/etc によって使用されるメタデータ。たとえば、ApiApps は一種のMicrosoftです。Web/サイトの種類。 サポートされている場合、リソース プロバイダーはこの値を検証して保持する必要があります。 string
extendedLocation 拡張場所を取得または設定します。 ExtendedLocation
properties リソースのプロパティ。 ResourcePoolProperties (必須)

ExtendedLocation

名前 説明
name 拡張された場所の名前。 string
type 拡張場所の種類。 string

ResourcePoolProperties

名前 説明
inventoryItemId リソース プールのインベントリ項目 ID を取得または設定します。 string
moRefId リソース プールの vCenter MoRef (マネージド オブジェクト参照) ID を取得または設定します。 string
vCenterId このリソース プールが存在する vCenter リソースの ARM ID を取得または設定します。 string

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

resourcePools リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはConnectedVMwarevSphere/resourcePools リソースで、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.ConnectedVMwarevSphere/resourcePools@2022-01-10-preview"
  name = "string"
  location = "string"
  parent_id = "string"
  tags = {
    tagName1 = "tagValue1"
    tagName2 = "tagValue2"
  }
  body = jsonencode({
    properties = {
      inventoryItemId = "string"
      moRefId = "string"
      vCenterId = "string"
    }
    kind = "string"
    extendedLocation = {
      name = "string"
      type = "string"
    }
  })
}

プロパティの値

resourcePools

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft。ConnectedVMwarevSphere/resourcePools@2022-01-10-preview"
name リソース名 string (必須)
location 場所を取得または設定します。 string (必須)
parent_id リソース グループにデプロイするには、そのリソース グループの ID を使用します。 string (必須)
tags リソース タグを取得または設定します。 タグの名前と値のディクショナリ。
kind 同じ種類のリソースに対して異なる UX エクスペリエンスをレンダリングするためにポータル/ツール/etc によって使用されるメタデータ。たとえば、ApiApps は一種のMicrosoftです。Web/サイトの種類。 サポートされている場合、リソース プロバイダーはこの値を検証して保持する必要があります。 string
extendedLocation 拡張場所を取得または設定します。 ExtendedLocation
properties リソースのプロパティ。 ResourcePoolProperties (必須)

ExtendedLocation

名前 説明
name 拡張された場所の名前。 string
type 拡張場所の種類。 string

ResourcePoolProperties

名前 説明
inventoryItemId リソース プールのインベントリ項目 ID を取得または設定します。 string
moRefId リソース プールの vCenter MoRef (マネージド オブジェクト参照) ID を取得または設定します。 string
vCenterId このリソース プールが存在する vCenter リソースの ARM ID を取得または設定します。 string