Microsoft。DataProtection backupVaults/backupPolicies 2022-11-01-preview

Bicep リソース定義

backupVaults/backupPolicies リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはDataProtection/backupVaults/backupPolicies リソースを使用して、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.DataProtection/backupVaults/backupPolicies@2022-11-01-preview' = {
  name: 'string'
  parent: resourceSymbolicName
  properties: {
    datasourceTypes: [
      'string'
    ]
    objectType: 'string'
    // For remaining properties, see BaseBackupPolicy objects
  }
}

BaseBackupPolicy オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

BackupPolicy の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'BackupPolicy'
  policyRules: [
    {
      name: 'string'
      objectType: 'string'
      // For remaining properties, see BasePolicyRule objects
    }
  ]

BasePolicyRule オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AzureBackupRule の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'AzureBackupRule'
  backupParameters: {
    objectType: 'string'
    // For remaining properties, see BackupParameters objects
  }
  dataStore: {
    dataStoreType: 'string'
    objectType: 'string'
  }
  trigger: {
    objectType: 'string'
    // For remaining properties, see TriggerContext objects
  }

AzureRetentionRule の場合は、次を使用します。

  objectType: 'AzureRetentionRule'
  isDefault: bool
  lifecycles: [
    {
      deleteAfter: {
        duration: 'string'
        objectType: 'string'
        // For remaining properties, see DeleteOption objects
      }
      sourceDataStore: {
        dataStoreType: 'string'
        objectType: 'string'
      }
      targetDataStoreCopySettings: [
        {
          copyAfter: {
            objectType: 'string'
            // For remaining properties, see CopyOption objects
          }
          dataStore: {
            dataStoreType: 'string'
            objectType: 'string'
          }
        }
      ]
    }
  ]

BackupParameters オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AzureBackupParams の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'AzureBackupParams'
  backupType: 'string'

TriggerContext オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AdhocBasedTriggerContext の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'AdhocBasedTriggerContext'
  taggingCriteria: {
    tagInfo: {
      tagName: 'string'
    }
  }

ScheduleBasedTriggerContext の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'ScheduleBasedTriggerContext'
  schedule: {
    repeatingTimeIntervals: [
      'string'
    ]
    timeZone: 'string'
  }
  taggingCriteria: [
    {
      criteria: [
        {
          objectType: 'string'
          // For remaining properties, see BackupCriteria objects
        }
      ]
      isDefault: bool
      taggingPriority: int
      tagInfo: {
        tagName: 'string'
      }
    }
  ]

BackupCriteria オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

ScheduleBasedBackupCriteria の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'ScheduleBasedBackupCriteria'
  absoluteCriteria: [
    'string'
  ]
  daysOfMonth: [
    {
      date: int
      isLast: bool
    }
  ]
  daysOfTheWeek: [
    'string'
  ]
  monthsOfYear: [
    'string'
  ]
  scheduleTimes: [
    'string'
  ]
  weeksOfTheMonth: [
    'string'
  ]

DeleteOption オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AbsoluteDeleteOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'AbsoluteDeleteOption'

CopyOption オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

CopyOnExpiryOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'CopyOnExpiryOption'

CustomCopyOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'CustomCopyOption'
  duration: 'string'

ImmediateCopyOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType: 'ImmediateCopyOption'

プロパティの値

backupVaults/backupPolicies

名前 説明
name リソース名

Bicep で子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
parent Bicep では、子リソースの親リソースを指定できます。 このプロパティを追加する必要があるのは、子リソースが親リソースの外部で宣言されている場合のみです。

詳細については、「 親リソースの外部にある子リソース」を参照してください。
種類のリソースのシンボル名: backupVaults
properties BaseBackupPolicyResource のプロパティ BaseBackupPolicy

BaseBackupPolicy

名前 説明
datasourceTypes バックアップ管理のデータソースの種類 string[] (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する BackupPolicy (必須)

BackupPolicy

名前 説明
objectType 'BackupPolicy' (必須)
policyRules 各バックアップの種類 (完全/増分/ログなど) のルールを含むポリシー ルール ディクショナリ BasePolicyRule[] (必須)

BasePolicyRule

名前 説明
name string (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する AzureBackupRule
AzureRetentionRule (必須)

AzureBackupRule

名前 説明
objectType 'AzureBackupRule' (必須)
backupParameters BackupParameters ベース BackupParameters
データストア DataStoreInfo ベース DataStoreInfoBase (必須)
トリガー (trigger) トリガー コンテキスト TriggerContext (必須)

BackupParameters

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する AzureBackupParams (必須)

AzureBackupParams

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'AzureBackupParams' (必須)
backupType BackupType ;フル/インクリメンタルなど string (必須)

DataStoreInfoBase

名前 説明
dataStoreType データストアの種類。Operational/Vault/Archive 'ArchiveStore'
'OperationalStore'
'VaultStore' (必須)
objectType 右の継承された型を初期化するために使用される Datasource オブジェクトの型 string (必須)

TriggerContext

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する AdhocBasedTriggerContext
ScheduleBasedTriggerContext (必須)

AdhocBasedTriggerContext

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'AdhocBasedTriggerContext' (必須)
taggingCriteria アドホック バックアップの保持タグを含む抽出条件のタグ付け。 AdhocBasedTaggingCriteria (必須)

AdhocBasedTaggingCriteria

名前 説明
tagInfo 保持タグの情報 RetentionTag

RetentionTag

名前 説明
tagName 保持ルールに関連付ける保持タグ名。 string (必須)

ScheduleBasedTriggerContext

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'ScheduleBasedTriggerContext' (必須)
schedule このバックアップのスケジュール BackupSchedule (必須)
taggingCriteria 指定されたスケジュールに適用できるタグの一覧。 TaggingCriteria[] (必須)

BackupSchedule

名前 説明
repeatingTimeIntervals ISO 8601 繰り返し時間間隔形式 string[] (必須)
timeZone スケジュールのタイム ゾーン。 例: 太平洋標準時 string

TaggingCriteria

名前 説明
条件 トリガーされたバックアップにタグを適用できるかどうかを決定する条件。 BackupCriteria[]
isDefault タグが既定かどうかを指定します。 bool (必須)
taggingPriority 保持タグの優先度。 int (必須)
tagInfo 保持タグの情報 RetentionTag (必須)

BackupCriteria

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する ScheduleBasedBackupCriteria (必須)

ScheduleBasedBackupCriteria

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'ScheduleBasedBackupCriteria' (必須)
absoluteCriteria "AllBackup" / "FirstOfDay" / "FirstOfWeek" / "FirstOfMonth" などの絶対値が含まれています
と は AbsoluteMarker 列挙型の一部である必要があります
次のいずれかを含む文字列配列:
'AllBackup'
'FirstOfDay'
'FirstOfMonth'
'FirstOfWeek'
'FirstOfYear'
daysOfMonth これは、月の最後の 1 から 28 の他の賢明な月の日です Day[]
daysOfTheWeek 日曜日/月曜日/T.../土曜日にする必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
'Friday'
'Monday'
'土曜日'
'Sunday'
'木曜日'
'火曜日'
'水曜日'
monthsOfYear 1 月/2 月/../12 月である必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
'April'
'8 月'
'12 月'
'2 月'
'1 月'
'7 月'
'June'
'March'
'May'
'11 月'
'October'
'9 月'
scheduleTimes バックアップのスケジュール時刻の一覧 string[]
weeksOfTheMonth 最初/第 2/第 3/第 4/最後である必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
'First'
'Fourth'
'Last'
'Second'
'Third'

日間

名前 説明
日付 月の日付 INT
isLast 日付が月の最後の日付かどうか [bool]

AzureRetentionRule

名前 説明
objectType 'AzureRetentionRule' (必須)
isDefault [bool]
ライフ サイクル SourceLifeCycle[] (必須)

SourceLifeCycle

名前 説明
deleteAfter 削除オプション DeleteOption (必須)
sourceDataStore DataStoreInfo ベース DataStoreInfoBase (必須)
targetDataStoreCopySettings TargetCopySetting[]

DeleteOption

名前 説明
duration 指定された期間後の削除期間 string (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する AbsoluteDeleteOption (必須)

AbsoluteDeleteOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'AbsoluteDeleteOption' (必須)

TargetCopySetting

名前 説明
copyAfter CustomCopyOption または ImmediateCopyOption を指定できます。 CopyOption (必須)
データストア ターゲット データストアの情報 DataStoreInfoBase (必須)

CopyOption

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する CopyOnExpiryOption
CustomCopyOption
ImmediateCopyOption (必須)

CopyOnExpiryOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'CopyOnExpiryOption' (必須)

CustomCopyOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'CustomCopyOption' (必須)
duration 指定された期間の後にコピーされたデータ string

ImmediateCopyOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'ImmediateCopyOption' (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
Backup Vault を使用してディスク & を有効にする保護を作成する

Azure にデプロイする
ディスクを作成し、Backup Vault による保護を有効にするテンプレート
Backup Vault を使用してストレージ アカウント & の保護を有効にする

Azure にデプロイする
ストレージ アカウントを作成し、Backup Vault による保護を有効にするテンプレート

ARM テンプレート リソース定義

backupVaults/backupPolicies リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはDataProtection/backupVaults/backupPolicies リソースで、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.DataProtection/backupVaults/backupPolicies",
  "apiVersion": "2022-11-01-preview",
  "name": "string",
  "properties": {
    "datasourceTypes": [ "string" ],
    "objectType": "string"
    // For remaining properties, see BaseBackupPolicy objects
  }
}

BaseBackupPolicy オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

BackupPolicy の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "BackupPolicy",
  "policyRules": [
    {
      "name": "string",
      "objectType": "string"
      // For remaining properties, see BasePolicyRule objects
    }
  ]

BasePolicyRule オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AzureBackupRule の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "AzureBackupRule",
  "backupParameters": {
    "objectType": "string"
    // For remaining properties, see BackupParameters objects
  },
  "dataStore": {
    "dataStoreType": "string",
    "objectType": "string"
  },
  "trigger": {
    "objectType": "string"
    // For remaining properties, see TriggerContext objects
  }

AzureRetentionRule の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "AzureRetentionRule",
  "isDefault": "bool",
  "lifecycles": [
    {
      "deleteAfter": {
        "duration": "string",
        "objectType": "string"
        // For remaining properties, see DeleteOption objects
      },
      "sourceDataStore": {
        "dataStoreType": "string",
        "objectType": "string"
      },
      "targetDataStoreCopySettings": [
        {
          "copyAfter": {
            "objectType": "string"
            // For remaining properties, see CopyOption objects
          },
          "dataStore": {
            "dataStoreType": "string",
            "objectType": "string"
          }
        }
      ]
    }
  ]

BackupParameters オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AzureBackupParams の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "AzureBackupParams",
  "backupType": "string"

TriggerContext オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AdhocBasedTriggerContext の場合は、次を使用します。

  "objectType": "AdhocBasedTriggerContext",
  "taggingCriteria": {
    "tagInfo": {
      "tagName": "string"
    }
  }

ScheduleBasedTriggerContext の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "ScheduleBasedTriggerContext",
  "schedule": {
    "repeatingTimeIntervals": [ "string" ],
    "timeZone": "string"
  },
  "taggingCriteria": [
    {
      "criteria": [
        {
          "objectType": "string"
          // For remaining properties, see BackupCriteria objects
        }
      ],
      "isDefault": "bool",
      "taggingPriority": "int",
      "tagInfo": {
        "tagName": "string"
      }
    }
  ]

BackupCriteria オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

ScheduleBasedBackupCriteria の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "ScheduleBasedBackupCriteria",
  "absoluteCriteria": [ "string" ],
  "daysOfMonth": [
    {
      "date": "int",
      "isLast": "bool"
    }
  ],
  "daysOfTheWeek": [ "string" ],
  "monthsOfYear": [ "string" ],
  "scheduleTimes": [ "string" ],
  "weeksOfTheMonth": [ "string" ]

DeleteOption オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AbsoluteDeleteOption の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "AbsoluteDeleteOption"

CopyOption オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

CopyOnExpiryOption の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "CopyOnExpiryOption"

CustomCopyOption の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "CustomCopyOption",
  "duration": "string"

ImmediateCopyOption の場合は、次の値を使用します。

  "objectType": "ImmediateCopyOption"

プロパティの値

backupVaults/backupPolicies

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft。DataProtection/backupVaults/backupPolicies'
apiVersion リソース API のバージョン '2022-11-01-preview'
name リソース名

JSON ARM テンプレートで子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
properties BaseBackupPolicyResource のプロパティ BaseBackupPolicy

BaseBackupPolicy

名前 説明
datasourceTypes バックアップ管理のデータソースの種類 string[] (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する BackupPolicy (必須)

BackupPolicy

名前 説明
objectType 'BackupPolicy' (必須)
policyRules 各バックアップタイプのルール (完全/増分/ログなど) を含むポリシー ルール ディクショナリ BasePolicyRule[] (必須)

BasePolicyRule

名前 説明
name string (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する AzureBackupRule
AzureRetentionRule (必須)

AzureBackupRule

名前 説明
objectType 'AzureBackupRule' (必須)
backupParameters BackupParameters ベース BackupParameters
データストア DataStoreInfo ベース DataStoreInfoBase (必須)
トリガー (trigger) トリガー コンテキスト TriggerContext (必須)

BackupParameters

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する AzureBackupParams (必須)

AzureBackupParams

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'AzureBackupParams' (必須)
backupType BackupType ;フル/インクリメンタルなど string (必須)

DataStoreInfoBase

名前 説明
dataStoreType データストアの種類。Operational/Vault/Archive 'ArchiveStore'
'OperationalStore'
'VaultStore' (必須)
objectType 右の継承された型を初期化するために使用される Datasource オブジェクトの型 string (必須)

TriggerContext

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する AdhocBasedTriggerContext
ScheduleBasedTriggerContext (必須)

AdhocBasedTriggerContext

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'AdhocBasedTriggerContext' (必須)
taggingCriteria アドホック バックアップの保持タグを含む抽出条件のタグ付け。 AdhocBasedTaggingCriteria (必須)

AdhocBasedTaggingCriteria

名前 説明
tagInfo 保持タグの情報 RetentionTag

RetentionTag

名前 説明
tagName 保持ルールに関連付ける保持タグ名。 string (必須)

ScheduleBasedTriggerContext

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'ScheduleBasedTriggerContext' (必須)
schedule このバックアップのスケジュール BackupSchedule (必須)
taggingCriteria 指定されたスケジュールに適用できるタグの一覧。 TaggingCriteria[] (必須)

BackupSchedule

名前 説明
repeatingTimeIntervals ISO 8601 繰り返し時間間隔形式 string[] (必須)
timeZone スケジュールのタイム ゾーン。 例: 太平洋標準時 string

TaggingCriteria

名前 説明
条件 トリガーされたバックアップにタグを適用できるかどうかを決定する条件。 BackupCriteria[]
isDefault タグが既定かどうかを指定します。 bool (必須)
taggingPriority 保持タグの優先度。 int (必須)
tagInfo 保持タグの情報 RetentionTag (必須)

BackupCriteria

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する ScheduleBasedBackupCriteria (必須)

ScheduleBasedBackupCriteria

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'ScheduleBasedBackupCriteria' (必須)
absoluteCriteria "AllBackup" / "FirstOfDay" / "FirstOfWeek" / "FirstOfMonth" などの絶対値が含まれています
と は AbsoluteMarker 列挙型の一部である必要があります
次のいずれかを含む文字列配列:
'AllBackup'
'FirstOfDay'
'FirstOfMonth'
'FirstOfWeek'
'FirstOfYear'
daysOfMonth これは、月の最後の 1 から 28 の他の賢明な月の日です Day[]
daysOfTheWeek 日曜日/月曜日/T.../土曜日にする必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
'Friday'
'Monday'
'土曜日'
'Sunday'
'木曜日'
'火曜日'
'水曜日'
monthsOfYear 1 月/2 月/../12 月である必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
'April'
'8 月'
'12 月'
'2 月'
'1 月'
'7 月'
'June'
'March'
'May'
'11 月'
'October'
'9 月'
scheduleTimes バックアップのスケジュール時刻の一覧 string[]
weeksOfTheMonth 最初/第 2/第 3/第 4/最後である必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
'First'
'Fourth'
'Last'
'Second'
'Third'

日間

名前 説明
日付 月の日付 INT
isLast 日付が月の最後の日付かどうか [bool]

AzureRetentionRule

名前 説明
objectType 'AzureRetentionRule' (必須)
isDefault [bool]
ライフ サイクル SourceLifeCycle[] (必須)

SourceLifeCycle

名前 説明
deleteAfter 削除オプション DeleteOption (必須)
sourceDataStore DataStoreInfo ベース DataStoreInfoBase (必須)
targetDataStoreCopySettings TargetCopySetting[]

DeleteOption

名前 説明
duration 指定された期間後の削除期間 string (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する AbsoluteDeleteOption (必須)

AbsoluteDeleteOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'AbsoluteDeleteOption' (必須)

TargetCopySetting

名前 説明
copyAfter CustomCopyOption または ImmediateCopyOption を指定できます。 CopyOption (必須)
データストア ターゲット データストアの情報 DataStoreInfoBase (必須)

CopyOption

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する CopyOnExpiryOption
CustomCopyOption
ImmediateCopyOption (必須)

CopyOnExpiryOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'CopyOnExpiryOption' (必須)

CustomCopyOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'CustomCopyOption' (必須)
duration 指定された期間の後にコピーされたデータ string

ImmediateCopyOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます 'ImmediateCopyOption' (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
Backup Vault を使用してディスク & を有効にする保護を作成する

Azure にデプロイする
ディスクを作成し、Backup Vault による保護を有効にするテンプレート
Backup Vault を使用してストレージ アカウント & の保護を有効にする

Azure にデプロイする
ストレージ アカウントを作成し、Backup Vault による保護を有効にするテンプレート

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

backupVaults/backupPolicies リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはDataProtection/backupVaults/backupPolicies リソースで、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.DataProtection/backupVaults/backupPolicies@2022-11-01-preview"
  name = "string"
  parent_id = "string"
  body = jsonencode({
    properties = {
      datasourceTypes = [
        "string"
      ]
      objectType = "string"
      // For remaining properties, see BaseBackupPolicy objects
    }
  })
}

BaseBackupPolicy オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

BackupPolicy の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "BackupPolicy"
  policyRules = [
    {
      name = "string"
      objectType = "string"
      // For remaining properties, see BasePolicyRule objects
    }
  ]

BasePolicyRule オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AzureBackupRule の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "AzureBackupRule"
  backupParameters = {
    objectType = "string"
    // For remaining properties, see BackupParameters objects
  }
  dataStore = {
    dataStoreType = "string"
    objectType = "string"
  }
  trigger = {
    objectType = "string"
    // For remaining properties, see TriggerContext objects
  }

AzureRetentionRule の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "AzureRetentionRule"
  isDefault = bool
  lifecycles = [
    {
      deleteAfter = {
        duration = "string"
        objectType = "string"
        // For remaining properties, see DeleteOption objects
      }
      sourceDataStore = {
        dataStoreType = "string"
        objectType = "string"
      }
      targetDataStoreCopySettings = [
        {
          copyAfter = {
            objectType = "string"
            // For remaining properties, see CopyOption objects
          }
          dataStore = {
            dataStoreType = "string"
            objectType = "string"
          }
        }
      ]
    }
  ]

BackupParameters オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AzureBackupParams の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "AzureBackupParams"
  backupType = "string"

TriggerContext オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AdhocBasedTriggerContext の場合は、次を使用します。

  objectType = "AdhocBasedTriggerContext"
  taggingCriteria = {
    tagInfo = {
      tagName = "string"
    }
  }

ScheduleBasedTriggerContext の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "ScheduleBasedTriggerContext"
  schedule = {
    repeatingTimeIntervals = [
      "string"
    ]
    timeZone = "string"
  }
  taggingCriteria = [
    {
      criteria = [
        {
          objectType = "string"
          // For remaining properties, see BackupCriteria objects
        }
      ]
      isDefault = bool
      taggingPriority = int
      tagInfo = {
        tagName = "string"
      }
    }
  ]

BackupCriteria オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

ScheduleBasedBackupCriteria の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "ScheduleBasedBackupCriteria"
  absoluteCriteria = [
    "string"
  ]
  daysOfMonth = [
    {
      date = int
      isLast = bool
    }
  ]
  daysOfTheWeek = [
    "string"
  ]
  monthsOfYear = [
    "string"
  ]
  scheduleTimes = [
    "string"
  ]
  weeksOfTheMonth = [
    "string"
  ]

DeleteOption オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

AbsoluteDeleteOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "AbsoluteDeleteOption"

CopyOption オブジェクト

objectType プロパティを設定して、オブジェクトの種類を指定します。

CopyOnExpiryOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "CopyOnExpiryOption"

CustomCopyOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "CustomCopyOption"
  duration = "string"

ImmediateCopyOption の場合は、次の値を使用します。

  objectType = "ImmediateCopyOption"

プロパティの値

backupVaults/backupPolicies

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft。DataProtection/backupVaults/backupPolicies@2022-11-01-preview"
name リソース名 string (必須)
parent_id このリソースの親であるリソースの ID。 種類のリソースの ID: backupVaults
properties BaseBackupPolicyResource のプロパティ BaseBackupPolicy

BaseBackupPolicy

名前 説明
datasourceTypes バックアップ管理のデータソースの種類 string[] (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する BackupPolicy (必須)

BackupPolicy

名前 説明
objectType "BackupPolicy" (必須)
policyRules 各バックアップタイプのルール (完全/増分/ログなど) を含むポリシー ルール ディクショナリ BasePolicyRule[] (必須)

BasePolicyRule

名前 説明
name string (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する AzureBackupRule
AzureRetentionRule (必須)

AzureBackupRule

名前 説明
objectType "AzureBackupRule" (必須)
backupParameters BackupParameters ベース BackupParameters
データストア DataStoreInfo ベース DataStoreInfoBase (必須)
トリガー (trigger) トリガー コンテキスト TriggerContext (必須)

BackupParameters

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する AzureBackupParams (必須)

AzureBackupParams

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "AzureBackupParams" (必須)
backupType BackupType ;フル/インクリメンタルなど string (必須)

DataStoreInfoBase

名前 説明
dataStoreType データストアの種類。Operational/Vault/Archive "ArchiveStore"
"OperationalStore"
"VaultStore" (必須)
objectType 右の継承された型を初期化するために使用される Datasource オブジェクトの型 string (必須)

TriggerContext

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する AdhocBasedTriggerContext
ScheduleBasedTriggerContext (必須)

AdhocBasedTriggerContext

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "AdhocBasedTriggerContext" (必須)
taggingCriteria アドホック バックアップの保持タグを含む抽出条件のタグ付け。 AdhocBasedTaggingCriteria (必須)

AdhocBasedTaggingCriteria

名前 説明
tagInfo 保持タグの情報 RetentionTag

RetentionTag

名前 説明
tagName 保持ルールに関連付ける保持タグ名。 string (必須)

ScheduleBasedTriggerContext

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "ScheduleBasedTriggerContext" (必須)
schedule このバックアップのスケジュール BackupSchedule (必須)
taggingCriteria 指定されたスケジュールに適用できるタグの一覧。 TaggingCriteria[] (必須)

BackupSchedule

名前 説明
repeatingTimeIntervals ISO 8601 の繰り返し時間間隔形式 string[] (必須)
timeZone スケジュールのタイム ゾーン。 例: 太平洋標準時 string

TaggingCriteria

名前 説明
条件 トリガーされたバックアップにタグを適用できるかどうかを決定する条件。 BackupCriteria[]
isDefault タグが既定かどうかを指定します。 bool (必須)
taggingPriority 保持タグの優先度。 int (必須)
tagInfo 保持タグ情報 RetentionTag (必須)

BackupCriteria

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する ScheduleBasedBackupCriteria (必須)

ScheduleBasedBackupCriteria

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "ScheduleBasedBackupCriteria" (必須)
absoluteCriteria "AllBackup" / "FirstOfDay" / "FirstOfWeek" / "FirstOfMonth" などの絶対値が含まれています
と は AbsoluteMarker 列挙型の一部である必要があります
次のいずれかを含む文字列配列:
"AllBackup"
"FirstOfDay"
"FirstOfMonth"
"FirstOfWeek"
"FirstOfYear"
daysOfMonth これは、月の最後の 1 から 28 の他の賢明な月の日です Day[]
daysOfTheWeek 日曜日/月曜日/T..../土曜日である必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
"金曜日"
"月曜日"
"土曜日"
"日曜日"
"木曜日"
"火曜日"
"水曜日"
monthsOfYear 1 月/2 月/../12 月である必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
"April"
"August"
"December"
"2 月"
"January"
"7 月"
"June"
"March"
"May"
"11 月"
"October"
"9 月"
scheduleTimes バックアップのスケジュール時刻の一覧 string[]
weeksOfTheMonth 1 番目/2 番目/3 番目/4 番目/最後にする必要があります 次のいずれかを含む文字列配列:
"First"
"Fourth"
"Last"
"Second"
"Third"

日間

名前 説明
日付 月の日付 INT
isLast 日付が月の最後の日付かどうか [bool]

AzureRetentionRule

名前 説明
objectType "AzureRetentionRule" (必須)
isDefault [bool]
ライフ サイクル SourceLifeCycle[] (必須)

SourceLifeCycle

名前 説明
deleteAfter 削除オプション DeleteOption (必須)
sourceDataStore DataStoreInfo ベース DataStoreInfoBase (必須)
targetDataStoreCopySettings TargetCopySetting[]

DeleteOption

名前 説明
duration 指定された期間の経過後の削除期間 string (必須)
objectType オブジェクトの種類を設定する AbsoluteDeleteOption (必須)

AbsoluteDeleteOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "AbsoluteDeleteOption" (必須)

TargetCopySetting

名前 説明
copyAfter CustomCopyOption または ImmediateCopyOption を指定できます。 CopyOption (必須)
データストア ターゲット データストアの情報 DataStoreInfoBase (必須)

CopyOption

名前 説明
objectType オブジェクトの種類を設定する CopyOnExpiryOption
CustomCopyOption
ImmediateCopyOption (必須)

CopyOnExpiryOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "CopyOnExpiryOption" (必須)

CustomCopyOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "CustomCopyOption" (必須)
duration 指定された期間の後にコピーされたデータ string

ImmediateCopyOption

名前 説明
objectType 特定のオブジェクトの型 - 逆シリアル化に使用されます "ImmediateCopyOption" (必須)